復縁できない別れ方7選とは?

別れた元彼がまだ好きな場合、「よりを戻したいな…」と考えるのは当然です。もう一度チャンスをくれたら、次はもっと上手く付き合うと思っていても相手の気持ちもあるので難しい問題です。

復縁をするカップル、しないカップル様々ですが、その違いは何でしょうか?答えは、「別れ方」にあります。別れ方がまずいと、復縁を考える時、億劫になる原因になってしまうのです。

今回は、復縁できない別れ方のパターンについて7つ紹介します。今復縁を考えている人は、当てはまらないかチェックしてみて下さい。

また、いま交際中の人もこのような別れ方は絶対しないよう気をつけて下さいね!

関連記事:復縁できる別れ方7選とは?

復縁できない別れ方7選とは?

嘘をついて別れた

嘘をついて別れた女性

よりを戻したいと思っても、復縁が難しい別れ方のひとつに「嘘をついて別れたことを、彼が知っている」パターンです。嘘は友達同士でも嫌われる原因になるくらい重要な問題ですよね。

例えば、交際中に好きな人が出来たと言う時、あなたならどうしますか?正直に「好きな人が出来てしまった。あなたは何も悪くないけれど、本当にごめんなさい」と謝れるでしょうか?

好きな人が出来てしまったという原因を正直に話すことは、とても勇気がいることです。罵られることもあるでしょう。しかし、正直に誠実に別れの理由を話すことは悪いことではありません。

自分に好きな人が出来たことを隠し、嘘をついて別れたのに、そのことを周囲から彼が知っている場合は最悪です。「嘘をついた」「本当のことを話さなかった」ことで不誠実な印象になるからです

あんなに好きって言っていたのに、俺のことはどうでも良いのか。悪いと言う気持ちはないのかと誠実さまで疑われてしまいます。信用を無くしてしまった相手と復縁は難しいと言えそうです。

別れるときに泣きわめいた

泣く女性

復縁出来ない別れ方の代表例として、「別れ際に泣きわめいた」というのも多いです。まだ好きなのに、別れを一方的に切り出され、パニックになったり引きとめたい気持ちだったのは理解できます。

しかし、泣きわめき「絶対に別れない!」「どうして私じゃダメなの?」など泣いてすがる記憶は、意外と忘れられません。あなたは必死だったとしても、彼からは面倒な印象として残ります。

泣きわめきながら、やっと別れを了承してもらえたにも関わらず、また付き合うことで同じ状況にならないか考えるでしょう。

またあの面倒な話し合いを経て、別れまで持っていくというのは想像しただけで面倒臭いと考える男性は多いです。別れ際が悪いと、次のチャンスが巡ってきにくくなります。

略奪愛で元彼の男友達と付き合い別れた

元彼の男友達との交際

復縁が一番厳しいのは、「元彼の友達と付き合って別れた」というパターンです。これは一番やってはいけない別れ方です。

元彼の友達と言うのは、彼氏のことを知っていて何でも存在できる心強い存在ですよね。元彼と上手くいっていない時に相談をすることで、くっついてしまうのはよくある話です。

しかし、元彼からしたら友達と彼女を同時に失い、人間不信になってもおかしくない状況です。あなたはもちろん、女性との交際自体、する気が起きない場合が多いでしょう。

たとえ彼があなたのことをまだ好きだったとしても、復縁の可能性は限りなく低いです。何故なら、男性は知り合いが元彼というのを嫌います。

あなたに未練があったとしても、勘弁してと断る人は多いです。今度は自分が友達から奪い取ったというようなレッテルも周囲から貼られてしまいますし、復縁しない人が多いです。

別れを告げた元彼の反応が薄い

無関心な元彼

そもそも別れを告げた時に、元彼の反応が薄くすぐに承諾したのであれば、復縁は難しい場合が多いです。本当に好きだったり、あなたと別れたくないと思えばもっと粘るはずだからです。

「どうしてもダメなのか?」「他に好きな人が出来たのか?」「俺の何が悪かったのか?」など必死なのは好きだからです。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。