復縁なんてありえないと考える人の理由とは?

「別れた元彼と復縁したい!」と未練たっぷりに、いつまでも引きずっている人は少なくありません。しかし「復縁なんてもってのほか!」と元彼と会うこと自体を嫌う人も多いです。

元彼と復縁したいかどうかは、自分が振った立場であるか、振られた立場であるかにも左右されます。また、別れの理由が納得のいくものだったかどうかでも左右されることが多いです。

今回は、「復縁なんてありえない」と考える人達の理由についてまとめました。未練があるというわけではないけれど、復縁をした方が良いのか迷っているという人は、ぜひ参考にして下さいね!

復縁なんてありえないと考える人の理由とは?

世の中に男性はいくらでもいる

世の中の男性

別れた恋人と復縁なんてあり得ないと思っている人は「男なんていくらでもいる」と考える傾向があります。世の中の半分は男性なのに、なにも別れた彼に執着する必要はないと感じています。

別れるまでに思考錯誤をして、関係をやり直そうとしたけれども上手くいかなかった。彼にも良いところはあるが嫌なところも同じくらい知りつくしている。覚悟して別れたなど背景は様々です。

世の中にはたくさんの男性が溢れているんです。上手く行かなかった彼に固執するより、新しい彼とワクワクを楽しんだ方が精神的にも楽だという考え方です。確かに、一理ありますよね。

1度上手く行かなかった人と復縁するのは、相当の努力が必要です。別れの理由になった原因を、お互いが歩み寄りながら改善することが求められるからです。

せっかく恋愛を、改善するために努力するよりは、新鮮な恋愛を心から楽しむ方が良いという意見もアリな人は少なくありません。

人はそうそう変わらない

人のダメな部分

復縁なんてありえないと考える人は、「人はそうそう変わらない」ということを知っています。知っているからこそ、復縁しても無駄になると考えている人は多いです。

別れを後悔している。もうこんなことしないから。変わるから。好きだからもう一度やり直したい。そのような熱い気持ちを受けると、どうしても彼が変わってくれたと期待したくなりますよね。

分かってくれた!きっとこれからは変わってくれると喜ぶ人もいるでしょう。心の底から喜ぶ人もいますが、実際は半信半疑なものの彼の可能性を信じたいという人も少なくありません。

しかし残念ながら別れている間や復縁直後は優しいものの、付き合いが長くなると結局また同じパターンになることも多いです。これまでの生活パターンや考えなど、人はそうそう変わらないのです。

復縁をしたところで、変わっていないところを目の当たりにしてガッカリしてしまったり、また別れを選ぶのは時間の無駄です。それよりも次の人を見つけた方が良いと考える人も多いです。

信用できない

不信感の募る女性

復縁を考えない人の多くは「もう信用できないから」という理由を持つ人が多いです。例えば、別れる時に許せない一言を言われた。浮気をされて別れた。嫌なところを知りつくしたなどがあります。

たとえ、彼が本心から言った言葉ではなく、別れの時に苦し紛れに言ってしまった言葉だったとしても、許せないのです。復縁を迫られたとしても、こちらからお断りだと言う人も少なくありません。

復縁をするには信頼関係が何よりも大切です。お互いに反省していること。別れの理由を改善するように努力すること。何より、「今までとは違う。今度は大丈夫」と思わなくてはなりません。

たとえ元彼のことが好きで、復縁したいと思っていても、実際には信用できず、別れたままのケースも多いです。日常に戻った時、ふとした言動で以前の別れの原因を思いだしてしまいます。

違和感がつきまとう

違和感を抱く女性

別れたら復縁をしない人は、復縁をしても1回別れたことを思いだすので違和感が残ると言います。この違和感とは何でしょうか?例えば、はじめて付き合う場合、恋愛に100%で浸れますよね。

彼が好きだ。もっと会いたい。ずっと一緒に入れたら良いなと恋愛を100%で楽しむことが出来るでしょう。純粋に彼の言動に一喜一憂して、余計なストレスを溜めることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。