復縁するか迷う…元彼に復縁を迫られたときに考えたい7つのことは?

元彼から復縁を申し込まれたらどうしますか?「嬉しい!私も戻りたいと思っていた!」と喜ぶでしょうか?「絶対嫌!あり得ない!」と迷惑でしょうか?

それは、別れた状況や元彼の性格にもよりますよね。でも、実際には好きでも嫌いでもなく、「どうしようかな…」と迷う人も多いです。以前の恋人だから他の人よりは情がある場合もあるでしょう。

しかし、ここで迷うのが「でも別れたし…」という事実です。何かしら、嫌なことがあって別れているのでもう一度というのは相当の勇気がいります。

そこで今回は、「元彼に復縁を申し込まれた時に考えたいこと」についてまとめました。ぜひ、参考にして下さいね!

復縁するか迷う…元彼に復縁を迫られたときに考えたい7つのことは?

別れた原因を解消できているか

別れの原因

まず大前提として、復縁を申し込まれたら「別れの原因を解消できているかどうか」を確認するようにして下さい。元彼は付き合いたいので嘘を言うかもしれません。

できれば共通の友達など、第三者の目を通した確認が良いでしょう。別れの原因には種類があります。本人の努力で克服できるものと、自分ではどうにもならない場合です。それを見極めましょう。

例えば、まともな職についていなかった場合、正社員への就職を決めて復縁を申し込んでいる。借金があったのなら、全て支払いが完済して復縁を申し込んできているなどです。

別れた原因が解消されていないと、結局はまた、同じ原因で別れることになってしまいます。「好きだから」という気持ちだけではどうにもなりません。

「好き」の気持ちが落ち着いた頃に、現実が見えたり、過去と同じことを繰り返します。「やっぱり…復縁OKするんじゃなかった…」と後悔しないよう、最初にチェックしておきましょう。

元彼が本気かどうか

本気で復縁したがる元彼

復縁を申し込まれたら、その気持ちが本気かどうか、彼のことをよく観察するようにして下さい。長く付き合っているカップルなら、彼の態度や言い回し、表情で分かるはずです。

分からない場合は、一旦返事を保留にして彼の態度にムラがあったりしないか、気持ちは一貫しているか試しましょう。特に本気かどうか分かるのが、復縁の時の告白の言葉です。

「お前とやり直したい」「やっぱり好きだって思った」というこを行った時、反省をしている言葉が出るか確認しましょう。例えば、「前はお前に寂しい思いをさせたと思っている」などです。

自分も悪かったという気持ちと、今後はこうしたいという気持ち。だから、もう一度付き合って欲しいというお願いの告白は期待ができます。

逆に、「好きって言っているじゃん!」というような態度なら止めた方が良いでしょう。結局、自分の気持ちを一方的に押し付けているだけなので、付き合っても上手くいかない可能性が高いです。

思い出を美化していないか考える

元彼との楽しかった思い出

一度は好きになった人に再度告白されると、よほど嫌っていない限り、心が揺れる女性は多いです。やはり彼の良いところも知っていますし、寂しい気持ちもあるので告白は嬉しい人がほとんどです。

自分をそこまで思っていてくれたのかと感動する人もいるでしょう。しかし、舞い上がるのはまだ早いかもしれません。まずは、「思い出を美化してはいないか?」よく考えてみましょう。

どんなに揉めた修羅場でも、時が経って感情が静まれば、楽しかった頃の思い出ばかりが残りがちです。美化によって、元彼がとても良い人として記憶されていることもあるでしょう。

そんな時には一度、「そもそも何で別れたんだっけ?」と考えましょう。そういう嫌な部分もあったなと再認識した上で、それでももう一度付き合いたいと思ったなら、受け入れて下さい。

彼氏が欲しいだけでないか

彼氏を欲しがる女性

元彼が好きって言ってくれると、嬉しくてついついすぐにOKの返事をしてしまいそうになる人は多いです。でもそこで大切なのは、「自分は本当に彼が良いのか?」と考えなくてはいけません。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。