別れて1年後が復縁の狙い目である理由とは?

復縁には時間がかかるものです。ですが、実際「どれくらい時間をおけば復縁しやすくなるの?」と疑問を持つ人も多いでしょう。

お互いに気持ちが落ち着くのも差がありますし、タイミングを間違えれば復縁は失敗に終わってしまいます。

復縁の狙い目と言われるのは1年後とよく言われています。もし今復縁したい元彼がいるなら、別れて1年経っているかどうかが成功のカギになります。

ちなみに別れてから1年後が復縁の狙い目と言われるのはなぜなのでしょうか?

今回は、1年後に復縁が成功しやすい理由をまとめてみました。元彼とやり直すなら、ぜひ以下を参考にしてみてください。

別れて1年後が復縁の狙い目である理由とは?

1年たてば思い出になる

過去の思い出

そもそも復縁はなぜ時間がかかると言われるのでしょうか。それは、お互いに嫌な気持ちが緩和されるまでに時間がある程度必要だからです。

何でも嫌なことがあったあとは、思い出さないようにしていても自然と嫌なことばかりを考えてしまいます。別れた後は、しばらく喧嘩していたことや相手の嫌なところを思い出してしまうでしょう。

ですがそんな嫌な思いも、実際は長くても半年くらいしか続かないことが多いです。

嫌な気持ちが緩和されるからこそ、人は幸せや楽しさを感じることができるのと同じですね。別れて嫌な気持ちがずっと続くなら、誰だって新しい恋を始めようとは思わないでしょう。

そのため、半年くらい経った頃からは、元彼・元カノとの良い思い出を振り返りやすくなります。いつまでもウジウジしていること自体がばからしく思えてくる部分もあるでしょう。

楽しい事だけではなく、嫌だったことも時間が経てば良い思い出になります。喧嘩したけれど、そんな時間も愛おしいものだったと思えるのです。

そんな風に気持ちが整理されるまで、十分時間を取るには1年ほど待つことが大切なのです。

ちょうどあなたのことを思い出している

思い出す女性

1年経つと、別れた節目としてお互いのことを思い出すきっかけになります。

復縁を成功させるためには、良いきっかけで連絡を取り始めることが効果的だと言います。なので、1年の節目を迎えた頃が一番お互い好意的に接しやすいのです。

元彼はちょうどあなたのことを思い出して、「1年前はこうだったなぁ」と懐かしく思っているはずです。

別れ方があまりにひどくなければ、少し嫌だったこともひっくるめて良い思い出に変わっているでしょう。あなた自身も、気持ちを整理した状態で元彼と接することができるはずです。

そして、懐かしさを感じると、「今は何をしてるんだろう?」という興味から会いたいという気持ちが生まれます。

お互いに昔を懐かしむ気持ちがシンクロすれば、より復縁は成功しやすくなるはずです。

一回り成長している

成長する男性

人は時間が経てばある程度成長するものです。特に、失恋という悲しい経験は人を精神的に成長させてくれます。

失恋したての頃はつらいですが、悲しみを乗り越えると、前の失敗を冷静に振り返ることができるようになります。

すると、失敗したときよりも精神的に大人になれる場合が多いです。失敗を乗り越えてこそ、一回りお互いに成長できるのです。

1年経ったくらいの節目がお互いを前よりも大人にしてくれているため、復縁には良いチャンスなのです。元彼には成長した自分をアピールできると良いですね。

偶然を装うと運命を感じやすい

運命の赤い糸

復縁するしないは置いておいて、別れてちょうど1年後に再会したり連絡を取り合うと運命を感じてしまいませんか?

「一度は別れたけど、やっぱり惹かれ合う運命だったのかも…」と、根拠のないことでも信じたくなってしまいますよね。

偶然を装って元彼に会いに行ったり、連絡したりすると、同じように運命的なものを感じてもらいやすいのです。元彼も自然と復縁を考えてしまうかもしれません。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。