復縁のチャンスはどんなとき?

恋愛も復縁も、すべてはタイミングが大切です。チャンスがきた時に、きちんと掴むことができるかどうかが復縁のポイントだといえるでしょう。

しかしチャンスというのは、突然くるものです。また明確に目で見えるものでもありません。そのため、気づくと逃していることもあるものです。

復縁のチャンスっていつ?
復縁するには何をきっかけにする?

今回は復縁のチャンスについて、具体的に紹介していきます。どうにかして元恋人と復縁したと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

復縁のチャンスはどんなとき?

別れてから初めて再会したとき

再会するカップル

別れてから何度も会ってしまうと、復縁のチャンスがどんどん失われてしまいます。そこで別れてから初めて会う時を復縁のチャンスにしましょう。

『鉄は熱いうちにうて』という言葉がありますよね。熱が冷めないうちの方が、相手の気持ちを動かしやすいものです。時間がたつとかたまってしまいます。

ポイントは、

  • 別れてから初めて対面する
  • まだ相手に未練や情がある

ということです。

別れて初めて会う時は、お互いに意識をし合っているでしょう。意識が高い時こそ、復縁できる可能性が高い時です。

そのチャンスを逃さないように、2人の距離を縮めましょう。

相手が自分の近況に興味をもったとき

元カノの近況に興味を持つ元彼

別れると、少なからずお互いのことは気にするでしょう。今まですべて把握していたので、知らないことに違和感を持つのです。

『今何しているのかな?』
『仕事はちゃんとやれているのかな?』
『もう新しい出会いを探しているのかな?』

そんなことを考えてはモヤモヤします。しかし別れてしまった恋人の近況を聞くことには、大きなためらいがあるでしょう。そして我慢をします。

そんな時に、相手から近況を探るような連絡がくることがあります。興味を抑えられなかったという証拠です。あなたに連絡することを我慢できなかったのですね。

復縁の大チャンスです。今相手は、あなたに対して再び興味を持っています。離れた心を取り戻したいと願っているのです。

相手が自分の近況に興味を持った時には、可能性のあるような返事をしてください。そして相手から復縁を提案しやすい空気を作るようにすると良いでしょう。

たとえばLINEで、
『最近どう?新しい恋人できた?』
と探りが入ったとします。

その場合は、
『毎日寂しいよ』
『忘れるのは難しいことだね』
と今でも未練を持っているように返事をします。

そうすれば相手は、告白しやすい環境になりますよね。上手く復縁につながるような会話を続けてチャンスを掴みましょう。

相手が困ったり弱ったりしている

困る元彼

元恋人が何かに困ったり、弱ったりしている時は、心の隙間に入るチャンスです。あなたが、一番の味方になり、一番の支えとなりましょう。

元恋人であることで、相手がどんな時に落ち込むかは知っているはずです。同時にどうしたら元気になれるかもわかっていますよね。他でもない元恋人だからです。

もし下を向いている様子であれば、まず話を聞きましょう。きっとあなた対してであれば素直に話せることも多いでしょう。そして頼って甘えてくることもあるはずです。

あとはその状況を上手く復縁のチャンスにしてください。

『やっぱり隣で支えていたい』
『ずっとそばで見守っていたい』

このような言葉を伝えるのです。弱っている心には、大きく響くでしょう。そして自分を理解して支えてくれるのは、この人しかいないと認識してくれるのです。

誕生日やバレンタインなどの特別なイベント

バースデーケーキ

復縁はタイミングがないと、なかなか動き出すことができません。別れてから、どれくらいの期間を空ければ良いのかわからず結局ズルズル時が過ぎてしまうでしょう。

しかしタイミングやチャンスをひたすら待っていても、それがくる保証はありません。そこで、チャンスとなるきっかけを自分で作るようにしましょう。

きっかけにするのは、何でも良いのです。日本には恋人のためのイベントも数多く用意されているので、イベントに便乗するのも良いですね。

  • 相手の誕生日
  • バレンタイン
  • ホワイトデー
  • クリスマス

あとは2人の交際記念日などもおすすめです。このようなイベントがあると、相手に勇気を出して連絡するきっかけになります。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。