復縁は諦めない心が大切な7つの理由とは?

別れた彼と復縁を希望していても、先行きが見えないこともありますよね。もう元彼からは着信拒否をされて連絡が取れない状況だったり、新しい彼女がいる場合もあるでしょう。

「自分も次の恋に進もう!」「元彼なんかより良い人はたくさんいる!」そう思おうとしてもなかなか感情は切り替わりません。自分だけが過去の恋愛から進めないと、余計に焦ってしまいます。

しかし、復縁には諦めない心が何よりも大切です。ストーカーのような執着はいけませんが、一途さが大逆転を起こすこともあります。

今回、復縁には諦めない心が必要な理由についてまとめました。「もうだめかも…」と心が折れそうな人は、ぜひ参考にしてみて下さいね!

復縁は諦めない心が大切な7つの理由とは?

男性が弱ったときに思い出すのは元カノのこと

弱っている元彼

男性は、結構過去に浸る生き物です。女性よりも過去の栄光や自慢話をしたがることも多いですよね。「俺のこと、まだ好きかな…」と淡い期待を描くのも女性より男性の方が多いです。

よく、男女の新しい恋愛の進み方の違いについてこんな例え話を耳にします。女性は次の恋に進む時、道を曲がる。たとえ振り返っても、もう曲がった後なので後ろに元彼の姿は無い。

しかし、男性の場合は違います。道を曲がらずに、一本道のまま次の恋に進むので、少し嫌なことがあると後ろを振り返り、元カノのことを確認するというのです。確かにこれは、一理あります。

特に男性は、自信を持って進んでいる時には振り返らないものの、弱ったり、自信をなくした時に元カノのことを思い出します。「こういう時はあいつがいつも…」と大切さに気付くのです。

復縁は、「好き」という気持ち以外にもタイミングが大切です。彼の気持ちが元カノに向いていない時にアプローチしても逆効果です。必ずチャンスは来るので、その時を待ちましょう。

思い出は美化されやすい

楽しかったころの思い出

どんなに嫌な別れ方をしたとしても、大抵のことは別れてしまえば美化されます。別れた当初は「あんな奴!」と怒っていても冷静になった時に、自分自身も反省するからです。

「俺ももう少し、こうすれば違ったのかも…」「あいつも悪い面ばかりではなかった…」など、批判だけで終わることはありません。別れて会わなくなった後は、嫌なところも実感しないですよね。

すると、一緒に遊んでいた楽しかった頃の思い出ばかりが蘇り「どうして別れてしまったんだろう」と後悔する男性も多いです。思い出は美化されやすいので、復縁のチャンスはゼロではありません。

もしも彼に新しい彼女ができたとしても、彼女の嫌なところは現在進行形で見ることになりますが、元カノは違います。楽しかった頃の思い出と一緒に元カノの方が…という思考になりやすいです。

別れた当初は、自分も激しく後悔していたり、早く関係を修復したくてしつこくしてしまいがちですよね。でもそれでは逆効果です。それよりも思い出が美化された頃を狙うのが効果的です。

一度好きになった女性を嫌いになることは少ない

ラブラブそうな女性

男性は、なんだかんだ言っても一度好きになった女性のことを心から嫌いになる人は少ないです。周囲が「別れて良かったよ!」というような女性でも、「良いところもあったんだ」とかばいます。

嫌われていない以上は、復縁の可能性は残されています。それに、男性は一途に自分を思ってくれていたという気持ちにとても弱い面があります。

そんなに自分を思ってくれるなら…と前向きに検討する人もいるでしょう。もちろん、これは普通の別れ方をしていたらの話です。

別れ際にひどい罵り方をしたり、彼の親友と浮気したという場合は難しいです。男性は、意外にナイーブな人が多いです。元カノではなく過去されたことを振り返るようだと復縁は厳しいです。

諦めなければチャンスは訪れる

チャンスを掴む女性

復縁を願っている時に、彼からも復縁の申し込みがあったり、周囲が協力してくれるというのは、非常に恵まれた環境です。でも、実際にはそこまでラッキーな人は多くはありません。

着信拒否や既読スルーをされて連絡が取れない人もいますし、新しい彼女が出来てもう見込みがない人もいるでしょう。友達には戻れても、彼女のポジションには戻れない人もいます。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。