職場の好きな人にとる男性の態度とは?

職場に好きな男性がいると、毎日仕事に行くのが楽しくなります。顔を見るだけで、幸せな気持ちになりますよね。

しかし毎日会うからこそ、欲が出てきます。男性の本心を知りたくなるものです。

私のこと、どう思っているの?
他に好きな人がいるの?

考え出すと仕事も手につかなくなってしまいます。どうにかして見抜く方法を知りたいでしょう。

男性は仕事に恋愛感情を持ち込みません。そのため本心は見えにくいです。しかし割り切っていても、好きな人への態度には違いがあります。

そこで今回は、職場の好きな人にとる男性の態度を紹介します。さりげない態度から、男性の本心を見抜いてみましょう。

職場の好きな人にとる男性の態度とは?

ミスを責めずにフォローする

差し伸べる手

男性は、仕事のミスに対して厳しい目を持っています。特に女性社員のミスには、ネチネチと嫌味を言うような男性もいるでしょう。

しかし好きな人のミスには寛容です。通常であれば怒鳴るようなミスでも、決して責めることはしません。

それどころかフォローするような言葉まで加えます。これは明らかに特別な気持ちがある証拠でしょう。

誰でも無意識に好きな人には優しくなってしまうものです。仕事とはいえ、怒鳴ることなんてできないのです。

ただ元々の性格にもよります。女性社員のミスを基本的にどのように対処しているか、確認しておいてください。

そのうえで対処方法が異なる人がいた場合、特別視している女性だということです。

自分が直接関わる仕事の依頼をする

仕事仲間

仕事に恋愛感情は持ち込まないとはいえ、できれば好きな人と仕事をしたいのが本音です。仕事の依頼をする時には、いつも好きな女性をそばに配置するでしょう。

男性自身が直接関わる仕事は、大抵好きな人に依頼をします。自分が関わらない仕事は、他の人に依頼をします。

仕事を振り分ける中で、無意識に本能が働いている場合もあるでしょう。もしくは作為的におこなっていることもあります。

『いつも自分に仕事の依頼をしてくれる』
『特定の女性に自分の仕事を任せている』

このように仕事の内容や関わりからも気持ちを見抜くことができます。誰に何をどれくらい依頼しているのかリサーチしてみましょう。

何かとちょっかいを出す

ちょっかいを出される女性

子供のころ、好きな女の子をイジメる男の子っていましたよね。素直になれずに、ちょっかいを出すことでコミュニケーションをとるのです。

このような態度は大人になっても変わりません。つい好きな女性には、ちょっかいを出してしまうのです。

「ちょっと太ったんじゃない?」
「またミスしちゃったの?」

このように少し怒らせるようなことを言います。女性がむきになって怒る姿を見て、とても嬉しそうにしているのです。

1日1回は特定の女性にちょっかいを出しているようであれば、好きという証拠です。少年のように無邪気な思いを寄せているのでしょう。

いつも心配そうに見守る

心配そうに見守る男性

職場内に好きな人がいるということは、常に好きな人の言動が目に入ります。意識していなくても、目で追ってしまうものでしょう。

視線の先には、いつも同じ女性がいるはずです。そして子供を見るような目でいつも心配そうにしています。

好きな女性が失敗をすれば、同じように落ち込み。
好きな女性が成功をすれば、同じように喜び。
好きな女性が悩んでいれば、同じように悩み。

いつもその人の立場になって同じように感じているのです。男性がいつも向いている方向を確認すると、好きな女性がいるでしょう。

同じタイミングで席を立つ

同じタイミングで席を立つ男女

職場に好きな人がいても、なかなか話すタイミングがないものです。社内ではプライベートな会話はほぼできないでしょう。

そこで男性は、好きな人と会話できるチャンスを常に伺っています。女性が席を立つタイミングを見計らっているのです。

  • お手洗い
  • ランチ休憩
  • 退社

このようなタイミングを合わせることで、偶然を装って2人になることができます。プライベートな会話をすることもできるでしょう。

いつも同じタイミングで席を立ち、あとを追うように動いていたら、好きのサインです。

残業や休日出勤を手伝う

サポート

仕事には繁忙期があり、ときには残業をすることもあります。それでも仕事が終わらないと、休日出勤をすることもあるでしょう。

基本的に社会人になれば、残業も休日出勤も自己責任です。自分の判断でおこない、仕事が終わらせなければいけません。

しかし男性としては、好きな女性の終わらない仕事をサポートしたくなります。残業や休日出勤を手伝おうとするのです。

これには純粋に応援したいという気持ちもあります。困っていれば、助けたくなるものでしょう。

また距離を縮めるチャンスだと思う人もいます。手伝うことで自分の評価を上げることができるでしょう。また社内で2人きりになれるのも嬉しいですよね。

そのため好きな女性の仕事の進み具合や、時間外労働に関して、いつも気にしています。そして常に把握しているのです。

ドリンクやお菓子を差し入れする

ドーナッツ

長い時間を過ごす会社では、時々買い出しに出たりします。ランチ以外の時間でも飲み物や甘いものが欲しくなるものです。

男性も仕事が煮詰まると、コンビニに行くことがあります。喫煙者はたばこ休憩をする人もいるでしょう。

そんなとき、好きな人がいると差し入れを購入してくるのです。他の人にわからないように、さりげなく差し入れをします。

「多く買いすぎたから…」
「たまたま限定のものがあったから…」

など理由をつけて、デスクの上に差し入れを置くのです。これは常に好きな人のことを考えている証拠ですね。

他の人にはない差し入れを度々しているようであれば、好きというサインだといえるでしょう。

同じことをしても特別褒める

褒める男性と喜ぶ女性

好きな人は、何をしても自動的に高評価となります。感謝の気持ちも人よりも多大に感じてしまうものでしょう。

例えば、膨大な量のコピーをとるとします。好きでない人であれば「ありがとう」の一言で終わりますよね。仕事なので、特別褒めるようなことでもないでしょう。

しかし好きな人が同じ仕事をすると、反応が異なります。

「こんな量を1人でコピーしたの?大変だったでしょ?本当にありがとう!」

周囲の人もあからさまに異なる反応に気が付くでしょう。しかし男性自身は無意識であり、真面目に言っています。

本能的に評価が上がり、素直に感謝してしまうのでしょう。同じ仕事をしていても過大評価をしているのは、好きだからなのです。

他の男性と話すと嫉妬する

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。