【男性心理】恋愛における本音とは?

恋愛の感じ方は人それぞれですよね。「Sっ気がある人にからかわれたい」という女性もいれば、「私のことを馬鹿にしないで」と怒る女性もいます。同じ言動でも人によって反応は違います。

当然、人によって恋愛の感じ方が違うのは男性も同じです。癒し系の子が好きな男性もいれば、自立してサバサバしている子を好む男性もいます。男性も、人によって恋愛スタイルが違うのです。

そこで今回は、「男性の恋愛における本音」についてまとめました。一般的に言われている定説はあるものの、男性に聞いてみると「そんなことない!」という意見も多いです。

脈なしに見えても実は大本命で照れているだけという場合もありますので、すぐに諦める必要はありません。是非参考にして、今後の彼との距離を縮めるのに役立てて下さいね!

【男性心理】恋愛における本音とは?

素っ気ないのは恥ずかしいだけ

恥ずかしがる男性

好きな男性とは少しでも長く話したいですよね。ニコニコと笑顔を向けたいですし、楽しく仲良く話を楽しみたい人が多いです。男性も基本的には同じですが、女性よりも照れがある場合があります。

男性は女性のようにお喋りが得意でない場合が多いです。これまで女性経験が無かったり、男兄弟や男子校などで女性と話す機会が少なかった場合は特に当てはまります。

つい目を逸らす。「あ、うん」「別に…」と短い回答をしてしまい会話が続かない。何を話して良いのか分からないうちに沈黙が続き話づらくなった。話したいのは山々だけれども上手くいきません。

素っ気ない態度でも、無視ではなくきちんと返事をするのなら嫌われていない可能性もあります。表情や、態度が明らかに迷惑そうでないのなら慣れていないだけの場合もあります。

LINEでは本音で話せる

LINEでは本音で話す男性

お喋りが苦手でも、意外にLINEは大丈夫と感じている男性は多いです。対面だととっさに良い言葉が出てきませんよね。LINEだと少し考えてから言葉を選べるというのも理由の1つです。

LINEとメールはとても似ているのですが、これも男性にとっては微妙に違うらしく、やはりLINEの方が良いようです。文字のコミュニケーションなのは同じなのに、何故でしょうか?

メールは同じ文字のコミュニケーションでも、あまり短文だとNGかなと思うそうです。絵文字や顔文字も入れないと素っ気ないかななど、色々気にしている内に面倒くさくなる傾向があります。

一方LINEは、女性もある程度短文ですよね。会話をするように一行程度の短文をやり取りするので気が楽なようです。また、スタンプで雰囲気も柔らかくなりますし、非常に使いやすいそうです。

弱みを見せるのは特別な人だけ

弱みを見せる男性

基本的に男性は「カッコイイと思われたい」と無理をしてしまう人が多いです。プライドも女性より高いですし、「男だから」「男らしく」と育てられてきた生活環境もあるでしょう。

特に女性の前では、少々無理をしてでも、つい格好つけてしまったなんて場合も少なくありません。逆に男性が弱さを見せるならば、かなりの確率で相手の女性を信頼している証拠となります。

普段からカッコイイと思われたい男性なら、「好きな女性の前では特に格好つけたいのではないか?」と思いますよね。当然その心理もあるものの、結果的には弱さを見せられる女性には敵いません。

「弱音を吐ける」ということは、「気を許している」「かっこつけなくても自分を受け入れてくれる」という安心感があるのです。安心感は癒しに繋がります。

ダメな自分も受け入れてくれて、疲れを癒してくれる彼女なんて最高ですよね。それは男性も同じです。当然ずっと側にいて欲しいと思うようになるので、特別な感情を持たれるきっかけになります。

好きなら何回もアプローチは嘘

何回もアプローチしてくる男性

「何度振られてもアプローチをし続けて、彼女をゲットした」というストーリーはよく漫画やドラマで目にしますよね。彼女の心がアプローチで動いたというのは感動的ですが…現実は厳しいです。

少しくらい強引で、大胆な方が男らしく理想的とされていますが、実際の男性はそんなことはありません。むしろ女性よりも繊細で傷付きやすい部分もあります。

男性はプライドも高いです。好きな女性にアプローチするのも、本当なら相当の勇気を出しています。本気の女性ほど、断られると落ち込みますし引きずります。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。