浮気と勘違いしがちな7つの例とは?

いつまでもラブラブが続くと思っていても、男女に「絶対」ということは存在しません。どちらかに好きな人ができてしまったり、恋愛対象に見れなくなって別れることもあるでしょう。

また、知らないうちに二股をされていて、しかも自分が浮気相手の方だったなんてことも絶対ないとは言えません。他人事だと思っていたら意外と身近にあるそういう話ですが、勘違いも多いです。

「絶対に浮気だ!」と思いこんで彼を責め立てたり、友達に言いふらした結果、実は彼は潔白で恥をかくことはよくある話です。今回は、「浮気と勘違いしがちな行動」についてまとめました。

勘違いとはいえ、聞く耳を持たずに彼を責め過ぎてしまったら「信用していない」と逆に責められかねません。7つのパターンをよく読んで、参考にして下さいね!

浮気と勘違いしがちな7つの例とは?

親戚と歩いていた

姉と歩く彼氏

浮気と勘違いをしてしまいがちな、よくある偶然として「親戚と歩いていたところを発見する」というのが挙げられます。「女の子と2人で歩いているなんてデート?」と気にしてしまうのですが…。

歩いているからと言って即浮気だと判断するのは待って下さい。もしかすると、彼の妹やお姉さん、いとこなど家族や親戚である可能性も捨てきれません。

よくあるのは、デートに誘ったら予定があると断られたのに、街で他の女性と歩く彼を見たというパターンです。他の子とデートをするために断ったのかと思うと、浮気だと確信するでしょう。

その人は誰?私に言ったのは嘘だったの?二股かけていたなんて最低!と責め立てるのは少し待って見てください。そういう時には、さりげなく彼に声をかけ、「どなた?」と聞きましょう。

一応印象は良くしておかないと、本当の親戚だった場合に取り乱した姿が第一印象なのはよくありません。落ち着いて対処することで、穏当の親戚だった場合には評価は上がると言えるでしょう。

学生時代の同級生とばったり会っていた

大学時代の友達

彼氏の浮気と勘違いしがちな間違いの一つとして、「偶然会って、たままた話していただけ」ということがあります。昔の同級生とバッタリ街で会うこともありますよね。

元気にしてた?なんて言いながら、つい立ち話をしてしまうことも珍しくありません。彼と親しげに話す女性を見て、パッと見は「デートだ!」と思いがちですが、必ずしもそうとは限りません。

「たまたま会って話している時に、あなたが偶然居合わせた」ということもあり得ます。2人で手を繋いで歩いている様子がなく、ただ立ち話をしているだけなら浮気ではないかもしれません。

もしも気になるのであれば、「●●で女の子といるの見たよ」と直接聞いてみましょう。あくまでも、サラッと聞くのがポイントです。彼の様子は自然でしょうか?ソワソワしていますか?

急にペラペラ喋ったりするのではなく、普段通りのテンションで「あぁ、偶然同級生とバッタリ会ってさ」と言えばOK。普段通り、冷静に話しているかどうかを見極めて下さい。

友人からの誤った報告

友人からの誤った浮気情報

「●●ちゃんの彼氏、女の人と歩いているの見たよ!浮気じゃない?」と友達から聞くと、心配でいてもたってもいられませんよね。信用している友達が言うのだから、妄想は膨らむばかりです。

しかし友人の目撃情報が、必ず正しいとは限りません。例えば、彼氏に似ている人を目撃する場合もあります。本物の彼氏であったとしても、同僚や知り合いと用事があったのかもしれません。

同級生や同僚でするお祝いの集まりで、プレゼントの調達係として買い物をしている場合もありえます。友人が言ったからといって、見てもいないことをすぐに信じるのは止めた方が無難です。

彼の言い分を聞かないうちから、友達が正しいと決めつけてしまうと、ケンカになってしまいます。「俺より友達を信じるのか!」と別れ話になりかねませんので、注意して様子を伺いましょう。

滅多にない出張旅行

出張する彼氏

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。