可愛くキスをおねだりする7つの方法とは?

彼とのキスは、彼からばかりではなく、たまには自分でもおねだりしたいですよね。

男性ばかりがキスに積極的なのではなく、女性であってもたまには積極的にキスがしたくなるものです。

また、彼女の方からキスをおねだりしてくることはとても嬉しいことなのです。

男性として彼女をリードしたい気持ちはあっても、いつも自分からではどこかつまらないと感じてしまうのが男性の本音になります。

では、女性から可愛くキスをおねだりするのはどのような方法があるのでしょうか?たまには自分から彼にキスをおねだりして、彼を喜ばせてみましょう。

以下では可愛くキスをおねだりする方法について紹介しています。

可愛くキスをおねだりする7つの方法とは?

上目遣いで目配せする

上目遣いで目配せする女性

彼女からの上目遣いに弱い男性は多いです。むしろほとんどの男性が、彼女から可愛く上目遣いで見つめられたらノックアウトされてしまうと言っても過言ではありません。

上目遣いで彼を見つめることは、おねだりや甘えたい気持ちのサインになります。彼に抱き着いたり、そばに寄って上目遣いで可愛く目配せしてみましょう。

彼にキスしてほしいことを察してほしいと訴えかけるのです。特に普段からあまり甘えることをしなかったり、女性らしさを出すことが苦手な人がするとより効果的です。

彼は「急にどうしたの?」とドキッとすることは間違いありません。あまりのあなたの可愛さに、思わずすぐにキスをしてくれることでしょう。

積極的にスキンシップをとる

積極的にスキンシップをとるカップル

キスをおねだりするうえで、積極的にスキンシップを取ることも大切です。恋人同士にとって、くっついたり手を握ったりするなどのスキンシップは甘えたいことの証だからですね。

普段はしないような後ろからのハグなどはとても効果的です。後ろから抱きつかれると、彼の背中に胸があたり、彼はあなたのその仕草にキュンとすることは間違いないです。

彼にキスをしてほしいとおねだりするときは、積極的にスキンシップを取ることが大切です。おすすめなのは、上でお伝えしたような後ろからのハグや、二の腕に抱き着くなどのスキンシップです。

体が密着することで、条件反射のようにその後の行動をキスに繋げやすい男性は多いです。恋人同士ならなおのことですね。

甘えた声を出す

甘えた声を出す女性

直接「ねーねー、チューして」と可愛く甘えた声を出すこともとても有効的ですね。普通に伝えるのではなく、甘えた声を意識して出すことがポイントになります。

普段から可愛く甘えた声を彼の前で出すことが苦手な人は、キスをおねだりするときだけ出してみるように頑張ってみましょう。

彼女の甘えた可愛い声には、男性はみんな等しく弱いものです。いつもは苦手で甘えられない人ほどギャップ効果があるので、より彼もときめきやすくなります。

特に彼がおねだりサインに鈍感な人の場合は、直接伝えてしまった方が効果的な場合があるのです。その際の声は、甘く可愛い声を意識してみましょう。

無防備さで誘う

無防備な女性

彼があなたにキスしたくなるような状況とはどんなときでしょうか?

あなたのことを可愛い、愛おしいと感じたときももちろんキスしたくはなります。でも思い返してみれば、結構ぼーっとしているときに不意打ちでキスされるようなこともありませんか?

そう、男性はいつでもふいに彼女にキスできるタイミングをうかがっていると言っても良いのです。

彼にキスをしてもらいたいなら、彼が不意打ちでキスを狙いたくなるような状況を自分で作ってみましょう。彼と一緒にテレビや映画を観る時は、ちょっといつもよりぼーっとしてみましょう。

キスしても怒らないような、不意打ちが楽しいと思える状況を自分で作ってみるのです。

突然彼からキスされると、驚きますがとてもドキドキしますよね。少し強引な感じにも惹かれるところは多いはずです。

直接アピールするだけではなく、彼がキスしやすいような状況を自分で作ってみるのも一つの方法なのです。

隙を見せる

隙のある女性

男性が女性のことを「落としたい」、「自分のものにしたい」と感じる瞬間とはどんなときでしょうか。それには女性が見せる隙が大きく関係してきます。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。