キスが苦しいときの7つの対処法とは?

大好きな彼とのキスは女性にとって、心満たされる至福の時間ですよね。彼の愛情を感じて「ずっとキスしていたい!」なんて思う人も多いはず。

ですが、男性は本能的に激しいキスを好むものです。情熱的なディープキスは嬉しいけれど、激しすぎると息が続かず苦しくなってしまうことも。

彼に言うのは気が引けるけれど、キスが苦しいのは好きじゃない。そんな女性のために「キスが苦しいときの7つの対処法」を紹介します!

キスが苦しいときの7つの対処法とは?

途中にハグを入れたり、一呼吸置く

キス途中にハグする女性

キス中に苦しくなってしまうのは、息が続かなくなるからです。とくに激しいディープキスの間は息するタイミングがつかめない女性も多いのです。

苦しくなってしまったら、途中でハグを入れたりひと呼吸置いてみてくださいね。唇を離してすぐに彼に抱きつけば、彼の興奮が冷めることもありません。

無理して長いキスをするよりも、メリハリをつけたほうが飽きの来ないキスになるんです。特に男性はマンネリを嫌いますね。いつも同じキスをしているとどこかで飽きてしまうことも。

彼を飽きさせず、ずっとあなたに熱中させているためにも途中のハグは効果的です。急に抱きつかれた彼はさらに胸が高鳴りあなたを「可愛い」と思うでしょう。

なによりハグしている間ひと呼吸できるので、女性側は苦しくならずに済みますね!

鼻呼吸や口で息を吸う

鼻呼吸と口呼吸する女性

「キス中に息したら彼にどう思われるかな?」「彼が冷めてしまうかな?」そんな思いから息を我慢してしまう女性は多いです。

ですが、男性はキスに夢中なので、そんなことを気にする暇はないのです。息をしてもいいのかな?と気を使う必要はないんです。

むしろ息を気にして彼女がキスに集中してくれないほうが、男性にとっては大問題。ですから自然に息して良いのですよ。

彼がいちばん気にしていることは、あなたが彼とのキスで気持ち良くなってくれているかどうか。女性がリラックスしてキスを楽しんでくれるほうが、男性にとっては嬉しいのです。

どうしても息を目立たせたくないのなら、鼻で呼吸するのがおすすめです。口よりも鼻のほうが目立ちません。

男性だってキス中に普通に息しているのですから、女性だけが無理をしたり気を遣ったりしなくても良いのです。

「息が続かないから苦しいの?」と可愛く言い、息継ぎする

彼氏に断りを得て息継ぎをする女性

キス中に苦しくなったらそのまま伝えてみるのもアリですよ。「息が続かなくて苦しいの」と可愛く言えば、彼はそんなあなたにキュンとしてしまうはずです。

男性は初々しい女性が大好きです。男性は自分よりキスの上手な女性よりも、キス慣れしていない女性のほうが好みなのです。ですから「苦しいの」と言っても大丈夫。

あなたを見て、彼はさらに「可愛いな」とドキドキしてしまうでしょう。苦しいと伝えることで、キスの激しさを加減してもらうこともできますね。

もともと男性と女性の感じ方には差があります。男性が「このくらいの強さで大丈夫」と思っていても、女性は苦しいときもあるのです。

たとえば手をつなぐという簡単なことでも「強すぎ」とか「ちょっと痛い」とか感じますよね。相手の感覚やペースに合わせすぎる必要はありません。

しっかり、そして可愛らしく伝えることで、お互いの理想のキスを探求していきましょう。

顔の向きを変えるときに息を吸う

顔の向きを変えてキスするカップル

キスをするとき顔を斜めに傾けたり、何度か向きを変えたりしますよね。顔の向きを変える瞬間は、自然に息できるタイミング。

意識的に顔を傾けたり離したりすることで、息するタイミングをつくりましょう。いろんな角度からキスしあうことで、お互いの気持ちも盛りあがるはずですよ。

キスは単調にならないようにするのがポイントです。緊張しすぎて動きの固い単調なキスだと雰囲気も気持ちも盛り下がってしまいますよね。

ですから出来るだけ力を抜いて、柔らかい動きをつけるのが大切です。何より柔らかい動きをすることで、自然に息継ぎも出来ます。

いくらか慣れが必要ですが、キス中には顔を傾けたり向きを変えたりすることを意識してみてくださいね。顔だけでなく腕や身体の向きも柔らかく動かしてみてください。

苦しくならずに息できて、官能的なキスを楽しめますよ。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。