キスで緊張を防ぐ7つの方法とは?

好きな人とのキスというのは緊張してしまいがちです。嫌われたらどうしよう、上手にキスしたいなどといった不安や思いが強いと、緊張してしまうのも無理ありません。

しかし過度な緊張はキスのさまたげになってしまいます。緊張してキスに集中できなければ、自分も相手もせっかくのキスが不完全燃焼になってしまうでしょう。

好きな人とのキスは悔いではなく思い出に残るような素敵なキスにしたいですよね。そのためには緊張しないでキスできるようになれることが理想的です。

そこで今回はキスで緊張しないようにする7つの方法を紹介します。

キスで緊張を防ぐ7つの方法とは?

事前にイメージトレーニング

キスのイメトレをする女性

キスで緊張してしまうのは、キスに対する不安があることが原因の1つです。多くの人は特にうまくキスできないのではないか?という不安があることが原因で緊張してしまうのです。

キスに対する不安を少しでも取り除くためにも、まずは事前にイメージトレーニングしてみましょう。

頭の中で実際に好きな人とのキスする場面を想像してみてください。そしてうまくキスできるイメージをしてみてください。どんなキスがしたいか理想のキスをイメージするとなおよいでしょう。

脳は現実と想像を区別できないと言われているように、うまくいく想像をしていると実際にうまくできた気になります。すると不安は消え、キスできる自信が自ずとついてくるでしょう。

また実際にイメージしてみることで気付くこともあるでしょう。たとえば表情の作り方や呼吸の仕方、手の置き場や周囲の様子など、緊張を招く具体的な不安要素がわかるかもしれません。

事前に不安要素に気付くことができれば回避することは可能です。自分がキスのときに緊張する原因を突き止め、解決策を身につけておけば、キスへの緊張もほぐれるはずです。

自信をつけ、不安要素を回避するためにもキスはイメージトレーニングが大切です。特に緊張してしまう人はイメージトレーニングをして不安を取り除きましょう。

「次会うときはキスしよ!」など軽く冗談みたいな感じで言うのもあり

チューの約束

キスで緊張してしまうのはキスしていいかという不安が原因になっている場合もあります。キスしていいかどうかが不安で緊張してしまうなら、事前に軽くキスを匂わせておきましょう。

たとえば「次会うときはキスしよ!」と軽く冗談みたいな感じで言うのはどうでしょうか?事前申告してキスするのは味気ないかもしれませんが、緊張しすぎるくらいなら事前に言うのもありです。

次にキスすることを言えば、キスしていいかを判断するために相手の反応を見ることができます。はぐらかされたりあからさまに拒否されたりしなければ、キスしていいと捉えましょう。

また事前にキスすると言っておけば自分にも覚悟ができます。先延ばしにしていてはどんどんキスしづらくなって緊張が強くなってしまうので、早いところ覚悟を決めるべきなのです。

真面目にキス予告をするとお互いに緊張してしまう原因となるので、あくまで気持ちを確認するために軽くいってみましょう。

キスしていいか不安だから緊張するなら、双方同じ気持ちだと知っていれば問題なくキスできるはずです。事前にキスすることを軽く伝えておくと緊張もほぐれるでしょう。

コンディションを整える

唇のコンディションを整える女性

キスするときに自分の唇の状態や口臭が気になることも緊張に繋がります。心配しなくて済むように事前にばっちりコンディションを整えておくことも大切です。

唇は荒れやすく健康状態が如実に表れるパーツです。食事や睡眠などの生活習慣を見直し、リップやパックを利用して日頃から唇のケアをしましょう。

また口臭も生活習慣によって変わります。不規則な生活や偏った食事をしていると嫌な臭いになってしまうので気を付けましょう。また当日の食事等にも気を払う必要があります。

好きな人のキスを成功させたいという気持ちが強ければ強いほど心配事は増えるものです。心配事が多ければ必ず緊張に繋がってしまいます。

唇や口臭などキスのときに気になりやすいことに気を払って対策をしていれば、心配は最低限で済みます。キスで緊張しないようにするためにもコンディションをしっかり整えましょう。

暗闇など相手の顔がよく見えないところでキス

人影の少ない場所でキス

キスするときは必然的に顔が近づくため、お互いによく顔が見えてしまうことが原因で緊張してしまう人も多いです。特に初めてのキスの場合は相手の顔が近いだけで緊張してしまうでしょう。

目を見て向き合うから緊張するのであれば、暗闇など相手の顔がよく見えないところでキスすることから始めてみてください。

たとえば初めてのキスは部屋で添い寝しているときなどがいいでしょう。添い寝している段階で、事前にある程度距離を縮めることができますし、明かりを消せば目を見て向き合わずに済みます。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。