【復縁】別れからたった1週間でよりを戻すことはできるの?

【復縁】別れからたった1週間でよりを戻すことはできるの?

ちょっとしたことでケンカをして、勢いのあまり別れてしまった…という経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか?

それか「もう彼とは一緒にはいられない」と思って思い切って別れ話を切り出したのに、実際に離れてみると「やっぱり彼以外考えられない…」ということに気づいてしまったという人もいるかもしれません。

どちらにせよ、別れた後の後悔はとても耐えられるものではありません。何であんなことしてしまったのだろう…と自分を責める毎日を送るのは辛いですよね。

上の例のように、別れてから自分の本当の気持ちに気づいて「間違ったことをしてしまった」と悟るのは、大体別れてから1週間程度してからの場合がほとんどです。

やっぱり彼が良い、会いたい、復縁したい!そんな気持ちが強くなれば、我慢しきれずに彼に電話やLINEをしてしまいますよね。

でも、別れてからたったの1週間。こんな短期間で彼とよりを戻すことはできるのでしょうか?この記事では、別れてから1週間経過して「別れなきゃ良かった」と後悔する女性の悩みを解決します。

振ったのが自分だった場合はチャンスあり

恋人同士が別れる場合、一方が降る側となり、もう一方は降られる側となります。つまり、振られた側には別れる意思がなかったということ。

別れ話を持ちかけられた側は、まだまだ相手のことを好きで思い続けているというパターンが多いのです。

別れ話を切り出されて、相手のことはまだ好きだけど、でもどうしようもなく受け入れてしまった。

「何がいけなかったんだろう」「どうして、なぜ?」

そんな疑問を抱きながら、相手への思いを失わずに持ち続けているのです。振られたばかりでは、衝撃と動揺が大きく、相手への恋心はまだ失われていません。

つまりこれは、別れた直後ならまだ嫌われていないので、よりを戻したいと言えば復縁が成功するチャンスが十分にあるということ。

一度好きになった相手への思いは、たとえ振られて傷つけられてもひどいことを言われても、そう簡単に切り替えることができるわけではありません。

つまり破局してから1週間という短期間であれば、彼はまだまだあなたのことを好きなままなのです。

ここで注意したいのは、よりを戻すことに抵抗感を抱く男性も多いということ。

プライドが傷つくと感じたり、再びうまくいくのか不安になったりする人が意外に多いのです。そのため、復縁しようと言ってもすぐに返事がもらえない場合があります。

それでも諦めずに返事を待って、少し考えてからやっぱりOKなんていう可能性も大です。

なぜなら、どんなに腹を立てていても、好きな人が「ごめん、やっぱり大好き、復縁しよう」なんて言ってきたら、どうしても喜んでしまからです。

しかし逆に、振られたのが自分だった場合は、1週間で復縁するのは難しそうです。相手はまだ破局した時のイライラ状態のままである可能性が高いから。

もう少し落ち着くまで様子を見てみましょう。

破局してから1週間でよりを戻せるかどうか…これは自分が彼を振ったのか、それとも彼があなたを振ったのかということがポイントとなります。

状況に応じてどう行動すればいいのかを冷静に判断しましょう。

復縁の仕方:自分から降った場合は「別れて初めてどれだけあなたが大切か分かった」と伝えよう

もしも自分から降ったのであれば、破局から1週間以内でよりを戻せる可能性が高いと書きました。しかし「やっぱり戻ってきて」と一言いえばすぐに復縁できるという訳ではありません。

どのように謝り、どのように気持ちを伝えるか。

これが一番重要なカギとなります。

上から目線で復縁を持ちかけるのは絶対にNG!これでは相手のイライラを増長させるだけです。ポイントは、自分の間違いを素直に認めて謙虚に謝罪の言葉を述べること。

そして相手が自分にとってどれだけ大きな意味を持つのかをしっかりと伝えることです。

別れたその日から今まで、あなたの心にはどのような感情がよぎりましたか?

彼が近くにいることがどれだけ貴重な時間だったか、彼がどれだけ自分にとって大切な存在だったか、彼がいないとどれだけ寂しいか。

こういった思いを素直に彼に伝えましょう。まさに心に浮かんだままに、直接自分の気持ちを伝えましょう。

別れてから初めて気づいた彼の存在の大きさを、はっきりと言葉にして教えてあげるのです。

大好きだったあなたに振られた彼は、深く傷ついています。たとえあなたに対する恋心がまだ残っていたとしても、つらい気持ちを乗り越えるのは簡単なことではありません。

あなたが自分の過ちを後悔し、彼に対する愛情を再確認する姿を見て、彼の心は初めて動くのです。

振ったことを真摯に謝ること。そしてどれだけ彼の存在が大切であるかを本気で伝えること。復縁をお願いする場合は、この二つが大切です。

振ったのが彼の場合はそっとしておく

あなたが降られた側である場合は、どれだけ復縁したくてもしばらくは連絡しない方が良いでしょう。彼はあなたに嫌気がさしています。

そんな時にしつこく言い寄られても、もっとイライラしてしまうだけです。

つまり、自分が降られた場合は、基本的に彼からの連絡を待つのが良いでしょう。振られた相手が破局から1週間でよりを戻そうとするのは、かなり困難なことです。

彼にとっても、長いこと付き合っていたあなたを「振る」ということは、とても難しい決断だったに違いありません。何か重大な理由があってのことなのでしょう。

悩んで考えた結果、あなたを振った彼の気持ちが1週間やそこらの短期間でころっと変わるとは、ちょっと考えにくいですよね。

さらに、人間は自分の過ちを認めるのが苦手な生き物。特にプライドの高い男性は、自分の「別れる」という決断が正しいものだったと、何としてでも思い込みたいものなのです。

その思い込みを変えるのは簡単なことではありません。ましてや振られた相手から復縁を迫られても、まあ気持ちが動くことはないと言っていいでしょう。

女性にとって電話やLINEで連絡を取り合うことは何ともないことですが、男性の中にはそれが面倒で大変だと感じる人もたくさんいます。

ですから、振った相手が別れてから何度も連絡してきたら、かなりのストレスになるに違いありません。重くて面倒な女だと思われ、まずます復縁が遠のいてしまいます。

もちろん、彼の気持ちが今後変わるということもあり得ますが、結論を言えば、自分が降られた側である場合、破局後1週間でよりを戻すことは、不可能に近いです。

https://e-kantei.net/?adv_id=wp_symply

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。