キスの練習7つのステップとは?

大好きな人と付き合えて、順調に交際は進んでいるものの体の関係の方も気になる時期がありますよね。もっと進んでみたいけれど、少し恥ずかしさや抵抗を持つ人も少なくありません。

手を繋ぐのが自然になり、何度もデートをしていると「そろそろキスかな…」とお互いに意識することもあるでしょう。しかし、キスの仕方について自信がないという女性はかなり多いです。

そこで今回は、キスの練習について紹介します。7つのステップとして、唇のケアからキスのイメトレまで、具体的に紹介しますので想像はしやすいです。

好きな人との初キスの瞬間をダメにしないためにも、女性にだって練習は必要です。基本的には男性にリードされれば良いとはいえ、しっかりと予習をしておいて下さいね!

キスの練習7つのステップとは?

まずはイメージトレーニング

キスのイメージトレーニングをする女性

キスの練習の第一段階として、「キスのシチュエーションを想像する」ということが大切です。キスの妄想なんて恥ずかしいと思う人もいるでしょうが、案外これが大切です。

初キス失敗のエピソードとして、男性がよく気にするのは、キスの上手さやスキルの問題ではありません。「彼女が嫌がって、気まずくなった」という失敗を気にします。

キスをすると当然、彼の顔が近づいてきます。ドキドキしますし恥ずかしいし、どうすれば良いのか分かりませんよね。つい、止めてしまう人もいるでしょう。目を合わせられない人もいます。

しかし、それでは彼に気持ちが伝わりません。「強引だったかな」「嫌だったかな」と誤解される原因にもなります。きちんとキスをシュミレーションしておけば、落ち着いて対処できるでしょう。

実際のキスがイメトレ通りにはいかなかったとしても、想像することが大切です。「恥ずかしくて…ごめんね」「もう一度、良いかな?」など、嫌ではない素振りも練習しておきましょう。

日頃から口臭・かさつきケア

唇のかさつきケアをする女性

キスと言えば、気になるのは口臭やリップケアです。食べ物を食べた後にはブレスケアのスプレーをしたり、ガムを噛んだり、消臭ケアにも注意して下さい。また、リップケアも大切です。

唇がガサガサしていては、キスをする期待感がなくなります。日頃から消臭やリップケアを万全に整えておくことで、「今日はキスされても大丈夫」と余裕を持って接することができます。

本番に近い環境を日頃から作っておくことで、慌てなくてすみますし、「もしかして今日…」とドキドキすることもできます。いつでも本番に臨めるコンディションでいるようにして下さい。

口臭やかさつきを放置しておくと、いざという時に恥ずかしさから断固拒否することになりかねません。拒否られると男性は傷つくので、受け入れる体制を日頃から準備して下さいね。

恋愛ドラマや漫画などで登場人物に自分を重ねる

恋愛ドラマのキスのシチュエーション

キスシーンを想像するといっても、なかなか自分1人では想像しにくい場合もあるでしょう。そういう時にはテレビドラマや漫画のキスシーンを参考に、想像するのがおすすめです。

登場人物がしていたキスシーンを、自分にあてはめて想像してみるのです。ドキドキしながらもキスをする瞬間などを想像してみましょう。

恋愛ドラマや漫画でのラブシーンで構いません。自分がドキッと来たならそのタイミングでもOKです。シチュエーションを具体的にイメージすることで、本番スムーズにキスを受け入れられます。

ドラマや漫画に自分と重ねて想像することで、キュンキュンするときめきも体験することができます。このようなトキメキは、お肌の調子にも効果があるのでおすすめです。

鏡を見てキス顔の練習

鏡を見てキス顔の練習をする女性

キスの練習と聞いて、やったことがあるという人が多いのが、「鏡を相手に練習をした」ではないでしょうか?鏡を見ることで、自分の顔をチェックすることができます。

自分の顔とはいえ、鏡に映った顔が近づいてくるのでリアルに想像もしやすいでしょう。鏡を使ったキスの練習方法としては、唇が相手にあたるところだけを練習しないことが大切です。

LINEアプリで本格占い!恋の悩みはLINEトーク占い

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。