寸止めキスの7つのやり方とは?

寸止めキスの7つのやり方とは?

交際スタートした頃は刺激的だった彼とのキス。だけど、最近何だかマンネリ気味。そんなお悩みを抱える女性は意外と多いのです。

もっと彼に夢中になってもらいたいし、ドキドキさせたい。「寸止めキス」は、そんなあなたにおすすめのテクニック。

焦らされた彼は興奮し、あなたとのキスをきっと我慢できなくなるはずです。普段とひと味違うキスで彼を虜にしてしまいましょう!

相手からのキスを待つ場合

唇が重なり合う瞬間に引いて満面の笑み

唇が重なり合う瞬間

彼が唇を近づけてきたら寸前でサッと引き、満面の笑み。そんないたずらっぽい仕草と笑顔は男心に火を付けます。

「顔をそらされるなんて絶対にありえない」。そう思っている彼の意表をつくことで、彼はいつもと違うドキドキを感じてくれるでしょう。

男性は女性を追うのが大好きです。普通にキスをするよりも、引かれたほうがさらにキスしたくなるのです!これは本能的な心理なので、寸止めキスはどんな性格の男性にも効果的なのですよ。

普段は思い通りにキスさせてくれる彼女の小悪魔のような振る舞い。きっと彼は「可愛すぎる」「キスしたくてたまらない」と思うでしょう。

おあずけの後には情熱的なキスが返ってくるはずです。

相手の唇の上に人差し指をおき「ダメ」と可愛く言う

唇の前に人差し指をおく女性

キスしようとする彼の唇に、人差し指を重ねて「ダメ」と可愛く言ってみましょう。可愛く焦らされた彼は、あなたにキスしたくてたまらなくなりますよ。

思いもよらない彼女の態度に男性は興奮をつのらせます。「ダメ」と言われれば言われるほど、興奮してしまうのです。

大人っぽく人差し指を唇に当てれば色気を演出できますし、可愛らしく言えばもちろん彼をキュンとさせられますね。

焦らされるのを嫌う男性も中にはいますが、焦らした分だけ熱いキスをさせてあげれば大丈夫。寸止めキスをマスターすれば、彼を簡単に翻弄することができるのです。

ただし何度も続けてやるのは逆効果。慣れたら何も感じなくなるのです。寸止めキスは、時々するから良いのです。

彼を驚かせて刺激を与えられなければ、あまり意味は無いのですね。

さも当たり前のようにキスの瞬間に引くのを2~3回繰り返す

キスの瞬間に引いて焦らす女性

寸止めキスに慣れてきたら、2回3回とキスの瞬間に引いてみましょう。さも当たり前のように引くのがポイントです。なかなかキスできない間をふたりで楽しんでみてくださいね。

「彼女がキスさせてくれない!」と焦らされた男性は、キスしたい思いをどんどん募らせていきますよ。ギリギリのところで寸止めすると、キスできたときの喜びも倍増します。

2~3回焦らして彼が拗ねそうになったなら、可愛く「ゴメンね」「大好き」と伝えましょう。困らせてくるあなたの姿が可愛くて、彼はさらにあなたを愛おしいと思うでしょう。

ちなみにこの方法で寸止めすると、彼のSっ気も刺激してあげられますよ。しそうでしないキスに興奮し、彼はあなたを強く求めたくなるのです。

いつもは受け身な彼女の突然の行動に、彼はギャップを感じドキドキするでしょう。受け身な彼女が積極的になってくれると、男性は嬉しいものなのですよ。

「心の準備をするから5秒だけ待って」と言う

キスの準備するから待ってという女性

彼がキスをしてきたら、唇が触れる直前で「心の準備をするから5秒だけ待って?」と言ってみましょう。初々しい彼女の反応を見て、彼はきっとドキドキしてしまうはず。

普段は見れない彼女の照れた顔は、男性にとっては大好物。「自分だけにこんな姿を見せてくれたんだ」と思うと彼は嬉しくてたまらなくなるでしょう。

キスする直前の恥じらう顔は、女の子の表情の中でいちばん可愛い!なんて意見もあるくらいです。キスしたくても待たなくちゃいけない、その長過ぎる5秒間に、彼は特別な気持ちになるはずです。

ぶりっ子みたいなセリフは言えない!と思うかもしれませんが、恋愛にはやっぱり工夫が大事。「ふり」でも良いので彼をドキドキさせる女を演じることが、ラブラブな関係をつづけるコツなのです。

あなたがサバサバしていて活発な性格なら、この方法はとても効果的。普段は活発な彼女が照れている。これだけで彼は興奮を感じ、あなたの虜になるはずです。

自分からキスする場合

自分からキスするふりをして相手が目をつむったところで止める

相手が目をつむったところでキスを止める女性

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。