「好きな人に嫌われたかも…」嫌われているサインと挽回する方法とは?

「好きな人に嫌われたかも…」嫌われているサインと挽回する方法とは?

好きな人に嫌われてしまうなんて、恋愛終了の宣告をされているのと同じことですよね。好かれたい相手に嫌われることほど、辛いことはないでしょう。

しかし好きな相手だからこそ、過剰に考えすぎているだけの可能性もあります。本当に嫌われているかは、主観でなく言動から判断した方が良いです。

また人の気持ちは変わります。嫌いから好きに挽回する可能性は十分にあるのです。恋愛終了だと諦めるのは、まだ早いでしょう。

嫌われたのか見分ける方法は?
どうしたら好きに逆転できる?

今回は、好きな人から嫌われているサインと挽回する方法を紹介します。窮地に立たされて身動きとれない人は、ぜひ参考にしてください。

好きな人に嫌われているサイン

【LINE編】既読スルー

既読スルー

最近では、連絡ツールとしてLINEを使用する人がほとんどです。気軽にやりとりできるのが、LINEの魅力でもあるでしょう。

そして最大のポイントは『既読』の確認ができることです。これにより、相手が自分のメッセージを読んだことが確認できます。

LINEの確認をした方は、その時点で相手に『既読』の表示がついたと認識しています。そのうえで、あえてスルーしているのです。

つまり、
『私はあなたからのLINEを読んだけれど返信しません』
というアピールなのです。

つまり既読スルーをされてしまうのは、好きな人から嫌われているサインを送られているのです。好意も興味もない証拠でしょう。

【LINE編】短文で連絡を終了させる文面

LINEのやり取り

好きな人へのLINEは気持ちを込めて送るでしょう。またLINEを続けることができるよう、質問なども混ぜた内容を考えますよね。

しかし、あなたが嫌われている場合LINEの返信が非常に短文です。あなたがどれだけ長く丁寧な文章を送っても何も届いていないのです。

『はい』
『わかりました』
『りょうかいです』

まるで自動返信メールかのような、気持ちの入っていない短い返事がきます。

またLINEを続けたくないので、質問に対してはスルーします。そしてLINEのやりとりを終わらせるような言葉ばかり送ってくるのです。

『またね』
『おやすみ』
『さようなら』

これ以上LINEをするなと遠回しに伝えているのです。このように短文であり、LINE終了させるような文字がきた場合、好きな人から嫌われているサインだといえるでしょう。

【LINE編】砕けた文章をつかわない

LINEを見る男性

LINEは気軽にやりとりができるので、砕けた文章で送ることも多いでしょう。それにも関わらず、好きな人からは上司に送るような硬い文章しかこないことがあります。

これは、あえて距離をとっている証拠といえます。敬語をつかい、丁寧な文章にすることで、一線を引いているのです。

あなたから『今日は寒いね~鍋でも食べたくなるね~』と送ったとします。
それに対して『寒暖差が激しいので、お身体ご自愛ください』と返信がきたとします。

これは嫌いだけれど、社交辞令で仕方なく返信しているのでしょう。本当は無視したいけれど、立場上返事するしかないと考えているのです。

【LINE編】スタンプや反応がない

LINEのやり取り

恋人同士や友達同士で、多用しているのがLINEスタンプです。可愛いスタンプや笑えるスタンプを送り合うことで、仲が深まることもありますよね。

特に好きな人に送るLINEには、スタンプ選びも慎重にするでしょう。可愛い系がいいか、面白くするべきか…考えた末に渾身のスタンプを送ります。

しかし嫌いな人にはスタンプは使わないでしょう。スタンプを使う関係にはなりたくないと思ってしまいます。スタンプで仲を深めたくないのです。

どんなにあなたがスタンプを使っても、まったく応答してくれない場合。これはスタンプを使いたくない部類の人に入っているということです。

https://e-kantei.net/?adv_id=wp_symply

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。