復縁は電話とメールのどっちがよいの?

復縁は電話とメールのどっちがよいの?

元彼との復縁を目指している女性にとっては、1回1回の連絡がとても大切です。手段を間違えて雰囲気が悪くなったらどうしようと悩んでいる人も多いでしょう。

復縁をしたいのなら、基本的にはメールがベストです。電話は事前準備が大切ですが、久しぶりのやりとりだと支度を十分整えることができない場合が多いからです。

しかしだからと言って、電話は絶対ダメというわけではありません。メールにはない電話の良さを活かせる状況なら、かたくなに避ける必要はないのです。

そこで今回は、復縁したいときの連絡手段として電話が良い場合とメールが良い場合をそれぞれ紹介していきます。

電話がよい場合

単刀直入に考える元彼の場合

単刀直入な彼氏

同じ言い回しをしても、気持ちを口頭で伝える電話と文字で起こすメールやLINEとでは伝わり方が違います。誠意が見えるのは、声色やトーンから感情が伝わる前者です。

もちろん復縁を望んでいることは、文章のやり取りでもバレます。しかし、復縁するために大切なのは誠意が見えることです。

LINEなどは、伝えていることはわかっても本気なのか冗談なのかが分かりにくいです。そのため、回りくどいとマイナスな印象を与えてしまう恐れがあるのです。

男性というのは、答えを明確に出すことを好みます。曖昧なままでは気分が悪くなるため、回りくどい言い方をされるのを嫌う人も多いです。

つまり、世の中には復縁したいと思っているなら単刀直入に打ち明けてほしいと思う男性もいるのです。

もし元彼が単刀直入に考えることを求めるタイプなら、メールはおすすめしません。電話で想いを伝えなければ、復縁できる可能性は低いでしょう。

自分の気持ちを伝えたい

彼を好きな気持ち

自分の気持ちを確実に伝えたいと思っているなら、電話の方がおすすめです。メールだと思ったように受け取ってもらえず、終わってしまう場合も考えられるからです。

まずは、一度自分の気持ちとしっかり向き合ってみてください。

とにかく復縁するために距離を縮めたいと思っていますか?それともしっかり自分の気持ちを伝えたいという思いも強いのでしょうか?

復縁したいという気持ちを伝えるのは、メールでも難しくありません。ストレートにやり直したいと言葉にすれば、間違った形で捉えられることはそうないはずです。

しかし、話し方や声の様子からも感情が伝わる電話ならまだしも、文字だけのメールでは本気度が伝わりにくいのです。

また、対面や電話などリアルタイムのやりとりとは違い、メールは各自のタイミングでレスポンスすることができます。

会話が途切れるリスクも高く、復縁したいことを伝えられないリスクもあるのです。

復縁したいという気持ちは伝わっても、あなたが抱いている想いはメールでは伝わりにくいです。

復縁が上手くいくかどうかと同じくらい自分の気持ちをしっかり伝えたいのなら、確実に届く電話にすべきです。

付き合ってた頃から電話の方が多かった場合

電話する女性

復縁するのに電話とメールどちらを使うべきかを考えるとき、付き合っていた当初のやりとりの仕方も1つのヒントになります。

つまり、付き合っていたときによく使っていた方の手段で連絡してみるということです。電話かメール、どちらが2人の間で主流だったかを思い出しみてください。

今まで電話が多かったのにメールで連絡するなどは、2人の間に距離を作ってしまいます。

いきなり馴れ馴れしくすることはおすすめしませんが、極端に他人行儀でいては距離が縮まりません。

今までと同じ手段で連絡することで親密だった頃を思い出してもらえれば、2人とも自然体で話すことができるはずです。復縁の成功への一歩となることでしょう。

特に付き合ってた頃から電話の方が多かった場合は、悩む必要はありません。

メールよりも自分の気持ちが伝わりやすいため、相手の負担にならないようなら積極的に電話を使うといいでしょう。

またそもそもLINEのやり取りが少なかったのに、あえて慣れていない方法で連絡すればギクシャクしてしまう可能性もあります。良い雰囲気で会話するためにも電話の方が良いでしょう。

電話する理由があるとよし

電話の理由

電話の大きな欠点は、出てもらえない場合があることです。復縁を迫ろうにも繋がらなければ、一言も相手に気持ちを届けられないのです。

基本的にはメールの方がリスクが少なくはなるのは事実です。しかし、確実に出てもらえる、聞いてもらえる理由があるのならわざわざ電話を避ける必要はありません。

たとえば、彼と盛り上がれる話題がある場合は、文字でのやりとりでは盛り上がりに欠けます。電話でお互いのテンションが伝わった方が、より距離が縮まるはずです。

復縁をするためという理由だけでは、あなたからの電話に良いイメージを持てなくなってしまいます。出てもらえないのなら、かけ続けてもむしろマイナスにしかなりません。

日頃の関わり方や関係性から電話する理由があるという人は、積極的にかけて復縁するために距離を縮めていきましょう。

メールがよい場合

冷却期間後の場合

久しぶりの連絡

冷却期間後の場合は、メールの方が良いと言っていいでしょう。

なぜなら、元恋人から久しぶりの電話というのは誰だって出にくいからです。かけてきた理由や何を話せばよいかがわからず、無視してしまう人も多いのです。

別れた直後というのは、どんなカップルも一定の距離をとるものです。今までと変わらない関わり方をしていたら破局の意味がなくなり。早く忘れて前に進むためにも連絡は取り合わないでしょう。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。