好きな人に電話するきっかけ・注意点・話題とは?

好きな人に電話するときのきっかけ・注意点・話題とは?

好きな人に会えないときは、せめて声だけでも聞きたいと思いますよね。電話であれば2人だけの会話になるので、距離も縮めることができます。

でも好きな人に電話をするのは、とても勇気のいることです。電話帳をながめては、発信ができずに悶々とした気持ちを抱えていることでしょう。

どうしたらスムーズに電話ができる?
電話をして好印象を与えるには?

今回は好きな人に電話するときのきっかけ・注意点・話題を具体的に紹介していきます。これさえおさえておけば、好きな人への電話も怖くありません。ぜひ参考にしてください。

好きな人に電話するきっかけ

文字では長くなり伝わりにくい連絡内容

文字を打つ女性

今は電話よりもメールやLINEの方が一般的な連絡手段となっているでしょう。だからこそ、電話をするのは勇気がいることです。

でも文字にすると、なかなか伝わりにくいこともありますよね。文章が長くなりすぎてしまったり、イントネーションが上手く伝わらないこともあります。

このような内容の場合、メールやLINEをするよりも電話をした方が良いでしょう。言葉にした方がわかりやすく明確に伝わります。

連絡事項を文字にするのが難しいというのは、自然な電話のきっかけです。最初に「文章だと伝わらないと思って…」と伝えれば相手も変に思いません。

緊急性のある内容

スマホを見る女性

緊急性がある内容のときには、電話するきっかけになります。電話であれば、相手に伝わったことが確実にわかるから安心です。

  • 今すぐに伝えたいこと
  • 今すぐに返事がほしいこと
  • 今すぐに聞いてほしいこと

などです。

たとえば、「お店の予約をするので飲み会の出欠確認をしたい」というようなことでも良いですね。あくまでこれは最初のきっかけです。

出欠確認をしたあとは、「そういえば」と話しを切り替えてみてください。そこから話題を広げていけば、電話が長く続くでしょう。

好きな人が興味のあることで知り得た情報がある

好きな人の関心事

電話をするのであれば、相手にとっていい情報があると良いですよね。電話はしていることをさえぎって時間を作るのですから、興味ないことを延々と話されても迷惑になってしまいます。

そこで、まずは好きな人が興味のあることをチェックしましょう。本人や友達からリサーチする方法もあります。SNSをこまめに確認するのも良いです。

相手が今興味のあることや、はまっていることを知ります。そしてその事項を自分も興味を持ち、情報を手に入れるようにしておきましょう。

たとえば、SNSでカフェめぐりをしていることを知ったとします。そしたら、あなたもカフェ情報をこまめにチェックします。

  • 新店舗情報
  • イベント情報
  • 限定商品情報

このような相手が興味のあることであれば、電話して伝えることで喜ばれます。うまくいけば、そのままデートまで実現することもあるでしょう。

好きな人がほしいであろう情報や話題を電話するきっかけにしてみてください。

前に話していた会話から

過去に盛り上がった話題

好きな人との会話は毎回記憶していることでしょう。その記憶を思い返して、電話のきっかけとなる内容はないか探してみましょう。

たとえば、「今月〇日に、大切な試験がある」という会話をしていたとしましょう。その場合、前日に電話をするのです。

「明日大切な試験の日だよね。一言応援の言葉を伝えたくて」
「頑張ってね」
と伝えるのです。

好きな人は、覚えていて電話をくれたことに嬉しさを感じるでしょう。もしかすると試験が終わったら、電話をくれることもあるかもしれません。

〇〇貸して?とお願いをする

お願いする女性

何かお願いしたいことや依頼がある場合も、電話するきっかけになります。今日中に必要だと言えば、電話しても不自然ではありません。

「〇〇貸してほしいんだけど」
「〇〇持っている?」
「〇〇について教えてほしいの」
という懇願するような内容があれば、直接電話でお願いするのが良いでしょう。

心配で様子を確認する

心配する女性

好きな人が心配なときも、直接電話をするきっかけになります。本当に心配しているときは、メールやLINEではなく、電話をするものでしょう。

「凄い雪だけど大丈夫?」
「風邪って聞いたけど大丈夫?」

このような内容は、直接声を聞くことで安心します。相手も本気で心配してくれているのだと感じることができるのです。

素直に声が聞きたかった

声が聞きたかったことを伝える女性

色々ときっかけはありますが、最終的には素直な気持ちが一番の電話のきっかけです。素直な気持ちは「声が聞きたいから」ということだけですよね。

電話をすると「どうしたの?」と聞く人が多いです。そこで「どうもしないけど」「声が聞きたかっただけ」と言うのです。

告白にも近く勇気のいる言葉ですが、伝えてみるのも良いでしょう。相手は戸惑ってしまう可能性も高いので、すぐに話題を変えてください。

好きな人に電話するときの注意点

8回コールして出ないようなら諦めてLINEしておく

8回のコール

あなたが電話をしたとき、相手は電話に出られない状況かもしれません。手が離せずに忙しくしているときもあるでしょう。

そこで呼び出しコールの回数を数えて電話をしてください。目安としては短すぎず、長すぎず。8回くらい鳴らすのが良いです。

8回呼び出しても出ない場合には、電話を切りましょう。そして再度電話するようなことはしないで、1回のみでやめておいてください。

また着信のみ残っていると、相手も気になってしまいます。着信を残した場合には、なぜ電話したのかLINEをしておくと良いです。

『明日の仕事の件で電話しました。会議の時間が1時間早くなったから気をつけてね。』

というように内容まで入れておきましょう。折り返しの電話を要求してしまうと、相手の負担になるので気をつけてください。

緊張しすぎずに力を抜く

リラックスする女性

好きな人への電話は、とても緊張しますよね。顔が見えないぶん、言葉に重みが出るので上手く話せなくなってしまうこともあります。

しかし緊張しすぎて、言葉がどもったり沈黙が続いてしまうのはもったいないです。もしかすると不信感を与えてしまうこともあるかもしれません。

そこで電話をするときには、好きな音楽を流してリラックスできる環境にしましょう。音楽が流れていれば、沈黙も怖くありません。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。