キスは何回目のデートで行うべき?

キスは愛情を表現するスキンシップの一つ。告白を経て、男と女の関係が一歩前進したという証です。

キスは「好きな人とだからしたい、する」というシンプルな仕組みで成り立っています。だからこそ、デート回数や場所、シチュエーションが重要になってくるのです。

キスをする前って、相手のことを最も考えている時期です。デートプランやキスする場所、告白の言葉、キスのタイミング…

キスをするのにベストなタイミングはあるのでしょうか?
もしあるとすれば、どのような時なのでしょうか?

なにが正解かわからないのが恋愛の面白いところでもありますが、参考までに理想や王道を紹介します。

キスは何回目のデートで行うべき?

3回目のデートでキスがベスト

3回目のデートでのキス

よく理想とされているのが、3回目のデートでのキスです。3回目のデートで、告白されるのと同時にキスまではありだと言います。

3回も2人きりで会ったり、デートするのは「好意のあらわれ」だととらえる人が多いのでしょう。また、告白とキスはセットというイメージもあるようです。

告白してみて相手の反応が嬉しそうだった場合は、キスしても大丈夫な可能性があります。ですが、個人差も出てきますので、相手の承諾を得てからのキスをおすすめします。

「100の言葉よりも、一つの行動が恋愛を動かす」とも言います。

いくら口で愛の言葉を並べても一度のキスには及ばないほど、スキンシップの威力は絶大なのです。

相手に対して、自分が異性であること、恋愛対象可能なのかどうかということを意識させなければなりません。

友達にいったんなってしまったら、恋人候補に昇格するのが難しくなります。そうならないためにも、3回目のデートでキスというのが理想であると言えます。

初デートは様子見、2回目のデートで上手くいけば手をつなぐ

2回目のデートで手を繋ぐ男女

理想とされる「3回目の初デートでキス」を成功させるためには戦略が必要です。初デートで重点を置くべきは、相手を知ることです。

一緒にいて楽しい時間を共有できるのかどうか、価値観は合うか、フィーリングや笑いのツボは合うのか、恋愛のスタンスなど様々。

様子を見て、自分に合うのかという点をとことん吟味してください。

2回目のデートでは、軽いスキンシップが目標です。恋人の距離と言われる近い距離に接近できれば、手をつなげるはずです。

手をつなぐのは、恋愛対象であるという意識を相手に伝えられるベストな方法!これさえ達成していれば、3回目のデートでの告白やキスも成功しやすいでしょう。

ふっと気がついたら、見つめ合う回数も増えているはずです。焦らず、じっくり3回目のデートを待てばいいのです。

あなたが「この人だ!』と思うなら初デートでもあり

初デートでのキス

本命の相手だった場合「デートの回数なんて関係ない」という声は多いです。恋愛経験豊富で結婚を考えている人たちはキスまでが早い傾向にあります。

結婚も意識している大人の恋愛については、スピーディーな展開がほとんどです。結婚という大きな節目ですから、勢いが必要なこともあります。

恋愛経験があれば、第一印象で相性はある程度分かるのではないでしょうか。

男性は、あわよくば…とキスのタイミングを狙っています。女性は、気配を感じながらも、男性の気持ちに気付かない振りをしてあげるといいでしょう。

そして、2人の気持ちが寄り添ったときが訪れたら…それが、タイミングです。初デートのキスで2人の交際がスタートすることもあるのです。

初デートでキスより先へ行くのは、早すぎる可能性もあるので慎重になってください。

遠距離や忙しいなどの事情があるなら初デートでキスもあり

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。