結婚で変化した7つの心境とは?

恋人時代と結婚生活は違うといいますが、実際にどのようなところが違うのでしょうか?お互いに好き同士で一緒にいるのは同じですが、特に女性はライフスタイルが大きく変わります。

よく、結婚して変わるのは出産や妊娠など新しい命を育むことや、家事や子育ての負担など物質的な変化を言われていますよね。でも、結婚したことで精神的な変化もたくさん訪れます。

今回は、そんな精神的なことで起こる結婚での変化をまとめました。結婚をすることで心の負担も多くなる時もありますが、やはり安心感を得られることが多いのも事実です。

仕事をするのか、子供は何人欲しいのかなど目に見える変化について考えがちですが、心境の変化についても見てみましょう。より具体的に、結婚を考えることができるようになりますよ!

結婚で変化した7つの心境とは?

安心感が増した

安心感のある関係性

結婚をして感じる心境の変化について、一番多いのは「安心感が増した」ということです。独身時代は何かと不安に思うことが多いですよね。特に25歳を過ぎてから30歳までは結婚ラッシュです。

どんどん周囲の友達が結婚をして、独身時代のように遊べなくなってしまいます。このまま私だけ一人なのでは…と暗い老後を想像して焦ってしまう人も少なくありません。

自分も早く結婚したいのに、「まだ結婚しないのか」と家族や親戚から急かされて、プレッシャーを感じる人も多いです。結婚をした時に、そのような負担から解放されるので心に余裕が出てきます。

また、実家の家族とは仲が良くても、いつか親はいなくなります。自分のこれから共に歩んで行く家族ができることで、一人ではない心強さが安心感を更に強くしてくれます。

お金についてシビアになった

大事にするお金

結婚して自分で変わったなと自覚するのは、「お金に対してシビアになった」という人が多いです。独身時代は、好きな時に好きなだけお金を使う人も多いですよね。

特にボーナス後は、飲み会や高いご褒美を自分に買って、贅沢をする人もいたでしょう。しかし、それは独身時代だったから。結婚後は自分一人のお金ではなく、家族のお金と考えます。

家族で外食はしても、多くお金が入った時には必要な物を買い揃えたり、余った分は貯金をするということになります。独身時代のようにまとめて使うことがなくなります。

稼いだお金は自分のおしゃれや楽しみに使うのではなく、家族のお金として教育費や老後のために貯金するように変わるのです。お金にシビアになったなぁと自分の変化を実感することでしょう。

老後など今後を考えるようになった

年をとってもラブラブな老夫婦

これまでの独身生活は、若かったこともあって「今を楽しみたい!」という気持ちが強かった人もいるでしょう。しかし、結婚をしてみると、老後をより強く意識したという人が多いです。

結婚をすることによって、実際の自分の生活を改めたり、生活費がまかなえないなど様々な改善点が出てきます。また、親が高齢化し、親の生活を見て初めて自分の老後を考える人もいるようです。

貯金をきちんとできるのか。将来子供も欲しいし、教育費を溜めて良い教育を受けさせたい。年金制度はあまり期待できないので、老後の資金も貯めなくては…など、考えることはたくさんあります。

これまでは両親のおかげで何も考えなくても生活ができていましたが、結婚後は違います。

自分達で考え、工夫や改善を繰り返し、生活をしていかなければなりません。老後も具体的に考えるようになります。

家族を意識するようになった

子供のいる家庭

結婚をすることで、「家族と言うものを意識するようになった」という人は多いです。これまは個人主義というか、独身なので気軽な身であったと言う人もいるでしょう。

自分はこれで良いのだと思えば、お金も使い放題ですし、遊びたいだけ遊べました。夜通し遊んだ人もいるでしょう。たとえその後困っても、自分だけが困ったので自業自得で終わりました。

しかし、結婚生活になると違います。お金は家族の生活費でもあり、夜通し遊ぶのはなくなります。「自分が楽しければ良い」という独身時代から、「家族のために」と意識するようになります。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。