好きな人に嫉妬してしまう理由と対処法とは?

好きな人に嫉妬してしまう理由と対処法とは?

好きな人が出来ると、当然その人に好かれたいと思いますし、可愛い自分でいたいと思いますよね。素直に好意を表せば恋愛が進展する可能性も高いのですが…素直になれない人も少なくありません。

好きな人に嫌われてたくはないのですが、つい憎まれ口を叩いてしまったり、嫉妬から可愛気のない行動をとってしまいます。原因は、自分に自信が無かったり、依存していたり色々あります。

そこで今回は、「好きな人に嫉妬してしまう理由と対処法」についてまとめました。仲良くしたいのに、嫌な態度ばかりとってしまうと焦っている人は、まず何故そうするのか考えてみましょう。

ぜひ参考にして、素直に自分をさらけ出してみて下さいね!

好きな人に嫉妬してしまう理由とは?

自分に自信がない

自信がない女性

好きな人に嫉妬してしまう理由の1つとして、「自分に自信が無い」という場合が多いです。自分に自信が無いからこそ、相手がとても良く見えてしまい可愛くない態度を取ってしまいます。

「どうせ私みたいな女を本当に好きなはずがない」というネガティブな気持ちが根底にあるかもしれません。そうすると、「私よりあの子が好きなはずだ」と思いこみも強くなります。

もしも彼が、あなたに一途だったとしても今度は彼にイライラします。彼を信じられない自分と、素直に愛を表現できる彼が眩しい存在になるからです。それは、人間的な嫉妬かもしれません。

自分に自信がないままでは相手にも優しくできません。優しくない女性を好きになる男性は少ないです。自分に自信が持てないと、卑屈な考えや行動で、恋のチャンスを逃しやすくなってしまいます。

独占欲が強い

怒る女性

好きな人に嫉妬をしてしまう代表的な理由といえば「独占欲が強い」ということが言えるでしょう。「彼は私のもの」「自分以外と話して欲しくない」という独占欲が強いのです。

独占欲が強いと、彼に近づく女性はもちろん、彼の交友関係にまでイライラしてしまいます。同期なので無視できなくても、「どうしてあの子と話すの?」と問いただして責めてしまう人もいます。

彼と遊ぶ相手が男性だったとしても、「どうして私を優先してくれないの?」とイライラして当たってしまうかもしれません。「彼の時間は全部一緒にいたい」と思ってしまいます。

本当は、「私とも一緒に遊んで欲しいな」「今日は会えなくてさみしかったな」と素直に言えば可愛い印象なのです。でも嫉妬から責め立てるような言い方をしてしまうと逆効果になってしまいます。

男性は束縛が激しい女性は苦手です。特に、友達付き合いに口を出してこられるとうんざりしてしまう男性も多いです。伝え方を間違うと振られてしまうので注意するようにして下さい。

負けず嫌い

負けず嫌いの女性

好きな人に嫉妬をしてしまうのは、「負けず嫌いな性格だから」ということもあるでしょう。もしも自分が負けず嫌いでなかったら、嫉妬をするよりも落ちこんでしまいます。

「あの子の方が…私よりもお似合いだったな」「彼も私より良いって思っているんだろうな…」と落ち込んで終わりです。

しかし、それを怒りのエネルギーに変えられるのなら、負けず嫌いかもしれません。「あの子には負けたくない」「あんな子よりも私の方が!」と張り合う気持ちがそうさせるのかもしれません。

気をつけたいのは、張り合うあまり自分のアピールではなく他の女性の悪口を言ってしまわないことです。あまり悪口ばかり言っていると、逆に性格の悪い女だと思われる危険もあるので要注意です。

そうなると、他の女性を悪く言っていた自分が嫌われ、何も言わなかったライバルが奥ゆかしく見えてしまいます。絶対に悪口は言わず、墓穴を掘らないように気をつけましょう。

劣等感がある

ネガティブな気持ち

好きな人に妬いてしまうと言う人は、自分に劣等感がある人が多いです。自分に自信が持てないということにも繋がりますが、基本的にネガティブな感情を持っています。

他の女性よりも可愛くない。他の子の方が素敵に見える。「自分が好かれるはずが無い…」と好かれるように努力するのではなく、「自分が好かれない理由」ばかり探します。

もし両思いであったとしても、自分と違って素直に愛情表現をしてくれる彼にも劣等感を抱く場合も少なくありません。彼氏が素敵だと思えば思うほど、どうして私を…と好かれる理由に苦しみます。

劣等感は、最終的に自分との戦いになることがほとんどです。どんなに彼が一途に好きでいてくれても、他の子よりモテていても意味がありません。

「あんな風に優しいけれど本当は…」「私を可哀想に思っているんだ…」など卑屈になっていては本当に恋を逃します。まずは自分に自信を持つこと。卑屈にならないことが大切です。

相手を信じられない

不信感がつのる女性

好きな人に妬いてしまうからといって、必ず独占欲が強いとは限りません。自分が好かれるはずがないという思い込みから、諦めたいけれど諦められない時に別の勘定で自分を試したくなるものです。

例えば、彼がとても優しかったとしましょう。普通は、こんなに優しい彼氏に愛されて幸せだと嬉しくなりますよね。自分も優しくして、素敵な恋を楽しむ人が多いです。

しかし、自信が無い人はどうして好かれるのか分からないと言う人が多いです。「こんな私のどこが好きなんだろう…」「自分でも魅力が分からない…」と思う人もいるでしょう。

自分の良いところが分からないので、ますます人からの好意が信じられなくなってしまいます。試し行動…というわけではありませんが、妬いて相手の反応を見るという行為をしてしまいます。

こんなに可愛げのない態度をとっても変わらず好きでいてくれるのか?という行動に出てしまいます。でも、彼をうんざりさせる可能性もあるのでリスクが高いことは言うまでもありません。

彼に依存している

彼の手を握る女性

好きな人に対して妬いてしまう場合、「彼に依存しているから」ということも考えられます。基本的に、恋愛依存の人は束縛傾向も強いですし、独占欲を抑えることができません。

自分が彼を好きなので、彼と一緒にいたい。自分だけのものにしたいとい思ってしまいます。しかし、恋愛は自分だけではなく相手の気持ちがあるので、そう上手くいかない場合も多いです。

「自分の気持ち」と「相手の行動」がイコールにならない時、イライラしてしまって妬いてしまいます。どうして私のことを優先してくれないのか。好きではないのかと疑います。

ドロドロした感情に支配されそうになった時、彼が他の女性と仲良く話していたらどうでしょうか?もしかすると浮気かもしれないし、ただの友達や同僚かもしれません。

それでもやはり、自分がイライラしている時に仲の良い様子を見てしまうと、「今の女性は誰?好きなの?」と妬いてしまいます。妬くだけではなく、彼を責めたり束縛をする場合もあるでしょう。

恋愛に依存し過ぎると、視野が狭くなってしまったり、感情任せに突っ走ってしまって理性的な行動がとれなくなってしまいます。

彼にドン引きされないためにも、一呼吸置いて行動するように心がけましょう。

対処法とは?

信じる気持ちを育てる

彼を信じる女性

好きな人に対して妬いてしまう場合、「信じる気持ちを育てる」ということが大切です。ヤキモチを妬いてしまうのは、自分に自信がないばかりに、相手が信用できないからということが多いです。

彼の行動よりも、「私なんかを好きなはずがない」という自分勝手な先入観で悲観的になっている場合も多いです。彼を信じられないからこそ、他の女性と話していると無性に気になります。

「あの子の方が好きなのではないか」「私といるよりも楽しいのではないか」と結局疑ってしまいます。たとえ彼が最初は本当にそういうつもりは無かったとしても、嫌気もさしてくるでしょう。

元々は違ったのに、彼女のしつこい言及や束縛にうんざりして、本当に浮気をしてしまったというパターンは少なくありません。信じなかったばかりに最悪の結果を招いてしまうこともあります。

一方的に彼の言動ばかりを責めるのではなく、彼を信じる気持ちも育てる努力をして下さい。信じると裏切られた時が怖いという人もいますが、信じる強さも必要です。

疑ってばかりいても結局は何も変わりません。それよりは自分から信じる努力をすることで、相手の良いところが見えてくることもあるでしょう。まずは信じることも忘れずに努力して下さい。

自分を磨く

化粧を頑張る女性

つい好きな人に対して妬いてしまうと言う人は、自分磨きに精を出すようにして下さい。自分磨きは、資格取得などの勉強、仕事、美容、ダイエット、趣味の探求など何でも構いません。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。