復縁はその後が難しい理由と対処法とは?

復縁は実はその後が難しいと言われています。自分たちでは想定できないような心の変化にぶち当たるからです。

上手くいかなかったことには必ず原因があります。そこをどう解決していくかに焦点を当てなければ、いくら気持ちが通じ合っていても寄り添うことはできないのです。

そこで今回は復縁はその後が難しい理由と対処法を紹介します。

復縁はその後が難しい理由と対処法とは?

人間すぐには変われない

復縁するカップル

性格や価値観などの不一致が原因で破局してしまうカップルがたくさんいます。いくら好きでもどうしても妥協できずに衝突してしまえば、恋人でいるのは難しくなるからです。

もちろん、どのカップルも我慢ができなかったわけではないはずです。ちょっとしたことなら受け入れ、交際を続けていたはずです。どうしてもお互いに譲れないから破局を選択したのでしょう。

つまり、衝突してもどちらかが妥協することができたなら、破局までは至らなかったはずなのです。

復縁を望んでいるなら、2人とも破局した原因となった自分の一面を変える努力をするはずです。そのため、よりを戻した直後は前回とは違うと感じるかもしれません。

しかし、残念ながら人間すぐには変われません。特に別れの原因になってしまうような不一致は、少しの間は制御できてもしばらくすると元に戻ってしまう可能性の方が高いです。

復縁カップルは最初は寄り添い合うことができても、しばらく経つと前回の別れの原因に高確率で直面することになります。そのため、また衝突して関係に亀裂が入ってしまいやすいのです。

信頼関係を築くのが難しい

喧嘩するカップル

別れた原因が元彼の浮気など信用問題に関わる場合、恋人として信頼関係を築いていくのは難しくなります。裏切られたという精神的ショックは簡単には癒えないからです。

恋人として信頼関係が築けないことは致命的な問題です。お互いに望んでよりを戻したとしても、元彼もあなたも苦しく辛い思いをすることになります。

もちろん元彼はあなたの信用を取り戻そうと必死になるでしょう。しかし、一向に信じてもらえずいつも疑われてばかりでは、精神的に疲れてしまいます。

あなた自身も好きな人を心から信用できないことはとても苦しいことです。ありもしないことで不安になって、いても経ってもいられない状態では精神がすり減っていってしまいます。

元彼の行動に不安になってばかりで、自分の生活も疎かになってしまう可能性もあります。お互いに疲れる毎日を過ごす中では、真の愛情もなかなか育っていかないでしょう。

24時間ひと時も離れずにいられるカップルは存在しません。離れていてもお互いを信じられる関係でいられなければ、付き合っていても苦しくなるだけです。

復縁しても一向に信頼関係を築くことができなければ、結局また別れる選択をすることになってしまうのです。

何となく違和感を抱きやすい

違和感を抱く女性

一度付き合って別れたという経験は、想像以上に精神面に影響が出ます。初めて付き合った頃のように、2人の未来を心から信じられなくなってしまうのです。

心のどこかに「また上手くいかないかもしれない」という思いが、無意識に気持ちにストッパーをかけてしまうことになります。すると、付き合っていても一線引いた関係になってしまいます。

大好きで仕方のない相手なら、多少合わない部分があっても受け入れようとするでしょう。この先を共にする自分の運命の人であってほしいという気持ちも強いはずです。

しかし、一線引いた付き合い方をしていると打算的な見方をしてしまいます。「合わないな」と思うことがあると、一度別れているという事実も相まって運命の人じゃないかもと考えがちになるのです。

つまり、以前は気にならなかったちょっとしたことでも、何となく違和感を抱きやすくなってしまうのです。

本当に好きな人と付き合っていても、違和感を抱くことは当然あります。しかし、一緒にいたいという気持ちが強く影響して、相手に寄り添おうと一生懸命になります。

ちょっとしたことで違和感を抱き、悶々とするようになれば、いずれ愛情にも変化が出てきてしまいます。やっぱり自分には合わないのだと、また別れを考えるようになってしまうでしょう。

お互い恋人がいなくて寂しかっただけ

寂しがる女性

納得して別れたとしても、恋人がいない生活になれば寂しさを感じてしまうものです。付き合った期間が長ければ長いほど、孤独を感じてしまう人も多いでしょう。

時間が経つに連れて、美化された良い思い出が寂しさを助長させるため、破局したことを後悔する女性も少なくありません。寂しいあまりにやっぱり好きなのかもしれないと思ってしまうのです。

もちろん一度は好きになった相手のため、100%勘違いであるとは言い切れません。元彼の良い部分は変わらず好意的に感じていても不思議ではありません。

しかし、別れたことも事実であり、破局当初と何も変わらないまま復縁しても、同じことを繰り返すだけです。寂しさを埋めるためによりを戻しても、関係は上手くいかないでしょう。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。