元彼から連絡がほしい!連絡してこない心理と秘密の復縁テクニック

元カレとの復縁を考えている方は、連絡が来ないと焦ってしまうと思います。こちらから思いをぶつけてしまいたくなるところですが、そこはぐっと我慢して元彼の心理をじっくりと考え、慎重に、連絡したくなる、復縁したくなるような行動をとることが一番大切です。

別れてから連絡をしてこない元彼の心理を徹底分析し、それを踏まえて連絡する際のポイント、そして復縁に持ち込むための方法をご紹介していきます。

元彼から連絡がほしい!連絡してこない心理と秘密の復縁テクニック!

復縁を願っている元彼から連絡が来ない・・・

大好きな元彼と別れてしまい、「復縁がしたい」と願っている女性は少なくないと思います。

来ないとは思っていても、元彼から、「やっぱりヨリを戻そう」なんて連絡がくることを心のどこかで期待して待ち続けてしまいますよね。

ですが何か問題があって別れた二人です。

何もアクションを起こさずに復縁ができるというのはかなり難しいことです。

しつこく連絡することはもちろんNGですが、本当にただ待っているだけでは今の状況は何も変わりません。

むしろどんどん忘れられて、元彼にとって過去のことになっていってしまうかもしれません。

そうならないために、現段階では連絡をくれない元彼と、復縁するための方法を見ていきましょう!

連絡が来なくて焦る前に、現在の元彼の心境を考えてみよう!

人間、どんな行動をするにも何か考えがありますよね。「連絡しない」という行動にも、もちろんそうなる心理が存在しています。

消極的に何もアクションを起こさなすぎたり、やみくもに気持ちをぶつけるよりも、冷静にその心理を分析して、理解しましょう。

そうすることで、今一番とるべき行動がわかるはずです。

もちろん考え方は性格やタイミングによっても人それぞれなので、いくつかの心理をご紹介します。

忘れて前に進もうと思っている

まずは、あなたが元彼のことを忘れられないように、元彼も実はまだ忘れられていないというパターン。

何か原因があって別れたにしても、やはり好きで付き合っていた彼女を簡単に忘れることができず、意識的に「早く忘れよう」と思っています。

連絡をとっていては忘れることなんてできないので、あえて連絡しないんですね。

「男性の方が引きずりやすい」という話はよく聞きますよね。

男性は目に見えて落ち込んだりする人は少ないのでわかりづらいですが、女性よりも男性のほうが過去の恋愛はひきずりやすいというのもわりと有名な話ですよね。

思いは残っているけれど、自分のためにもあなたのためにも戻らず前に進まなければ!という決心のもとに連絡を避けています。

つまり、あなたのことがまだ好きという気持ちが残っているので、復縁の可能性はかなり高いパターンになります。

お互い嫌いで別れたわけではなく、仕事が忙しくてすれ違った・転勤などで物理的に離れないといけなかったなど、お互いに想いがあった場合は、このような心理になりやすいでしょう。

嫌なところがあって別れたというわけではなく、何らかのやむおえない事情などがあって別れてしまったという方に多いと思います。

この場合は、あなたから連絡して正直な思いを伝えてみるのもいいのではないでしょうか。

このまま何もしなければ元彼も時間の経過につれてあなたのことを忘れ、本当に前に進んでしまうかもしれません。

そうなる前に「もう一度一緒に頑張ってみよう」と思えるタイミングとしては早いほうがよさそうです。

気持ちの整理ができていなくて、連絡するかしないか迷っている

こちらは喧嘩別れなど、お互いに冷静ではない状況で勢いに任せて別れてしまったという場合に多いのではないでしょうか。

喧嘩をしたときの怒りの感情のままに「別れよう」なんて言ってしまったけど、実は本心ではなかった・・・と後悔しているけれど、喧嘩になって実際にすれ違っていたのも事実なので、このまま別れたほうがお互いのためなんじゃないか?とかなり思い悩んでいると思われます。

自分から別れを切り出した手前、こちらから連絡するのも格好がつかないな・・・なんて男のプライドが邪魔している可能性もあります。

この状況での男性心理は、まだあまり冷静な状態ではないと言えます。

一見、迷っている今の段階で復縁を持ちかけたほうがまた勢いで元に戻ることができるのでは?と思ってしまいがちですが、そうではありません。

元彼が迷っているときに、あなたから行動を起こすのは、先を考えるとマイナスになるかもしれません。あなたからの押しに負けて復縁できたとしても、長くは続かないでしょう。

元彼自身も自分の気持ちを整理できていないので、あなたからの連絡で復縁することになったとしても「やっぱり違った」なんてすぐにまた別れに繋がってしまう可能性があります。

2回も別れを経験するなんて辛すぎるのでそれは避けたいというのがホンネですよね。

ここは焦ってこちらから連絡するのではなく、元彼が冷静になれるくらいまでじっくり待つのがよさそうです。

連絡するかしないか、気持ちの整理がまだできていないということは、あなたのことをまだ考えているということなので、もちろん嫌われていません。

時間はかかったとしても復縁の可能性は十分にあると言えます。

復縁したいと思っていて、連絡のタイミングを見計らっている

こちらは、元彼も今のあなたと全く同じ心境でいるということです。

まだあなたのことが好きで、別れたことを後悔しているけれど、あなたはもう自分のことを好きではないかもしれないし、連絡したら嫌がられるかもしれないし・・・でも復縁したいし・・・と悩んでいます。

または、あまり考えすぎる性格の男性ではない場合は、連絡しようとは思っているものの、仕事などが忙しくなかなか連絡できずにいるなんていうことも考えられます。

大前提として、あなたに「嫌われたくない」という心理が働いています。あなたが復縁をしたくて悩んでいるのと同じように、男性側も勇気のいる事なのです。

どちらにせよ、「あなたに嫌われたくない、迷惑をかけたくない」という気持ちでいます。

復縁の誘いをすることが怖く、勇気がいるのは女性だけではなく、男性も同じなのです。

この場合は維持をはって男性である元彼からの連絡をいつまでも待ったりするのではなく、こちらから連絡をしてみてもよさそうですね。

傷つくのが怖くて連絡をすることができない

付き合っていた二人が別れたというと、どうしても降られた側だけが傷ついたような印象を持ってしまいますが、多少なりとも振った側も傷つくのです。

好きで付き合っていたはずの相手が悲しむことを自分が言うということですから、仕方のないこととはいえ、かなり心をすり減らすことになります。

気持ちの強さや関係性などにも左右されますが、傷ついているのはお互い様なのだといえます。

なので、元彼があなたに連絡をしたいと考えていたとしても、また傷つくのが怖くて連絡することができないということです。

勇気を出して「会いたい」と伝えて拒否されてしまったら・・・と想像すると怖いんですね。

この場合も、あなたから連絡してみてもよいのではないでしょうか。

ただ、この心境の元彼は心が弱っている状況なので、いきなり長文で思いを伝えすぎるよりは「元気にしてる?」など、当たり障りのないシンプルな物のほうがよさそうです。

新しい相手がいたり、あなたへの未練は全くなく、連絡したくない

こちらはかなりショックな心理ですが、こういうことも有り得ます。

付き合いの中で圧倒的にあなたが何かひどいことをしてしまったり、気持ちがさめたことが別れの原因であったり、相手の心変わりで別れた場合などに多いのではないでしょうか。

嫌悪感さえ感じていてもう連絡はとりたくないと思っているか、嫌悪などはしていないが連絡したいとも特に思わない、関心がないなど状況によって多少違いはあります。

しかし、少なくともあなたに未練はない状態です。

ここで大切にしてほしいのは、どんなに仲良く付き合っていた相手であっても、「今はもう別れている」ということです。

付き合っていたときはあなたの連絡には必ず返信してくれていたかもしれませんが、別れた後は連絡を返さないという人も一定数います。

特に新しい好きな人や彼女がいれば、その彼女のためにも元かのとは連絡をとらないという人が多いでしょう。

と、ここまで読むと「復縁は絶対に不可能」と感じてしまいますが、難しい道のりなのは確かですが、全くありえないというわけではもちろんありません!

あなたとお別れしてしまったように、新しい彼女とも永遠に続くという保障はないからです。

もしかすると、新しい彼女と付き合う事によって、あなたが恋しくなったり、あなたの良さに改めて気付いたりする可能性もあります。

むしろ別の人と付き合うことによって、あなたのことを思い出したり、あなたのことを恋しく思ったりする可能性だってあります。

https://e-kantei.net/?adv_id=wp_symply

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。