好きな人に告白されたい!上手に誘導する方法とは?

「好きな人に告白してもらいたいけれど、そんなの絶対無理だよね…」と諦めてはいませんか?

結論から言えば好きな男性に告白してもらうことは可能です。男性心理を知り、彼を上手に翻弄しながら告白まで誘導してあげればいいのです。

告白されたいあなたへ、好きな人との仲を自然に深めて、告白まで誘うステップを具体的に説明します!

好きな人に告白されたい!上手に誘導する方法とは?

接触回数を増やす

接触回数の増加

好きな人と親密になりたい!と思うと「とにかく話さなきゃ」「名前を覚えてもらわなきゃ」と焦ってしまいますよね。

しかし焦りは禁物です。手順を踏まずに彼に近づこうとすると、不自然さが際立ってしまうのです。自然に仲良くなるためには、まずは接触回数を増やしましょう。

毎朝こちらから笑顔で挨拶をしたり、すれ違いざまに会釈をしたりすることから始めましょう。会話をして仲良くなる前に、彼と何度も接触することが大事なのです。

心理学で単純接触の原理というのですが、人は何度も顔を合わせる相手に対して良い印象を抱きやすくなるものです。

会社や学校で何度もあなたを見かけるうちに、彼に段々と親近感を感じてもらえるのですね。言葉をかわさなくてもいいのです。何度も彼の視界に入るよう心がけてみてくださいね。

ただしあまりに彼を追いかけてしまうとストーカーだと思われる可能性もあるので要注意。自然に近づくのがポイントです。

名前を呼ぶ

名前を呼ぶ女性

自然に挨拶できる仲になったら積極的に雑談してみましょう。

そのとき、苗字でも良いので彼の名前を呼ぶことを意識してみてください。わざと彼の名前を会話の中にたくさん含めるのです。

誰しも自分の名前を呼ばれるのは嬉しいものです。名前を呼ばれると相手が心を開いてくれているような気がしますし、大事に扱ってもらえている感じがしますよね。

名前を呼ばれたら相手を好きになる、というわけではありませんが、確実に好意を持ってもらえるようになりますよ。

人は「好きです」と言われるより自分の名前を読んでもらうことのほうが気持ちよく感じる、と心理学では言われています。

彼の名前を積極的に呼べば、それだけ彼を心地よい気分にさせてあげられるのですね。一緒にいて居心地いいなと思ってもらえれば、彼はあなたとさらに話したくなるはずですよ。

話すときは聞き手に回る

聞き手に回る女性

彼との会話は楽しくて、つい「私のことを分かってほしい」「もっと知ってほしい」と思いますよね。

しかし彼と会話するときは、毎回聞き手に回ることを心がけてみてください。話すのが3割、聞くのが7割くらいを意識すると良いでしょう。

男女問わず、人は自分の話をしたいものです。相手が自分の話に真剣に耳を傾けてくれたらとても気分が良いですし、もっと会話したくなるのです。

男性は話下手な人が多いイメージがありますが、実はそんなことないのです。女性が上手に話しを引き出してあげれば、何時間でも気分良く自分について語ってくれたりするものです。

聞き役にまわるときのポイントは、要所要所で彼に質問してあげることです。「それってどういうこと?」「○○君はそれについてどう考えているの?」などと聞き、彼に話させてあげましょう。

彼が自慢話を始めたら「すごーい!」と大げさにリアクションしてみてください。「この子は話を分かってくれる」と彼の男心をくすぐり、ドキドキさせてあげられます。

また特に関心が無いことだったとしても、彼が趣味について教えてくれたら興味をもって聞きましょう。聞き手に回ることで彼について深く情報収集できます。

好きなものや行動範囲、趣味などを知れば、その後の会話に困りませんしデートに誘わせるきっかけも作れますよ。

褒める

褒めること

男性は誰しも自分なりのこだわりを持っています。仕事の段取りだったり、ファッションだったり、趣味のスポーツや車、音楽についてだったり。

男性達は「話を聞いてくれる」と思った女性には、そんなこだわりポイントについていくらでも語ります。

彼が自分のこだわりを話してくれたら「すごい!」「知らなかった」と思い切り褒めてあげてくださいね。

彼が口数の少ないタイプなら、普段の行動や服装を褒めてあげましょう。「○○さんは段取り上手ですね」「メガネ似合いますね」などと、どんなことでも良いのです。

自分を褒めてくれる女性に対して、男性は簡単に心をひらきます。もともと男性は「認められたい、尊敬されたい」という欲求が強いので、褒めてくれる女性に好意を抱きやすいのです。

褒めることで彼に心をひらいてもらえれば、その後仲を深めやすくなるはずです。

気が合うことをアピールする

気が合うことをアピールする男性

好きな食べ物や音楽、ファッションなどが同じであれば「私達気が合うね!」と伝えてみてください。好きなものや興味のあるものが同じ相手に、私達は好意を抱きやすくなります。

同じ趣味を持っている人とは自然と「もっと話したいな」と思いませんか。好きな食べ物が一緒なら「二人で食事したいな」と思えますよね。

彼との間に共通点が見つかったら、それは二人の仲を深めるチャンスです。「私達似ているね」と積極的にアピールしてみてくださいね。

もしもどれだけ探しても共通点が見つからなくても、落ち込む必要はありません。共通点がないのなら、彼の振る舞いを真似してみてください。

彼の身体の向きに合わせて座ったり、飲み物を飲むタイミングを重ねてみたり。しぐさや態度が似ているだけでも、人は「この人とは気が合うかも」と感じるものなのです。

これは心理学でミラーリングと言い、同じ仕草をする人に好感を持つことを応用したテクニックです。

あくまでわざとらしくならないように、彼のしぐさに合わせて行動してみてくださいね。

相談で秘密を共有する

秘密を胸に秘める男性

彼と日常的に雑談できるようになったら、悩み相談を切り出してみてください。

職場や学校の人間関係や、仕事の内容について彼に相談してみましょう。「信頼できる○○さんにしか話せないんだけど…」と切り出せば、きっと快く話を聞いてもらえるはずですよ。

彼に相談することで二人きりの時間を自然に作れます。また、二人だけの秘密を共有することになるので自然と彼をドキドキさせられるのです。

男性は頼られたい生き物です。自分の力で人を助けることで、プライドが満たされ自信が湧きます。

今までとくに意識していなかった女性でも、一対一で相談を持ちかけられれば否応なしにドキドキします。頼られていると実感するだけでも嬉しいのですね。

ただし、あまりに重すぎる相談はNGです。力になれない相談を持ちかけられても男性は困ってしまいますからね。

彼にアドバイスをもらったら、きちんとそれを実行してお礼を言いましょう。「○○さんのおかげで解決しました」と笑顔で伝えれば、彼の男心をギュッと掴めるはずですよ。

気のある素振りを見せる

気のある素振りを見せる女性

ある程度彼と親しくなったら、本格的なアプローチのスタートです。彼を下の名前で呼んだり、メールにハートの絵文字を付けたりして気のある素振りを見せましょう。

彼をじっと見つめて目を逸らしたりするのもドキドキさせるのに効果的です。好みのタイプを聞き出して、服装やメイクを彼好みにしてみるのも良いですね。

「○○君の彼女になる人は幸せだね」「○○君とご飯食べに行きたいな」などと言ってみるのもおすすめです。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。