一目惚れ相手を待ち伏せるメリットとデメリットは?

成功しても失敗しても話のタネにはなる

恋愛話のネタ

一目惚れで待ち伏せしたことは失敗しても、そこまで重くとらえる必要もないでしょう。

もし成功しても失敗しても、話のタネにはなるものです。なかなか一目惚れ相手に告白したり待ち伏せをしたりする人は少ないものなので、そんな経験を持つことは珍しがられるはずです。

周りの人から面白がられて話を聞かれることも多いでしょう。あまり気負いしすぎなければ、成功も失敗も良い経験ととらえることができるものです。

結果として、もしその一目惚れ恋がうまくいけばそれに越したことはないですね。なかなか出来ない貴重な経験ができるため、話のタネに一度一目惚れ相手を待ち伏せしてみるのもありですよ。

待ち伏せのデメリット

振られて傷つく可能性がある

振られて傷つく女性

待ち伏せのメリットはもちろん恋が実ることですが、それに対してデメリットはやはり振られてしまうことです。

はっきり言ってしまえば、一目惚れの恋は実らず振られてしまうことが多いでしょう。

だからこそ、ハードルが高いと感じられ、多くの人が一目惚れしてもなかなか告白したり待ち伏せしたりしようとは思わないのです。

一目惚れ相手はあなたのことを全く知らないこともあるはずです。もし知っている人、友人などであれば、告白されて振る際も、後で気まずくならないように振る言葉も選ぶでしょう。

ですが、相手は名前も知らない他人です。優しく振ってくれる人もいるかもしれませんが、はっきりと断られてしまうことも多いのは事実でしょう。

告白をはっきり断られたときほど、悲しいことはないですよね。一目惚れ相手を待ち伏せする時点で、相当な勇気を振り絞ってきたからこそ、その反動もかなり大きいはずです。

一目惚れ相手を待ち伏せするデメリットは、ひどく振られて傷つくこともあるということです。

それでも待ち伏せして思いを伝えることを選ぶかどうかは、あなた自身が決めることなのです。

怖がられるかもしれない

一目惚れした彼に怖がられる女性

まず、立場を逆転して考えてみましょう。見知らぬ男性から、仕事帰りなどに待ち伏せされていたら、正直あなたはどう思うでしょうか。

一目惚れは嬉しいという思いはありつつも、待ち伏せなんてちょっと怖い…というのが正直な気持ちではないでしょうか。

もちろん女性の方が待ち伏せされるのを嫌がる方ですが、男性も女性からの待ち伏せを怖がる人は多いです。

待ち伏せされているということは、自分の行動パターンなどを知られているということです。

知らない人が、自分の知らないところで、そんな行動を取っていたなんて…と、怖い印象を持たれてしまうのはある意味当然です。

ストーカーを疑われたり、プライベートを侵されているという恐怖心から距離を取られてしまうことが多いでしょう。

待ち伏せしなければ一目惚れ相手とはなかなか接点を持てないものですが、待ち伏せにはリスクが伴います。相手に怖がられてしまうかもしれないのです。

気持ちを喜んでくれるか、待ち伏せを怖がられてしまうかは、そのときが来るまである意味賭けのようなものなのです。

せめて日中など明るい時間帯の方が、警戒心は薄れるかもしれませんね。

待ち伏せはダメ元で行う

一目惚れした彼を待つ女性

一目惚れした相手を待ち伏せするのには、いくつかのデメリットはあるものですが、確かなメリットもあります。

デメリットは重々承知のうえで、それでも後悔したくないというのであれば、待ち伏せしてみるのも良いでしょう。

一目惚れの恋はなかなか実りにくいとよく言われるものです。それなら、ある意味ダメ元で挑戦してみるのも良いのかもしれませんね。

気負わずに「好きになってもらえたらいいな」くらいの気持ちで待ち伏せできれば、失敗しても反動は少なくて済むでしょう。

もしかしたら面白い話のタネにもなるかもしれませんし、思いがけず恋がうまくいく場合もあります。

なかなかできない経験ですから、一目惚れ相手を振り向かせるため、この機会に待ち伏せにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

https://e-kantei.net/?adv_id=wp_symply

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。