キスに罪悪感を抱く理由と対処法とは?

キスをするときに、罪悪感や後ろめたい気持ちを抱く人がいます。キスに苦手意識があったり、本来はキスしてはいけない相手の場合なども心からキスを楽しめないですよね。

でもせっかくの恋人とのキスですから、楽しめる間柄や状況であれば罪悪感を抱くことなくキスをしたいものです。恋人とのキスに罪悪感を抱く理由とはどんなものが考えられるのでしょうか?

そして、罪悪感を抱いてしまってキスが楽しめないときはどうすれば良いのでしょうか。

今回は、キスに罪悪感を抱く理由とその対処法について解説します。

キスに罪悪感を抱く理由と対処法とは?

風紀が乱れている気がするから

風紀の乱れを感じる女性

恋愛に関して非常に真面目で慎重な人もたくさんいるものです。現代では、婚前でもキスや体の関係を結ぶことは当たり前のようにするものですが、そのことに疑問を覚える人もいるのです。

真面目な女性は、結婚もしていないのにキスをするなんて、女性としてけがれてしまったと思うでしょう。不良行為を働いているのだと思い、罪悪感が止まらなくなるものです。

恋愛経験が乏しい女性は、相手の男性が信用に足る人物なのか慎重になる傾向もあります。もし真面目で慎重派な女性が、ふいにキスを奪われるようなことがあったらどう思うでしょうか。

風紀が乱れている、つまりとても悪いことをしているように感じてしまうのです。

他に好きな男性がいるから

彼とは別に好きな男性

付き合っている恋人同士にも、いろいろと内に秘める思いはあるものです。両思いと思いきや、付き合っている彼よりも好きな本命の男性がいる場合もあるのです。

例えば本命の人はいてもなかなかその恋が叶わず、妥協して今の彼と付き合うことになった場合が同じです。

彼自身あなたに好きな人が別にいることを知ったうえでアプローチをかけ、半ば強引に付き合うことになった場合もあるでしょう。

もしくは付き合っていないのにも関わらず、ある男性からキスをふいに奪われてしまうこともあるかもしれません。

本命男子がいるからこそ、今の彼や別の男性とのキスは心から楽しめなくて当然ですよね。勝手ながらも、本命男子に悪いという罪悪感が生まれてしまうのです。

確かに本命男子はあなたがキスしていようかしていまいが、関係ないことかもしれません。でも、あなたには本命のその男性をずっと一途に思い続けてきた事実があるわけです。

本命男子に思い入れが強く、別の男性とキスすることで本命男子に悪いと感じてしまう心理が働くのです。

キステクに自信がないから

キステクに自信のない女性

キステクに自信がない人は、いつもキスする際に気が重いのは間違いないでしょう。気の重さが「こんな私でいいのかな…」という迷いを生み、やがて迷いは罪悪感に変わります。

「私じゃなくても良い人はたくさんいるのに…」と思い始めてしまったら、劣等感から罪悪感は止まらないはずです。

特に自分がするキスにいつまでも緊張してしまったり、不安な思いが取れない人は大変でしょう。彼が気持ち良かったのか疑問に思い始めれば、たくさん疑念は出てきてつらいですよね。

彼女として魅力的なキスができているのかどうかは、彼を思うなら誰もが気にするところです。キステクに自信がなければ、「こんなキスの仕方でごめん…」と罪悪感ばかりが出てきてしまいます。

浮気・不倫相手だから

浮気する女性

本来キスをしてはいけない相手とのキスは、そもそも罪悪感が伴うものです。浮気、不倫相手などであれば、本命の彼氏とは別の男性というわけですから、罪悪感を抱くのは当然ですね。

彼と別の男性とはいえ恋愛感情を抱いていることで、感情のままにキスをしてしまうことはあるでしょう。

でもキスをするとき彼のことが頭をよぎり、キス中も楽しい反面、罪悪感は絶対にぬぐえないものです。罪悪感を感じているうちはまだ彼のことを大切に思っている証拠です。

もし罪悪感を感じず開き直った状態で浮気・不倫相手とキスをしているなら、彼への愛はもう完全に冷めていることを示しています。

対処法とは?

風紀の乱れを感じるなら体は許さない

肉体関係は結ばない女性

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。