恋愛で効果的な7つのギャップとは?

「ツンデレ」ってよく聞きますよね。普段はツンツンした態度なのに、2人だけの時はデレデレする態度のことです。

恋愛では、そんなギャップが重要だと言われています。しかしギャップには良いギャップと、悪いギャップがあります。

悪いギャップとは、例えばツンデレの逆の「デレツン」です。初めは好意があるような態度だったのに、急に冷たくなると恋には発展しにくいです。

良いギャップのポイントは、いつものあなたとは違った面を見せることです。良いギャップを作る効果的な方法のことを「ゲインロス効果」と言います。

「ゲイン」とは利益という意味で、ポジティブでプラスの印象のことです。「ロス」とは損失という意味で、マイナスの印象のことです。

この2つを上手に魅せることで、効果的なギャップを生み出すのです。初めは怖そうに思えた、マイナスの印象の人から優しくされるとドキッとしませんか?

マイナス印象からスタートした人の方が、よりプラスの印象が強くなります。しかしここで大切なのは、無理をしすぎないことです。

自分のマイナス面を相手に伝えてみるのがポイントです。例えば料理が苦手なのであれば、始めから相手に言っておきましょう。

お菓子を作った時に「料理が苦手なのに作ってくれた」と、より好印象を残すことができますよ。ハードルも下がります。

それでは、どんなギャップが恋愛に効果的なのか具体的に見ていきましょう。

恋愛で効果的な7つのギャップとは?

普段しっかり→お酒飲むと甘える

普段はしっかりした女性

仕事ができる女性はしっかりしていて、頼りにされることも多いです。しかしその分仕事中と、休憩時間でギャップを作ると恋には効果的です。

仕事のできる女性が、実はお酒に弱いというのはキュンとくるポイントです。甘える姿など、普段の姿との差があればあるほど大きなギャップになります。

普段は見られない「隙を見せる」姿が、恋には不可欠です。他にも実は歌だけ下手だったり、普段は厳しいのにメールが優しかったり…。

普段しっかりしている分、隙を見せると守ってあげたい欲が刺激されるようです。実は、と悩みを相談するのも効果的です。

普段は男性に頼らずバリバリ仕事をしている女性だからこそ「弱み」を見せると良いです。全て完璧では、近寄りがたいと思う男性もいます。

たまには、失敗をしてしまった時の照れた姿を隠さず見せても良いのではないでしょうか。

普段はテンション高い→好きな彼の前では緊張して無言

テンションの高い女性

普段はおちゃめなのに、好きな人の前では緊張してしまう姿はピュアな印象を与えます。純粋な感じがして可愛らしいです。

逆に、好きな人の前だけおちゃめな姿を見せるというのも効果的です。どちらにしても彼の前だけで見せる姿なので、男性の独占欲が満たされます。

普段のテンションの高さからは想像できないような、落ち着いたLINEを送るのも良いです。逆に普段はおとなしい場合は、テンションの高いスタンプを送るとおすすめです。

自分にだけ見せてくれる姿に、好感度が上がります。男性は、本能的に弱い者を守ってあげたいと思うものです。

自分がいないとだめだな、と思ってもらえたら恋が上手くいく可能性も高まります。

てきとーそう→料理ができる

適当そうな女性

若い女性で、特に実家暮らしだと家事をする機会が少ないことがほとんどです。そのため、料理ができなさそうと思われることがあります。

適当そう、と見られることもあります。まだ若いのに家庭的、というイメージは良いギャップです。

長いネイルでとても家事なんてしてなさそうなのに、実は料理上手というのも良いですね。お弁当やお菓子、バーベキューの時の心配りなどでアピールしてみましょう。

男性の多くは料理上手な女性を好みますので、効果は抜群です。

天然→デートはしっかり

天然っぽい女性

LINEアプリで本格占い!恋の悩みはLINEトーク占い

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。