好きな人とのLINE術とは?話題やテクニックを紹介

好きな人とのLINEを長続きさせるコツとは?

送る時間帯は夕方以降

夕方以降の連絡

好きな人とのLINEを長続きさせたいのなら、忙しいであろう時間帯には送らないことです。暇になる可能性の高い夕方以降をピンポイントで狙って送るようにしましょう。

男性は1つのことに集中する傾向が女性よりも強く、家族や友達であっても邪魔をされれば嫌がります。そのため、勉強や仕事、人付き合いに専念しているときのLINEは逆効果です。

また、忙しい時間帯に送っても高確率で返信はなく流されてしまう可能性の方が遥かに高いです。続けざまに自分から連絡することが増えれば、重い印象を与えてしまうかもしれません。

LINEを長続きさせるためには、相手が返信しやすいように送ることです。返そうという気を起こしやすくするためには、暇な時間帯を選ぶのが一番です。

学校や仕事などで疲れて帰ってきた彼に、労いの言葉を添えてLINEを送ってみましょう。それだけできっと心が癒され、返信しようという気が起きるはずです。

夕方以降はだんだん人肌恋しくなる時間帯でもあるため、女性としての魅力をより伝えやすくもなります。日中のように他者との関わりが少ないときを狙って、ぐっと距離を縮めましょう。

話題がないときは無理しない

話題のない会話

好きな人とLINEを続けたいからといって、話題がないのにダラダラと送り続けるのはおすすめしません。だた長いだけで中身のない会話は、男性にとって苦痛でしかないからです。

話題がないときは無理をせずに、余韻を残してLINEを終わらせるのがベストです。「また話そうね」と一言付け加えて自然な形で終わらせた方が、お互いに気分も良いのです。

話のネタを強引に出して会話を続けても、余計なことを話したり空回りしたりして空気が悪くなるだけです。1回のLINEをどれだけ長く続けても、次がなければ意味はありません。

むしろ少し名残惜しいと思われるくらいのところで終わらせた方が次に繋がります。もっとあなたと話したいという気持ちに火が付いて、彼から積極的にLINEが来るようになるかもしれません。

話したい一心に一気に色々なことを話してしまいがちですが、小出しにした方が返信しやすく彼のきを引くことができます。話題がないと思ったら潔く終わらせて、次回の話のネタを考えましょう。

ちょくちょく写真を入れる

写真ありの連絡

LINEのトーク画面が文章だけだと重みを感じて、男性の返信意欲は減退してしまいがちです。ちょくちょく写真などを入れて、重いイメージを払拭しましょう。

文章は最初から最後まで読まなければ意図がわかりませんが、写真は一目瞭然です。むしろ言葉に表せないことまで伝わるため、興味を持ちやすくなります。

たとえば、飼い猫の可愛さをいくら文字で表現しても相手には伝わりきりません。目が大きいという一言では本来の大きさは伝わらず、細かく説明すれば頭に入りきらず印象に残らないからです。

しかし、写真を1枚送れば相手に明確なイメージが伝わります。言葉では説明しきれない微妙な差も一目でわかり、自分が言いたい以上のことを伝達することができます。

明確なイメージが伝われば、その後の会話も頭に入りやすく返答もしやすくなります。想像できていない猫がいくらじゃれていると聞かされても、「可愛いね」くらいしか言えないのです。

LINEにはせっかく画像を添付する機能があるのですから、使わない手はありません。積極的に会話の折々に写真を加えるよう工夫してみてください。

もちろん話したいことのすべて画像化できるとは限りません。そのため、ちょくちょく写真を中心に話題を考えて、LINEを送ってみるようにしましょう。

画像があるというだけでラフな印象を与え、男性も気軽に返信できるため会話が長く続きやすいです。

文章ばかりになったときに送れる盛り上がるような写真を、日頃から撮ったり探したりする癖をつけておくといいでしょう。

返信を急ぎすぎない

急ぐ返信

好きな人からのLINEは嬉しくて急いで返したくなる気持ちもわかります。なかには、途切れてしまうことを恐れて慌てて送る人もいるかもしれません。

しかし、返信を急ぎすぎても良いことはありません。相手の意図や気持ちを読み間違えたり、新たに話を展開するタイミングを掴み損ねたりする可能性が高くなるからです。

せっかくの彼から良いレスポンスがあったのに、急いで返信したがために話が終わってしまうかもしれません。変な空気になって距離ができてしまえば、悔やんでも悔やみきれないでしょう。

どうして相手がそう言ったか、どんな気持ちで返信してきたかをよく考えなければいけません。一語一句読み返して、話を広げられるポイントを丁寧に探すことが長続きさせる秘訣でもあります。

しっかりと相手からの返信を読んだ上で返せば、よりお互いのことを知ることができ距離も縮まります。急ぐよりもよく読んで理解に努め、言葉を温めてから返すことが長続きする会話に繋がるのです。

好きな人とのLINEは丁寧に送る

LINEを送る女性

好きな人と距離を縮めるためには、LINEの仕方・盛り上がる話題・長く続ける方法を身に着けなければいけません。しかし、最初から全て上手くやろうと行動しても失敗してしまいます。

LINEが来るだけで浮かれてしまい、つい自分が思った通りにストレートに返信してしまいがちですが、ぐっとこらえてください。冷静に一歩一歩着実に関係を進めていくことを意識しましょう。

そもそも全ての男性が、LINEで繋がれば必ず仲良くなれるとは限りません。まずは好きな人のことをよく知り、どう近づけば良いかをまずは見つけ出すことから始めましょう。

LINEで距離を縮められることがわかっても、好きな人のことを探る気持ちは忘れてはいけません。自分の伝えたいことよりも、相手の反応を常に意識し返信に強弱をつけましょう。

ある程度安定してLINEができる関係になったら、一緒に盛り上がれる話題を探してください。そのためには、彼とやりとりをしているとき以外の時間も費やさなければいけません。

話題にするためには、ただ彼の好みを知っていればいいわけではありません。話を膨らませる知識がなければ、逆に印象が悪くなる可能性もあるため、日頃から個人的にも触れるようにしましょう。

一緒に盛り上がれる話を1つでも見つけることができたら、話を長く続ける努力を始めましょう。相手の立場に立って、負担にならないことや気軽に話せる存在になることを意識してください。

1つ1つ好きな人の反応から垣間見える気持ちに目を向けて、丁寧に言葉を選べば必ず想いは届きます。ぜひ今回紹介したことを参考に、焦らず着実に距離を縮めてくださいね。

LINEトーク占いで相談してみる

好きな人からLINEがくると一喜一憂してしまいますよね。嬉しいときもあるけど、どうLINEすればいいか悩むことも多いはずです。

「これはどういう意味なんだろう?」「嫌われてないかな?」など気になってしまいがちですよね。そんなときは、LINEを送ってきた彼の真意を見抜くことができる占い師の先生を頼ってみましょう。

文面から彼の気持ち、どういうLINEを送ったら喜ばれるかを一緒に考えてもらえます。初回10分無料なので、ぜひ利用してみてくださいね。

https://e-kantei.net/?adv_id=wp_symply

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。