復縁後うまくいく7つの方法とは?

元彼と復縁できると、とても幸せですよね。

復縁は難しいとよく言われているので、成功できただけでもうれしい気持ちでいっぱいなはずです。だからこそ、せっかく取り戻した彼との関係を再び壊すようなことはしたくないはずです。

二度別れるようなことになれば、なかなか三度目の復縁なんて叶わないもの。失敗を恐れるあまり、復縁してもぎこちなくなってしまう人も多いでしょう。

では、失敗を恐れずありのままでいながら、復縁後にも彼とうまくやっていくためにはどうすれば良いのでしょうか。今回は、復縁後にうまくいく方法について紹介していきます。

復縁後うまくいく7つの方法とは?

愛情を伝えあう

愛情を伝えあう男女

復縁後は、ぜひお互いに愛情を伝え合うことを忘れないでください。恋人同士にとって愛情を伝え合うことは当たり前のことかもしれません。

ですが、復縁カップルは何かと後ろめたさが残って、気まずい関係になりがちなのです。そのため、当たり前のように愛情を伝えることも、ぎこちなくなってしまうのです。

気まずさを解消するためにも、意識的に愛情を伝え合うようにしましょう。何気ない瞬間でも、彼を好きだと感じたら好きだと伝え、彼の良いところはいつでも褒めるようにしていきたいですね。

自分自身が愛を伝えることに気をつけていれば、彼も応えてくれるはずです。愛情を伝え合っているカップルには、幸せな雰囲気が出来上がります。

するとお互い一緒にいることが自然と楽しくなり、気まずくなることなんて全くなくなるはずです。

過去の話はなるべくしない

過去の話はしない女性

昔のことを気にしてしまう気持ちは分かりますが、過去の話はなるべくしないようにしましょう。昔の楽しかった思い出を振り返りたいときもあるかもしれません。

ですが、楽しかったことと同時に、嫌なことを思い出してしまいがちなので、あまりオススメはしません。過去の話をすると、どうしても別れに繋がった出来事がよみがえってしまいますよね。

復縁後、関係をうまくいかせるためには、嫌なことに極力触れないでおくのが一番なのです。復縁後の関係を楽しもうとしても、どこか気まずく感じてしまう部分は絶対にあるものです。

だからこそ、嫌な気持ちになるようなきっかけは、少しでもなくしておいた方が良いのです。過去の話より、直近のことで話題を盛り上げるようにしましょう。

大事なのは、今再び良い関係を作っていくことですから、過去の思い出話に頼る必要なんてないのです。

1回目の失敗を生かす

もめるカップル

復縁後うまくいかなくなるカップルによくあるのは、やはり1回目の失敗を繰り返してしまうことです。同じことでもめていては、結果的にまた別れることになるだけです。

1回目の失敗を活かし、同じような結果にはならないように努めることは最低限必要でしょう。例えば元彼が不機嫌になりやすいことには触れないなど、最初は細かい部分まで気を配ると良いですね。

お互いの欠点が改善されていないなら、今後どうしていくか話し合う時間を取るのも良いでしょう。復縁後、うまくやっていけるかどうかは前回の失敗を活かせるかどうかに懸かっています。

失敗を軽視することなく、お互いに解決していく姿勢を持ちましょう。せっかく復縁できたのですから、同じことで喧嘩したり気まずい空気になるのではバカらしいですよね。

思いやりの心を持つ

思いやりを持つカップル

基本的には、今まで以上に彼に対して思いやりの心を持つように心がけましょう。特に、1回別れたカップルは別れることを繰り返しやすいのです。

お互いにダメな部分を許せる広い心を持つことができなくなってしまい、すぐに別れを切り出そうとしてしまうのです。

別れを経験していないカップルと比べて、すぐに別れが選択肢に上がってきてしまいやすいのですね。そのため、よりおおらかな気持ちで彼に接することが大切なのです。

一度くらいの失敗は許す姿勢、ささいなことでイラつかない心を持つことなど、気をつけられる点はたくさんあります。

思いやりの心を持つことができれば、本当に小さないざこざやすれ違いが減っていくものです。長く付き合っていれば、お互いに受け入れがたいところはいくらでも出てくるでしょう。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。