好きな人に好きな人がいるときのアプローチ方法とは?

あなたが好きな人も、誰かを好きでいることは多いですよね。好きな人に好きな人がいるのは、辛く感じるでしょう。

しかし恋人関係でないということは、好きな人も片思いをしている状態です。まだ、あなたにもチャンスがあるということになります。

どうやってアプローチすれば振り向いてくれる?
好きな人に好きな人がいても可能性はある?

今回は好きな人に好きな人がいるときのアプローチ方法を紹介します。なかなか前に進めずにいる人は、ぜひ参考にしてください。

好きな人に好きな人がいるときのアプローチ方法とは?

好きでいてくれる人がいることをアピール

好きなことをアピールする女性

好きな人には好きな人がいるかもしれません。でも好きな人には、好きでいてくれる人もいることを伝えましょう。

好きな人がいることも素敵なことですが、好きでいてくれる人がいることも幸せなことのはずです。

まずは好きな人に、好きでいてくれる人がいることのメリットをアピールしてみましょう。会話の中で伝えてみてください。

メリット①好きな人の自信になる

恋愛をしていると、自分の気持ちが受け入れてもらえないことに自信がなくなることが多くありますよね。そんなとき、自分を好きな人がいるというのは大きな自信になります。

それと同様に、
「こんな自分でも認めてくれる人がいる」
「こんな自分にも恋愛感情を持ってくれる人がいる」

このような自信は、人を強くしてくれます。生きていく上で、好きでいてくれる人がいる自信というのは大切なものでしょう。

メリット②気持ちのよりどころになる

人は弱ったときに、気持ちのよりどころがほしくなります。優しい言葉をかけてもらい、抱擁してもらえるような人を求めます。

好きでいてくれる人は、そんな気持ちのよりどころとなるでしょう。何かあったときに、自分には居場所があると思うことができるのです。

メリット③どんな自分も受け入れてくれる

好きな人には「良い自分」を見せようと必死になります。自分を取り繕ってしまうのです。それはときに疲れてしまうこともあるでしょう。

しかし好きでいてくれる人には、自分を取り繕う必要がありません。ありのままの自分を見せることができます。

そんな自分でも受け入れてくれる存在というのは、とても貴重で有難いものでしょう。

好きな人の恋愛相談にのる

好きな人の恋愛相談にのる女性

好きな人の好きな人の話なんて、聞きたくないと思うかもしれません。しかし恋愛相談を受けているうちに、恋愛の矛先が移動するのは多い話です。

そこで、

  • 好きな人との関係
  • 好きな人に対する悩み
  • 好きな人との今後

などを聞いてあげましょう。

あなたからすれば、うまくいってほしくないことですよね。しかし悪く言ったり、マイナスなことは言わないようにしてください。

あくまでも相談にのるという純粋な気持ちが前提です。うまくアドバイスする必要はありません。聞くだけでも良いので、恋愛について相談にのるようにしましょう。

見守るように視線をおくる

視線を送る女性

好きな人に好きな人がいる場合、あまり積極的にアピールすることは難しいでしょう。過大なアピールは逆効果になってしまうこともあります。

通常は好きな人に、熱い視線をおくると良いといいますよね。しかし一方的な熱視線は、重たく感じて負担になってしまいます。

そこで見守るように視線をおくってください。穏やかでにこやかな表情で、母が子どもを見るような目で相手を見つめるのです。そうすると、視線が安心感につながります。

キラキラとした目で、ギラギラと熱い視線を送らないようにしましょう。また視線のおくりすぎにも注意してくださいね。

褒めて自信を与える

男性を褒める女性

好きな人が好きな人と付き合えず、片思いをしているときは、自信をなくして落ち込むことも多くなります。そこで、失った自信をあなたが与えてあげるようにしましょう。

人は自分に自信を与えてくれる人と一緒にいると、居心地良く感じます。居心地の良さが恋愛感情に発展することは十分にありえることです。

  • 異性としての魅力
  • 人としての魅力
  • あなただけが知っている魅力

これらを伝えてみましょう。心から相手を認めて、褒めることで自信につながります。また自分をここまで理解してくれているということに、嬉しさを感じるでしょう。

相手のことを好きなあなただからこそ、素敵なところたくさん知っているはずです。誠意を持って伝えれば、好きな人に届くのです。

どんなときでも味方になる

彼の味方でいる女性

好きな人に好きな人がいる場合、まずは恋愛相手として見てもらうのは一度置いておきましょう。「好きな人」ではなく、「味方」になるのです。

好きな人であれば、たとえ敵になっても好きでいられるでしょう。相違や反論があっても、それで嫌いになることはありませんよね。

それは大前提として「好き」という気持ちがあるからです。どんな立場や関係になっても、好きという感情をこえるものはないのでしょう。

しかしあなたは好きな人の好きな人ではありません。敵になってしまえば、ただの敵でしかなくなるのです。その時点で脱落してしまいます。

  • 誰かと揉めてしまったとき
  • 責められて落ち込んでいるとき
  • 壁にぶつかって悩んでいるとき

何があっても、一番の味方であることをアピールしましょう。ふとしたときに、あなたが一番近くにいてくれたことに気が付くのです。

届かない想いの辛さを共有する

恋愛感情を共有する男女

好きな人との恋が実らない辛さは、今現在あなたが抱えているものです。もし恋人関係ではない場合、きっとあなたの好きな人も好きな人がいるのに叶わず、同じ辛さを抱えているでしょう。

その届かない想いの辛さを一緒に共有してみてください。共有することで、親近感や連帯感が出て距離を縮めることができます。

たとえば、
「好きな人に想いが届かないのは辛いよね」
「でも好きっていう気持ちをもてるのは幸せだよね」

というように辛さを共有した上で、前向きな意見も入れると良いです。どんな状況もポジティブ思考に考えられる人は、人を強くします。

間違っても、
「片思いなんて無理だから諦めたら?」
「こんなに辛いなら恋なんてしない方がいいよ」

というように、ネガティブなことばかり言うのは避けましょう。これでは一緒にいても不快な気持ちにさせてしまうので、気をつけてください。

自分の気持ちは知ってもらうべき

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。