好きな人と会話を続けるテクニックとは?

好きな人と会話を続けるのって、意外と苦労しますよね。緊張してしまって何も話せなくなってしまうという人も多いでしょう。

話し上手な人で、普段は饒舌に喋ることができても、好きな人を前にすれば話せなくなってしまうものです。自分に良い印象を持ってもらおうと過剰に緊張してしまうからですね。

でも、せっかく好きな人と交流できるチャンスです。相手を知る機会にもなりますし、自分をアピールできる絶好の場でもあります。

そんな素敵なチャンスを無駄にしないためにも、好きな人と会話を長引かせるテクニックはぜひ知っておきたいはずです。

今回は、好きな人を前にして後悔しないための会話を続けるテクニックを紹介します。好きな人との会話に困っている人はぜひ参考にしてみてください。

好きな人と会話を続けるテクニックとは?

その人に興味を持つ

彼に興味を持つ女性

好きな人と会話をする際、自分をアピールすることばかり考えてしまうと、頭は真っ白になってしまうものです。まずは、好きな人に対して興味を持ってみることを心がけてみましょう。

興味を持てば、「何が好きか」「どんな話が好きか」という話題が自然と分かってくるものです。好きなことの会話は、誰でも長く話してしまいますよね。

彼も好きなことに触れる会話であれば、自然と長く喋ってしまうはずです。まずは彼とたくさんの会話のチャンスを持つため、話を長引かせましょう。

自分の中に興味心があることが先決です。自分をアピールしよう、面白い話をしようと気負いすぎず、会話を楽しむことを心がけてみてください。

笑顔で嬉しそうに話す

笑顔で嬉しそうに話す男女

彼と会話をするときは、まずはとにかく笑顔で嬉しそうに話すことに気をつけてみてください。意外と忘れてしまっている人も多いのではないでしょうか?

話すことに必死になってしまうと、焦りや必死感が表情に出てしまいます。そうすると自然な笑顔がなくなり、あまり良い印象を持たれることもなくなってしまいます。

好きな人に話すことが「楽しい」と思ってもらうことが大切です。彼も嬉しくなり、どんどん会話に乗ってくることは間違いないでしょう。

女性の嬉しそうな笑顔は、どんな男性も惹きつける魅力があります。彼はきっとあなたの笑顔に魅力を感じ、もっと会話をしていたいと思ってくれるはずです。

逆に笑顔がない人との会話は誰だって避けたいものです。会話をして楽しそうでなければ、彼も早く会話を終わらせようとしてしまうでしょう。

どんなに緊張しても、彼と話すときは笑顔を意識すること、これは絶対に必要なことです。

二人の共通点を交えて話す

共通の趣味のテニス

二人の共通点を交えて話すことは、効果的な会話テクニックです。共通の話題はどんな場でも長続きしやすいものです。

気の合う友達、趣味が同じ友達同士だと、何時間でも話していられますよね。それは、お互いに興味ある会話のネタを持っているため、話がとにかく尽きないからです。

彼と話をリズム良く続けていきたいのなら、まずは共通点のある話題を盛り上がれるようにしてみましょう。お互いに会話に乗ることができれば、きっと長く会話は続くはずです。

共通点のある相手とは、仲良くしたいという気持ちが高まりますよね。一緒にいて会話が尽きないという心地良さがあるからです。

共通点がある男女は、一緒にいて波長が合うという理由からカップルになりやすいのも特徴です。

もし彼との間に共通点がないのなら、共通点を作るところからです。彼が好きなことに興味を持ち、一緒に会話で盛り上がれるようにするのです。

彼と会話で盛り上がりたいのなら、共通点を頑張って作る、それくらいの努力は欠かせないことですよ。実際、彼の好きなことなら、自然と興味もわくはずです。

肯定と質問を繰り返す

質問と回答

彼と話をうまく続けていきたいのなら、基本的に肯定と質問を繰り返す話し方を意識してみましょう。

世の中で「聞き上手」と言われる女性の多くは、このテクニックを自然と使っているものです。そして、聞き上手な女性がなぜモテるのか分かりますか?

聞き上手な女性は、相手の男性が話したいことを引き出していくのがうまいからです。肯定されることは、話をしたい男性にとって最も求めていることです。

そしてただ肯定しているだけでは「聞き流されている」と思われてしまうため、質問を出すのです。「なるほど。それで?」といったかたちですね。

質問をするのは、相手に興味を持っている証拠です。相手に興味がなければ、自然と聞き流して終わってしまうでしょう。

この心地よい空気が、どんどん会話が続く理由なのです。彼の前ではぜひ聞き上手な女性になって、話しやすい空気を作れるよう頑張ってみてください。

上手に相づちを打つ

相槌を打つ女性

聞き上手な女性は、相づちの打ち方も適度で上手なものです。お餅つきのようにリズム良く相づちを打っていくのがポイントになります。

彼の話すことに興味を持っていることを表現しましょう。彼も聞いてくれていると安心し、向こうから進んで話を振ってくれるはずです。

ただ彼の言うことに逐一相づちを打てば良いという話ではありません。ずっと「うん」の繰り返しでは聞いていない感が出てしまうので、「そうだね」などのバリエーションがあると良いですね。

適度なバランスで、バリエーションを持たせながら相づちを打つこと、これが重要です。

彼の話に割り込まない

彼の話を聞く女性

自己主張の強い女性がやってしまいがちな失敗ですが、彼の話に割り込まないように気をつけておきましょう。スムーズに話をさせてあげることが大切です。

話が続かない、話がかみ合わない二人の特徴というのは、お互いに話に割り込んでしまうという点が挙げられます。話をしている途中に相手に割り込まれるのはひどいストレスですよね。

「この人とは会話がしづらい」と感じさせてしまう原因にもなります。そんな印象を持たれたら、間違いなく積極的に一緒にいたいとは思ってもらえないでしょう。

会話を長く楽しむためには、お互い割り込まず、適度な会話量でキャッチボールをしていくことです。

自分のことをよく知ってもらいたいという気持ちが先行してしまうと、彼の話を無視した会話にもなりやすいです。まずは彼の話を聞いて、スムーズなやりとりができるよう心がけましょう。

一方的に喋らない

困惑する彼

一方的に自分ばかり話すこともおすすめしません。自分のことばかり話す人は、わがままな女性、自己中心的な女性と思われてしまうことが多いのです。

基本的には彼の話しているペースにあわせて、まずは話を聞くようにしましょう。彼が話好きなら、聞いてくれる女性は好感を持たれるはずです。

ですが、注意しておきたいのは、話し手を彼に譲ろうとして何もしゃべろうとしないことはNGだということです。聞き上手は好かれますが、聞いてばかりではただの受け身でしかありません。

「話す:聞く」を「1:3」ほどの割合にするのが一番ですね。あとは彼の話したい具合に合わせてスイッチしていけるのが理想的でしょう。

一方的に話す会話になってしまうと、やはりどちらかが適当な姿勢で聞いてしまうことにもなりかねません。盛り上がる会話というものは、双方がキャッチボールできてこそ成立します。

また、一方的にならないためにも、お互いが盛り上がりやすい会話をチョイスすることも大切ですね。

相手を立てて話す

男性を立てる女性

なるべく相手を立てて会話することも意識してみましょう。意見じみた態度は出さない方が効果的です。

上から目線にならないように気を付けつつ、彼に気持ち良く会話をしてもらうように心がけましょう。否定やアドバイスは嫌われやすいものです。

気持ちよく会話できる人ともっと会話したいと思うのは普通ですよね。なんとなく波長が合う人、良い流れで会話できる人と話したいと彼も思っているはずです。

そんなときに大事になってくるのが、下手な意見を言わない話し方です。男性は特に遮られて相手の女性から意見を言われるのをうっとうしいと感じるものでしょう。

特に彼が話すことを好む場合、変に間に意見をいれて会話を遮るのはやめておきたいところです。男性はなんだかんだ自分を立ててくれる、謙虚な女性が好きなのです。

会話に素直に参加する

会話に参加する女性

知らない&わからないことは素直に聞いてみると良いでしょう。

なんとなく知らないことが恥ずかしく思えてしまって、適当に相づちを打ってしまうのは危険です。適当に聞いたせいで墓穴を掘り、あとになってもっと恥をかく可能性もあるからです。

すると彼の印象はどうでしょうか。良くない印象を与えてしまうことは明らかにわかりますよね。

知らないことでも素直に彼に聞けば、きっと教えてくれるはずです。教えてもらうことで、会話はもっと盛り上がります。

もしそれを聞かずに放置してしまったら、せっかくの仲良くなれるチャンスを無駄にしているようなものです。

適当に相づちを打っていることがバレたら、「適当に話を聴く人」という印象を持たれてしまいます。好意を持ってもらえる可能性が途絶えてしまうため、絶対にやめておきましょう。

無理に話題を探そうとしない

無理に話題を探す女性

会話を長引かせたいからといって、無理に話題を探そうとしないことも大切です。話題を探そうとすると焦ってきてしまい、その姿勢が話し方にも出てしまうでしょう。

あくまでも大切なことは会話を「続けること」なので、内容のある会話ができるように意識しましょう。会話に困ったときのネタをあらかじめ用意しておくのも良いですね。

無理に話題を探そうとしている姿ほど見苦しいものはありません。不自然な印象にもなってしまいますし、どうしても会話が続かなかったときはまたあとで仕切り直しましょう。

彼のことに興味を持って近づいていれば、会話も自然とたくさん出てくるものです。自然な会話を長く楽しめること、これが一番ですね。

沈黙して「えーと、えーと」と話題を探していると、彼からも「変な人」と思われてしまうかもしれません。

ゆっくりと落ち着いた場所で話す

落ち着いて話す男女

なるべく話すときは、ゆっくりと落ち着いた場所で話すようにしてみましょう。邪魔が入らず、会話が続けやすいという利点があります。

立ちながらの会話は続かないことが多いので避けましょう。腰を落ち着けて話す場所を見つけておくと良いですね。

カフェやレストランなどで二人きりになれる機会があったら絶好のチャンスです。二人きりはそもそもお互いを意識しやすいシチュエーションです。

うるさくない場所であれば、ゆっくり会話に集中することもできるでしょう。ちょっとしたロマンチックなムードにもなりやすいです。

二人きりで長い間話せばお互いをよく知ることにも繋がり、どんどん仲を深めていけることでしょう。彼と話す際は、なるべくいつも会話をしやすい場所を選ぶようにしてみてください。

好きな人との会話のシチュエーションを想像しておく

好きな人と会話を楽しむ女性

好きな人と会話を続けるテクニックについてお話ししてきましたが、いかがでしたでしょうか?

好きな人だからこそたくさん話せる…と思いきや、意外とうまくいかないことも多いものです。誰だって好きな人の前では舞い上がってしまい、普段通り会話できなくなってしまいます。

だからこそ、普段からどんな会話をしようか、シミュレーションをしておくことなども大切ですね。話題の引き出しをたくさんあらかじめ持っておくことも必要でしょう。

好きな人と距離を縮めることに会話は絶対に欠かせないものです。お互いに意識するきっかけも、会話の中から生まれると言っても過言ではありません。

ぜひ好きな人との会話ならなんとかなると過信せず、たくさん会話ができるよう極めてみてください。好きな人と楽しく会話ができれば、彼のなかであなたの株は急上昇すること間違いなしです。

https://e-kantei.net/?adv_id=wp_symply

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。