2回目の復縁を成功させる方法とは?

大好きだった恋人と別れてしまい復縁をしたものの、またすぐに別れてしまうカップルは多いです。復縁したての時には好きという感情で溢れるものの、少し時間が経つとまた元に戻ってしまいます。

元々、一度別れてしまったら復縁をするのは難しい場合が多いですが、一方で何度も別れと復縁を繰り返すカップルもいますよね。今回は、2回目の復縁を成功させる方法についてまとめました。

2回目ともなると、復縁へのハードルは更に高くなります。「またかよ…」と真剣に取り扱ってもらえないからです。2回目の復縁を狙っている場合、感情の強さだけではいけません。

タイミングや心理戦を用いて、頭を使いながら復縁を狙って行きましょう!

2回目の復縁を成功させる方法とは?

本当に元彼でなければいけないのか考える

元彼について考える女性

1度復縁をした上で別れてしまったのであれば、2回目の復縁をする前に確認しなければならないことがあります。「本当に彼でないとだめなのか?」を自問自答してみましょう。

そもそも、別れには相当の覚悟がいるはずです。これまで恋人として仲良くしていた関係をゼロにするのですから、勇気がいるのは当然です。共通の友達が多い場合はなおさらその傾向は強いです。

復縁をしても再び別れてしまったということは、根本的な別れの理由が改善出来ていなかった可能性が大です。復縁をしても合わせられなかったのなら、基本的に合わない2人なのかもしれません。

一度復縁もしたけれども上手く行かなかった。また今度も同じように繰り返すかもしれない。そもそも、別れの原因をクリアしていないかもしれないと一度立ち止まって考えてみましょう。

何度も別れを繰り返すということは、基本的な性格や生活スタイルが合わないという場合もあります。本当に彼でなければダメなのか?他の男性ではダメなのか?考える余地はありそうです。

しばらく冷却期間を設ける

元彼を忘れようとする女性

2回目の復縁を申し込むのなら、元彼のあなたに対する気持ちが思い出になるくらい冷却期間をおくのがおすすめです。1度目の復縁ならば、ある程度早い段階で復縁をするのも良いでしょう。

別れた後、「寂しいな…」と思った段階でやはり元に戻りたいと言えば、相手もOKする可能性も高いです。しかし、2回目もそれではあまり良い作戦とは言えません。

元カレに同じパターンだと思われてしまいますし、1度目のようにまたすぐ別れることになると予感をさせてしまいます。それよりも冷却期間を置いて、一度完全にリセットするのがおすすめです。

あなたとの関係が完全な思い出になるくらい冷却期間をおくと、「またすぐに別れるだろう」という気持ちも薄らいできます。一度あなたとの復縁に対する思い出もリセットさせましょう。

「復縁しても…」というネガティブな感情を無くすことで、2回目の復縁を前向きに検討する可能性が高まります。

新鮮さを与えられるくらい自分磨きする

化粧を変える女性

1回目の復縁は、好きな気持ちや別れを後悔する気持ちなど、ある程度素直に言えば受け入れてもらえたかもしれません。しかし、2回目も同じではどうしても「またか…」という感情が強いです。

よく、復縁を申し込む時にはダイエットや資格取得などの自分磨きに励む方が良いという話がありますよね。2回目の復縁を申し込むのなら、内面、外見ともに自分磨きを十分に行って下さい。

通常、2回目の復縁というのは、新しい魅力を感じません。新鮮さもありませんし、「復縁したら変わるかも…」という期待も一度失っているからです。

内面も外見もスキルアップして「今度は何か違うな」「まるで別人と話しているみたい」という新鮮さを出すのがおすすめです。新鮮さを持って接することで再びあなたに興味が出るかもしれません。

元彼に好きな人がいない&弱っていることを確認する

疲れ切っている元彼

1度復縁をして別れている場合、2度目の復縁を申し込む時にはタイミングを見ることや、彼の心理状態の確認が不可欠です。好きという感情だけで推すのは無理が出てきます。

具体的には、「元彼に好きな人がいないかどうか」をまず確認するようにして下さい。好きな人がいなければ、彼女も欲しいしという理由で復縁をする人も結構います。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。