【恋愛心理学】恋愛で役に立つ心理学用語を紹介

最近では、心理学という学問がテレビなどでも非常に話題になっています。相手の心や動きを読み取り、それに応じて自分の行動を変えていくことでより良い関係が作れます。

男女の恋の悩みは永遠のテーマともいえます。恋をしているときの人は目がキラキラと輝いていて、行動もイキイキとしています。できればその恋を実らせたいと誰もが思うはずです。

彼の行動やしぐさ、態度から分かること、また自分の行動が彼に与える心理などを知っておくだけで余計なことをせずに済みます。

余計なことをしなければ、おのずと彼とうまくいく可能性も上がってくるわけです。恋愛心理学を使えるようになれば、自分に自信が付き積極的にアプローチをすることだってできます。

また、心理学は恋愛だけでなく、仕事や友人関係でも応用できます。そうなれば、あなたの人生がより豊かで素晴らしいものになっていくでしょう。

下記では、恋愛心理に最も使える心理学用語をご紹介します。

【恋愛心理学】恋愛で役に立つ心理学用語を紹介

初頭効果

原っぱを歩くカップル

これは、心理学ででは非常にポピュラーなものの1つです。初頭効果というのは、人は最初に入ってきた情報が頭に残りやすいというものです。

よく面接などでも、第一印象が大事と言われたりしますよね。恋愛でも同じで最初の印象を良くすることは非常に有効な手段です。

ほとんどの人は初めて会ったときに、この人はこういうタイプの人なんだなと、勝手に判断をします。まずは最初に目に入る部分については気を遣うようにしましょう。

容姿などは不快感を与えないように、最低限の身だしなみは当然です。むしろそれ以外の言葉遣いや態度などを気を付けるようにしたほうがいいです。

一度、変な印象を初頭で与えてしますと、それを後から取り返すのは非常に大変なことです。好印象を無理に意識するのではなく、悪い部分を見せないことのほうが重要といえますね。

ドア・イン・ザ・フェイス

生地を練る女性

これは、営業マンによく使われる心理学です。相手に要求を呑んでもらうために、わざと無理な要求をし、相手に断られたところで本来の要求をするという心理テクニックです。

恋愛でももちろん有効に使うことができます。たとえば、デートの誘いをするとします。なんとか相手にOKをもらいたいですよね。

そんなときは、初めに「今日これから空いてる?ご飯でもどう?」など、かなり無理な要望を押し付けます。それで断られたら、「じゃあ明日は?」などと返します。

それも断られたら、「そっかぁじゃあ今週はいつが空いてる?」のように少しずつ広げていくのです。そうすると、最初はいきなりで無理だったけど、だんだん断りずらくなってきます。

人は3回断ることはなかなか難しいといわれています。自分に当てはめて想像してみてください。これは、なにかプレゼントをお願いするときにもかなり使えますよ。

吊り橋効果

吊り橋を渡る女の子

吊り橋効果という言葉を聞いたことがありますか?人は恋したときのドキドキと恐怖のときのドキドキを区別できないといわれています。

一緒に吊り橋をドキドキしながら渡ることで恋愛感情が芽生えてしまいます。要するに本当は違う意味のドキドキでも人は勘違いしてしまうのです。

ジェットコースターやお化け屋敷でも同じことがいえます。これらドキドキするアトラクションを2人で一緒に挑戦することで恋愛に発展しやすくなります。

ですので、初デートでジェットコースターは意外とおすすめなのです。もし気になる彼がいれば、遊園地に行きたいとさりげなく伝えてみてもいいかもしれません。

そのときに、ジェットコースターに乗りたい理由を正直に説明する必要はありませんよ。もし彼とうまくいったら後でネタばらししても面白いかもしれませんね。

ミラーリング

本のページで作られたハート

ミラーリングとは、心理学ではかなり一般的に使われます。ミラーの名のとおり相手と同じことをして鏡のようになることです。そうすることで親近感が沸き、話しやすくなります。

人は、自分とよく似た人を好きになりやすいのです。顔が似ているという事ではなく、動きや会話のテンポなどです。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。