キスしたいときの男性のサインとは?

あなたはどんな時にキスしたいと思いますか?実は男性と女性とではキスに対する価値観に相違があり、キスしたいと思うタイミングにも違いがあることがあります。

相手が自分にキスを求めている時にキスできたら、きっとお互いを求め合うような素敵なキスができるでしょう。そのためには男性がどんな時にキスしたいかを知っておく必要があります。

これから紹介するキスしたいときの男性のサインを知っておけば、きっと相手がキスしたいと思っていることに気付けるはずです。

キスしたいときの男性のサインとは?

ときおり唇を見つめてくる

ときおり唇を見てくる男性

唇は健康状態や女性の魅力が現れやすい部位の1つです。色艶の良さや柔らかそうな形が、若さや健康であることを感じさせ、性的な魅力を醸し出します。

そのため男性は女性の唇を見ると、キスしたい衝動に駆られやすくなります。そしてキスしたいという気持ちが強くなればなるほど、女性の唇を意識してしまうのです。

ただ唇を意識してるといっても、唇だけをずっと見つめてくることはないでしょう。好きな女性になら特に不快に思われないよう、意識的に唇から視線を逸らそうとするはずだからです。

またキスしたいと思えばキスするためにどうすればいいかも同時に考えているはずです。キスのタイミングをうかがうために唇だけでなく相手の様子も意識するでしょう。

じっと見るというよりは、ときおり唇を見つめてくるという仕草が、男性がキスしたいときに見せる傾向が高いサインなのです。

近づくようなスキンシップをとる

キスしようと近づいてくる男性

キスというのはスキンシップの中でもハードルの高いスキンシップです。そのためいきなりキスをしようとするのではなく、徐々に近づくようなスキンシップをとってくるはずです。

腰に手を回し顔を近づけてくるなどの距離を縮めるスキンシップがあれば、キスをしたいと思っていると言っていいでしょう。

キスを試みている時は大抵、軽めのスキンシップから相手の反応を見つつ、徐々に距離を縮めるスキンシップをとってきます。

特に腰に手を回してくるスキンシップは、異性として強く意識している時にとるスキンシップです。自分のモノにしたいという気持ちが、腰に手を回して自分に引き寄せる行動に表れるのです。

またスキンシップをとることが目的でない限り、好きな人であっても顔を近づけることはあまりありません。顔を近づけてくるのはおそらくキスをする目的で頭がいっぱいだからでしょう。

甘えてくる

笑顔で甘えてくる男性

男性は基本的に甘えられたい生き物です。頼りになる男でいたいという気持ちが強くプライドも高いため、甘えているところを周囲に見られることを嫌います。

しかし男性も甘えたいと思う時があります。心を許している好きな女性であれば、甘えたいという気持ちになることも当然あるのです。

特に相手に対する気持ちが溢れている時というのは、男性は甘えたくなるものです。イチャイチャしたいという気持ちが、頼りになる自分でいたい気持ちを上回るため、甘えてくるのです。

つまり男性にとって甘えることは愛情表現なのです。そして男性は愛情表現をしている時は大抵、キスをしたいと思っているため、愛情表現はキスしたいときのサインなのです。

そのため男性が甘えてくる時は、かなりの確率でキスしたいと思われていると言っていいでしょう。

キスしたいと思わせるには?

唇を軽くなめる

唇を軽くなめる女性

先にも述べたように男性は女性の唇から性的な魅力を感じ取ります。そのため唇を強調するような仕草をすれば、男性の視線はより唇にいきやすくなり、キスしたい気持ちも高まります。

男性にキスしたいと思わせるために唇を強調する仕草として一番効果的なのは、唇を軽く舐める仕草です。

唇を舐めると潤いと艶が増します。唇が潤っていて艶があるほど、男性にとっては女性として魅力的な唇に見えます。キスしたいという気持ちも強まることでしょう。

また唇自体が色気を感じさせる部位ですが、舐めることでさらに色っぽい印象を与えることができます。誘惑しているような仕草に見えるため、きっと男性はキスしたくて仕方がなくなるでしょう。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。