好きな人への告白を成功させる方法とは?LINE・電話・手紙・直接の4パターンで紹介!

好きな人への告白を成功させる方法とは?LINE・電話・手紙・直接の4パターンで紹介!

大好きな人への告白は、誰だって心臓が飛び出るほど緊張するものです。

まさに今告白しようと奮起している女性たちは、さまざまな不安と葛藤していることでしょう。

告白を試みている女性にとって、悩みの1つとなるのは方法です。LINE・電話・手紙・直接とどの手段で想いを告げるべきかも、成否を分ける大きなポイントとなるからです。

「上手くいかなかったらどうしよう」「気まずくなりたくない」など不安でいっぱいな人は、まずは手段を考えましょう。自分と相手と向き合うことにもなるため、自ずと心の準備が整うはずです。

手段別の告白の仕方とは?

LINE

直接言うのに勇気が出せない人におすすめ

勇気が出せない女性

好きな人への告白というのはやっぱり勇気がいりますよね。頭が真っ白になると思うように話せなくなるため、自分の口から想いを告げられずにいる人もいるでしょう。

LINEでの告白は、そんな直接言うのに勇気が出せない人に特におすすめです。

LINEは文字でのやりとりのため、口に出して告白するよりも緊張せずに済みます。相手の反応も間接的にしか伝わらないので、冷静に自分の想いを言葉にして話せるでしょう。

いかにもという空気の中での告白は、身構えてしまうため身体に力が入りやすくなります。緊張しやすい人であれば状況や相手の反応に怖気づいて、結局何も言えず仕舞になる可能性も高いです。

中途半端に告白未遂のような形になってしまえば、今後余計に顔を合わせづらくなってしまうでしょう。想いを告げられずに終わってしまうくらいなら、別の手段で伝えることを検討すべきです。

LINEは相手のリアルな反応を見ながら、冷静に自分のペースで想いを告げられるというメリットがあります。

一方的に伝えるのには抵抗があるけれど、直接伝えるのにどうしても勇気が出せないという人に特におすすめの手段なのです。

相手にも冷静に考える猶予を与えられるので、直接や電話よりも負担をかけずに告白と向き合ってもらえるという利点もあります。

文章を考えて伝えたいことをしっかり伝えられるメリット

告白の文章を考える女性

LINEを使えば、時間をかけて自分の気持ちを伝えるのに最適な言葉や言い回しを選ぶことができます。直接や電話のようにテンポよく返事しなくても気まずくならないからです。

また、手紙は一方的に想いの全てを紙にまとめて渡す手段ですが、LINEは文章を用いた会話です。1つ1つの投げかけに相手から反応をもらえるため、より深く話をすることができます。

自分のペースで会話を進められるため、文章をよく考え伝えたいことをしっかり伝えられるのがLINEのメリットなのです。

何か言わなきゃ、早く返答しなきゃというプレッシャーがあると、不必要な発言してしまうリスクが出てきます。また、考える時間が足らず後悔する展開になってしまう可能性もあるでしょう。

100%偽りのない想いを届けるために一言一句丁寧に扱うことで、告白が成功する確率は上がります。どんな言葉や言い回しをチョイスするかによって、誠意の伝わり方が変わるのです。

LINEならじっくり考えて言葉を選び、読み直して簡単に修正することができるでしょう。自分が納得いくまで文章を練ることができ、ワンクリックですぐに相手に届けることもできます。

自分の気持ちをしっかり伝え受け取った彼の反応を見たいという人も、LINEでの告白がおすすめです。

返信がくるか不安でドキドキ

ドキドキする女性

LINEでの告白は、どんな答えをもらえるか以前に返信がもらえるかが第一ステップであり、不安でドキドキするポイントです。

直接や電話であれば、その場で何かしらのレスポンスがあります。明確な答えをもらえなかったとしても、話が全く進まないということはありません。

しかし、LINEなどの文章でのやりとりでは返信するタイミングは相手の自由です。

読んだからといって直ちに返さなければいけないわけでもなく、状況によってはどうしてもすぐに返せないこともあります。

そのため、LINEなどの文章での告白には待っている間のドキドキ感や不安が伴うのです。

なかでもLINEは手紙よりも遥かに気軽に返事ができるものです。私たちの日常の連絡手段としても根付いているため、時間がかかっても返信をもらえる可能性は高いです。

ただ既読状態がわかるため、返信できないのかしたくないのかが余計気になり、心が揺さぶられることになります。手紙よりも告白の返事を待つ間の不安やドキドキが強くなるでしょう。

返信に時間的な猶予があるということには、相手によく考えてもらえるというメリットがあります。しかし、送った側は辛抱強く待ち続けなければいけません。

返事がもらえるかどうかの不安や待ち時間のドキドキに耐えられそうにない人には、LINEではない手段の方が良いでしょう。

送るタイミングは20時以降

夜の20時過ぎ

LINEでの告白は送るタイミングを意識することが大切です。伝わりやすく返信してもらいやすいときに想いを告げた方が、成功する確率は高くなるからです。

また、いつでも気軽に送れるため時間的な配慮が希薄になりやすく、相手の負担になってしまいやすいのも理由の1つです。

何か他のことに取り組んでいるときは、LINEが来ても流し見で終わってしまう場合が多いです。特に男性は1つのことに集中する傾向が強いので、気持ちが十分伝わらない可能性があります。

告白というのは、相手の受けた時の心境にも大きく左右されます。人肌恋しいときや寂しいときの方が前向きに受け止めてもらいやすくなるのです。

逆に忙しくしているときは、恋愛への執着心が薄れやすいです。タイミングが悪ければ、LINEで告白が来たことにより印象が悪くなる可能性も否めません。

さらには、LINEは返信が後回しになればなるほど流れやすくなります。読んだときに後で返そうと思っても、時間が過ぎてしまえば気まずくなってしまうからです。

忙しい時間帯を避けて送るという心遣いも、イメージアップに繋がるでしょう。告白するときも、相手の生活を尊重することを忘れてはいけないのです。

自分の想いをしっかり受け止め返事をもらいやすくするためにも、相手に負担をかけないためにもタイミングは重要なのです。

目安は20時以降です。大抵の人は仕事や学校などやるべきことを終えてリラックスしており、人肌も恋しくなる時間帯だからです。

良い返事をもらえる可能性を1%でも上げたいのなら、20時というボーダーラインを意識するようにしてみてください。

文章例

LINEの文章例

LINEは好きな人と会話しながら想いを告げる直接や電話と、文字として形に残し何度も読み返せる手紙の中間的手段です。双方のメリットを備えていると言ってもいいでしょう。

しかし、もちろん良い面もあれば欠点もあります。告白する側にとって一番楽な方法だからこそ、誠意や感情が伝わりにくいのです。

だからこそ、告白するための文章をよく考えなければいけないのです。

そこで、今から具体的にLINEで告白するための文章例を挙げ注意すべきポイントを紹介します。

「今日もお疲れ様。実は話があって改めてLINEしました。

実は私、ずっと前から○○くんのことが好きだったの。
みんなに分け隔てなく接することができるところや優しい笑顔が大好きです。
これからは彼女として、○○くんのそばにいられたらなと思っています。

もし良ければ付き合ってもらえませんか?

読んでくれてありがとう。お返事待ってます。」

LINEでの告白では第一に敬語を使うことを心掛けてください。その方が誠意が伝わるからです。

普段から仲が良いのなら固すぎるとかえって気まずくなる場合もあるので、いつもの口調交じりでもOKです。ただ大事な部分だけはきちんと伝えるために敬語にしましょう。

また、いきなり好きですから始めると彼が戸惑ってしまうので、一呼吸入れてから本題に入りましょう。

LINEでの告白は直球で伝えることが一番です。男性はだらだらと長い文章を好まないので、単刀直入に素直な気持ちを言葉にしましょう。

そして、付き合いたいという言葉を必ず入れるようにしましょう。好きという気持ちを伝えるだけでは、男性はあなたがどうしたいのかがはっきりとわからず悶々としてしまうからです。

またどんな間柄でも一番伝えたいことなので、敬語にするのが好ましいです。

相手の好きな部分を具体的に入れると信ぴょう性が増し、気持ちも伝わりやすいです。絵文字などは使わないようにして真剣さをアピールし、返事は絶対に急かしてはいけません。

読みやすいようにあるいは強調するために、改行を入れるのもいいでしょう。感謝の気持ちを込めた文を一言入れると、謙虚さが増すのでおすすめです。

以上のことに注意して一度文章を作り読み返し、納得ができたらLINEを送りましょう。

https://e-kantei.net/?adv_id=wp_symply

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。