復縁でプライドの高い男性とよりを戻す7つの方法とは?

プライドの高い男性は、一度決めたことを取り消すのに大きな抵抗があります。自分の間違えを認めるということは、プライドが許さないのでしょう。

そのため、あなたが復縁したいと思っても、そう簡単にはいきません。別れてしまった人と、もう一度やり直すという概念がないのです。

また別れた途端に壁を作り、自分の気持ちを隠してしまう傾向が強く見られます。復縁したいという気持ちにも蓋をしてしまうでしょう。

そんな気難しい相手であるプライドの高い男性と復縁をするには、どうしたら良いのでしょうか。今回はその方法を7つ紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

復縁でプライドの高い男性とよりを戻す7つの方法とは?

復縁することを正当化する

復縁を正当化する人

プライドが高い男性は、失敗や間違いを認めません。どんなに後悔する出来事があっても『自分はいつでも正しい』ということを主張していたいのです。

恋人と別れた時も、別れた事実を正当化させようと必死になります。別れたこと間違いではなかったと思うための理由をたくさん考えるのです。

そして『あの時別れたのは正解だった』と思うことで気持ちを落ち着かせます。だからこそ復縁すること自体が自分を否定してしまうようで、踏み込むことができないのです。

そこで、まずは復縁するということの概念を変えていきましょう。

復縁とは、『別れたことが間違いだからするもの』ではありません。
復縁とは、『別れたからこそ深まる愛情』です。

それを男性に主張してください。復縁をすることは、別れを選択したことを否定することにはなりません。復縁も愛情の一つの形なのです。

復縁することを正当化することで、男性の復縁に対する偏見が解けるでしょう。そうすればプライドに傷がつくことなく復縁ができるのです。

男性を優位に立たせる

男性優位の恋愛

プライドが高い男性は、優位に立つことで気持ちが満たされます。人に見下されてしまうことは、もっとも嫌なことですからね。

そこで復縁する時には、男性を優位に立たせましょう。『そんなに俺と戻りたいのか』と思わせることで、プライドを高く維持できます。

  • 別れの原因をつくったのは私
  • 交際期間中に悪かったのは私
  • よりを戻したいと願っているのは私
  • ずっと未練が消えないのは私

このように、すべて自分が元凶になっていることを伝えてください。そのうえで、懇願するように復縁の気持ちを伝えるのです。

別れた原因も、復縁のきっかけも、すべては女性にある。そう思うだけで、男性は優位に立つことができます。そして復縁に対して前向きに考えてくれるようになるのです。

過去の話よりも未来の話をする

未来の話

プライドの高い男性は、過去の話を思い出して話すようなことは好きではありません。その過去は一度失敗し、別れにつながっているものだからです。

悪い言い方をすれば『汚点』となっている思い出したくない過去なのです。プライドの高い男性は、過去の栄光にはすがりますが、過去の汚点は消してしまいたいという傾向があります。

そのため、過去ではなく未来を見据えた言葉を使いましょう。

たとえば、
『あなたと付き合っていた時は、とても楽しかった』
『初めてのデート、すごく緊張したけど楽しかったよね』
『昔2人で結婚の約束までしていたよね』
というような昔話を復縁の引き合いには出さないようにしてください。

『あなたとなら幸せな家庭を築いていけると気づいた』
『これから先もあなたと笑って歩いていきたい』
『私の横にはあなたがいることしか想像できない』
というように、未来の話の中に自分と相手を存在させましょう。

自分の将来には、あなたが必要であることを伝えるのです。プライドが高い男性には、過去ではなく未来で訴えかけるのが効果的な方法です。

褒めて持ち上げて気分良くする

褒める女性

プライドが高い男性は、人からの評価を気にします。自己評価よりも、断然に他己評価を意識するものでしょう。

そこで男性を褒めて持ち上げ、気分を良くさせてください。いかに他己評価が高いかを教えてあげましょう。彼女であったあなただからこそ、知り得た情報を提示するのです。

「いつも素敵な彼氏でいいなって言われていたんだよ」
「あんないい人となぜ別れたの?って周囲に責められる」
「いい男は失って後悔するものって聞いたけど、本当だね」

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。