付き合う前のキスはあり?

付き合う前のキスはあり?

付き合う前にキスをしてしまうことってありますよね。

それが事故でも故意でも、実際に恋人関係でもないのにキスしてしまうのはドキドキすることです。

でも、付き合う前のキスってしてもいいのか悪いのか、少し戸惑ってしまうところもありますよね。

雰囲気さえ良ければいいという女性もいますし、付き合う前に曖昧な関係になるのは絶対に嫌という女性もいます。

もしくはなんとなく嫌だと思っていても、具体的な理由がわからない人もいるでしょう。

付き合う前にキスをしてしまうのはありなのでしょうか、なしなのでしょうか?

今回は付き合う前のキスがありとなしの理由について、以下にまとめてみました。

ありの理由

既成事実を作る

良い雰囲気の二人

ありの理由の一つとして、付き合う前に既成事実を作りたいということがあげられます。

例えば、告白まであと一歩というくらい関係が進展していて、二人とも良い雰囲気になっている場合があります。

でもなかなか告白ともなると、大事な一歩が踏み出せないのも事実です。そのため、告白する前に「もうキスまで済ませている」という既成事実を作りたくなるという心理が働くのです。

キスをしたという既成事実を作れば、「告白もOKのはず」という自信も生まれやすくなります。

告白まであと一歩という関係のとき、キスをしたという既成事実は告白をうまくいかせるために有効になります。

告白する勇気がなかなか出ないときなど、既成事実を作って自然と恋人関係が成立しやすいようにするのです。

キスすることでより親密になれるかもしれない

キスでより親密になる二人

相手とより親密になることを期待してキスをしてしまう場合もあります。

特に今まで恋愛対象として意識をしていなくても、キスをしたことで恋が生まれる場合もあります。キスから始まる恋もあるということです。

キスは恋人関係ならもちろんのこと、ある程度特別に親しい関係でこそする行為です。

キスをするくらい親しいという関係になることで、恋人関係に発展することを期待し、キスをする場合もあるのです。

キスをすることで相手を恋愛対象として意識することに抵抗がない場合、キスから恋を始めることもありなのでしょう。

キスでより相性が分かる

キスの相性

自分との相性をキスで探るという場合もあります。

キスをすることで、予想以上の相性の良さを感じた場合、相手を「この人を恋人にしたい」と判断することもあるのです。

人には相性が少なからずあるものなので、キスをすることで「しっくりくる」相手を探りたいという心理の人もいます。

特に恋愛において相性は大事なので、顔や性格よりも相性を重視する人は、キスで相性を確かめたくなってしまうのです。

キスに抵抗があまりない

キスに抵抗があまりない女性

キスをすること自体にあまり緊張や抵抗がない人も多くいるものです。

男女関係に慣れている人や、海外の文化によく触れている人など、キスに対する考えが人と大きく異なる場合があります。

特に外国では挨拶の一環としてキスは当たり前にすることも非常に多くあります。それぞれの考え方として、良い雰囲気になればキスくらいは普通にするものと思っている人もいます。

「キスくらいなんてことないもの」と思っていれば、付き合う・付き合わない関係なしにキスはしてしまいますよね。

キスをすることにそもそも抵抗を持っていない人は、付き合う前でも良い雰囲気にさえなればキスはするものなのです。

なしの理由

キスでなくても手をつなぐなどで好きか確認できる

手を繋いで好意を確かめる女性

告白前などにキスをして、ほぼ恋人関係であるような既成事実を作るため、付き合う前のキスはありというお話はしました。

ですが、既成事実を作りたいなら別の方法もあり、キスをするところまでいく必要はないのでは、という考え方もあります。

LINEアプリで本格占い!恋の悩みはLINEトーク占い

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。