彼氏がデートをめんどくさいと思う5つの理由

やっとできた念願の彼氏。私としては週末ごとに会いたいし、メールも電話もたくさんしたいと思うのに…。なぜか彼氏はそうでもない様子。

いつまで経っても次のデートの日程が決まらないなんて…ありえない!!自分と彼との気持ちに温度差があると感じるとき、その差を埋めようとして焦ってしまいますよね。

自分の気持ちを伝えたり、すねてみたり、怒ってみたり…。でも、そんなあなたの態度は逆効果の場合があります。

もしかすると、あなたの彼氏は「めんどくさがり彼氏」なのかもしれません。あなたへの愛情がないわけではありません。とにかくめんどくさがりな面が出てしまうのです。

これは、そんな「めんどくさがり彼氏」を持つ悩める彼女のための記事です。なぜ、あなたの彼氏がそんなにめんどくさがるのか、理由と対処法をお伝えします。

彼氏がデートをめんどくさいと思う5つの理由

ショッピング疲れする男性

あなたからの毎週のデートの催促を、右に左にと受け流している彼。最初は、単純に予定が合わなかっただけだと思っていたのに、どうやらそれだけではないみたい。

あなたにはデートをしない理由が分かりません。やきもきして、気付いたらため息を連発…なんてことになっているかもしれません。実は理由は単純です。

彼は「めんどくさい」と思っているだけなのです。「えっ…」と思われるかもしれません。あなたに愛情はあり、付き合いは続けていきたいと思っているかもしれません。

けれども、彼女が要求する頻度のデートは「めんどくさい」と感じているのです。
なぜそう思うのでしょうか。「めんどくさがり彼氏」の5つのパターンを見ていきましょう。

たまには一人の時間を過ごしたいタイプ

図書館で読書する男性

仕事、あるいは学業やアルバイトに疲れている彼氏。いつも気疲れして毎日を送っています。そのため、休日は誰に気兼ねすることもなく一人でゆっくり過ごしたい、と感じていることがあります。

あなたは、休日に恋人と会うのが何よりのリフレッシュになるはず、と思っているタイプなのかもしれません。それに、友達カップルは休日のたびに遠出をしたり、買い物に出かけたり…。

そんな話を聞くと、とてもうらやましく感じるのかもしれません。休日は恋人に会ってリフレッシュしたいタイプの人もいますが、中には休日のデートをおっくうに感じるタイプの彼氏もいます。

そんな彼氏の場合、無理にデートの約束を取り付けて外に連れ出すと、デートがますますめんどくさくなってしまうことがあります。

時には、一人の時間を過ごしたいと感じる彼氏を尊重してあげることも必要でしょう。しかし、外に出たくないと感じる別の理由もあります。

人混みや遠出をするのが苦手なタイプ

バスの列に並ぶ人々

男性に限らず、人混みが苦手な人がいます。人混みにいると頭痛に悩まされることもありますし、まったくリラックスできないせいで、ひどく疲れてしまうこともあります。

あなたが外に出ない彼に不満を持っているとしたら、あなた自身は彼氏と正反対のタイプなのかもしれません。あなたは大好きな彼氏と、人気のスポットに出かけるのが大好きなアクティブ女子。

それに対し、彼氏は家や静かなところで過ごすのが大好きなインドア男子なのでしょう。このような場合は、まずはお互いのストレス発散方法がまったく異なることを理解してください。

そして、自分は外に出てストレスを発散させたいことを伝えてみましょう。アウトドアとインドアを織り交ぜて、お互いの妥協点を探ってください。

不満を彼氏に対して一方的に爆発させるやり方は避けてください。自分も、同じ要求をされたらどのように感じるかを考えて、歩み寄ることが大切です。

デート中に気をつかうのがめんどくさい

女性に指摘され狼狽する男性

「最初は頻繁にデートをしていたのに、徐々に頻度が減ってきた。待ち合わせ時間も徐々に遅くなり、会う時間が短くなってきた。」

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。