キスや抱きしめる7つのタイミングとは?

肉食女子が増えたといっても、まだまだ女性からキス、ハグを誘うことは恥ずかしいと感じる女性も多いでしょう。たしかに、キスやハグは男性からのイメージがありますよね。

しかし、だからこそ、女性からのキスやハグは男性にとってかなり嬉しい行為になります。いつも受け身な女性が自分からキスしてくることに愛情を感じる男性も多いのです。

女性からのキスやハグは愛情をダイレクトに伝えるだけではなく、マンネリ防止策としても有効です。女性の意外な行動に彼もドキドキ感がマックスになるかもしれません。

彼を喜ばせるために少しだけ勇気を出してみませんか。今回はキスや抱きしめる7つのタイミングをお伝えします。

キスや抱きしめる7つのタイミングとは?

気持ちが高ぶったとき

気持ちの高ぶりを感じる女性

キスやハグの1番のタイミングは、当然、したくなったときです。こう言うと身も蓋もないですが、やはりしたいときにするのが自然であり、1番なのです。

「キスやハグがしたい」と思うタイミングは相手をもっと知りたい、近づきたい、と気持ちが高ぶったときですよね。

こんな感情のときのキスやハグには、意識せずとも愛情がたっぷり込められています。言葉以上の想いが込められているのです。

キスは最大の愛情表現です。「大好き」と自然に伝えられる状況でキスやハグをしないなんてもったいないですよ。

「キスがしたい」と思ったタイミングこそ、1番のおすすめのタイミングといえるでしょう。

順番は手をつなぐ>抱きしめる>キス

デートで手をつなぐカップル

「手をつなぐ、抱きしめる、キス」という順序は王道です。だからこそ、順序がおかしかったり、手順を抜いたりすると相手は不安に思ってしまいます。

したがって、抱きしめたことがないのに、いきなりキスしようとするのはやめましょう。よほど2人の距離が縮まっていない限り、キス魔や痴女に思われてしまうマイナス面まであります。

焦らず、まずは手をつなぐことからステップアップしていきましょう。手をつなぐという行為は距離を縮めるだけでなく、相手の注意をひくこともできます。

彼にあなたを近い距離で異性として意識させるきっかけになります。

手を繋いで、相手との距離を少しずつ縮めて、キスの土台を作ってからこそ、です。土台があってこそ、女性からのキスが華々しい積極的アピールの成功といえるのです。

横並びで座ったり、歩いていたり『密着』が大切

横並びで密着して歩くカップル

スキンシップからじわじわ攻めるのも良いですね。彼の隣にピタッと座ったり、歩いているときに密着したりして、彼の気持ちを高めていくのです。

そして彼が受け入れてくれそうなら、彼の顔をじっと見たり、髪をなでてみたりと、顔周辺に触れてキスのムードを作りましょう。

彼が「もうそろそろキスしてほしい」と悶絶するまで、あえて焦らすのもキスを盛り上げるテクニックです。

また、車内で横並びに座っているときもキスのタイミングです。しかも、2人きりですから、不意打ちのキスがしやすい状況と言えます。

例えば、駐車場での停車中や、信号待ちのときです。前後左右、目が合いそうな人がいないかを確認してから、彼に「ねぇねぇ」と呼びかけて、こちらに振り向かせましょう。

そこから、さらに手招きをして、彼との距離をもう少し近づけます。「どうしたの?」と彼が近づいたタイミングでキスしましょう。完ぺきな不意打ちキスに彼もびっくりするでしょう。

ただし、運転中は絶対ダメですよ。彼に怒られては意味がありません。あくまで、安全運転を邪魔しないタイミングを狙いましょう。

恥ずかしいなら人目のつかない場所で夜

人気のない夜のオフィス街

昼間はどうしても人目が気になるから、という方は夜がおすすめです。イルミネーションやきれいな夜景を2人で見ていると、気持ちが自然と高まってきます。

外の雰囲気が自然とロマンチックな空間を作ってくれるので、キスやハグにもっていきやすいはずです。

それに、夜は少し路地裏や物陰に隠れたら、人目につきにくくなりますから、2人の世界になりやすいですよね。

暗がりは男性も女性も性欲が増大します。夜の公園やイルミネーションスポット、観覧車はロマンチックなドキドキ感と暗がりのドキドキ感が絡まる場所です。

絶好のキスやハグのタイミングを探せるスポットだといえるでしょう。

https://e-kantei.net/?adv_id=wp_symply

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。