恋愛で電話することのメリットとは?

あなたは好きな人と電話をしたことがありますか?

近年では好きな人とはもちろんのこと、友達や家族、そして会社などの連絡でさえLINEでのやりとりが浸透しています。そんな中、好きな人との電話はなおさら特別に感じられるでしょう。

実は恋愛で電話することにはたくさんのメリットがあるのです。そこで今回は恋愛で電話することのメリットについて解説していきます。

恋愛で電話することのメリットとは?

電話してもいいかで脈ありか分かる

電話を楽しみにする男性

電話というのは基本的に心を開いている人としかしたいとは思わないものです。電話というのは時間に縛られてしまうものであり、対面と同じで気を遣う必要が出てくるからです。

どうでもいい人に時間を割いたり、気を遣ったりするような疲れることを率先することはまずないでしょう。そのため、電話してもいいかで脈ありかが分かるのです。

電話してもいいかと聞いて快諾してくれた場合は脈ありの可能性が高いです。「LINEで」などと別の方法を提案し、電話を避けてくるようならそれ以上の関係は望めないでしょう。

恋愛で電話をすることのメリットは第一に、電話したいと思ってもらえているか、脈ありなのかを確認できることなのです。

電話することで距離を近づける

電話することで距離を近づける女性

電話は相手と距離を近づけるのにも有効なコミュニケーション方法の1つです。恋愛で相手との距離をもっと近づけたいと思っているのなら電話を活用してみましょう。

文面と声を聞ける会話では相手への親密度が異なります。そばにいなくても声が聞こえるだけで、近くにいるような感じがしますよね。恋愛では相手に近くにいる感覚を持たせることが大切なのです。

自分の身近な存在として意識してもらえるようになれば、どんどん親近感が沸いてきます。親近感を抱くことは恋愛感情を抱かせるために必要な第一歩なのです。

また文面だけだと勘違いをしたりされてしまったりすることもありますが、声があるだけでその可能性はかなり低くなります。距離を近づけたいなら気持ちや考えを正確に伝えられることが大切です。

相手との距離を近づけることができるという点も恋愛で電話することのメリットの1つなのです。

声を聞くことでテンションがわかる

電話でテンションの高い男性

文面の会話は親近感が感じにくく、勘違いをしやすいのに加え、テンションがわかりにくいのもデメリットの1つです。その点において電話は声を聞くことでテンションがわかります。

相手とテンションを合わせることや、相手の気持ちを察して発言することは、仲を深めるために必要な配慮です。相手のテンションがわかる方が、仲は深まりやすくなります。

言葉だけでなく、話し方や声色などからも相手の様子が伺え、テンションが伝わりやすい電話がおすすめなのです。

相手のテンションがわからずに発言すると、温度差が生まれたり不快に思わせたりしてしまうことがあります。会話することに対しマイナスな印象を持たれてしまうと恋愛はうまくいきません。

安心感や信頼感を与えイメージアップするためにも、相手のテンションに気を払うことは大切です。電話はテンションがわかるという点で最適なコニュニケーションツールと言えるでしょう。

電話をすることで次につなげやすい

次の約束をするカップル

恋愛関係に発展させるためには段階を踏んで距離を縮めていくことが好ましいです。いつまでもよそよそしかったり、逆に急に距離を詰めてしまったりしても上手くはいきません。

告白までのやりとりの第一目標は、恋愛関係に発展させるために必要なデートに誘うことです。

もちろん多くの人がコミュニケーションを図る第一の方法として利用するLINEで誘うこともできるでしょう。しかしLINEだけでは相手の様子もわかりにくく、気持ちも伝わりにくいです。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。