浮気をやめたい女性が知っておきたいことは?

彼のことは好きだけど、ちょっとした好奇心や寂しさから出来心で浮気をしてしまったという人も少なくありません。特に、真面目な女性ほど、浮気をしてしまうと本気になるので厄介です。

根っからの男性好きで、浮気を止められないという人もいますが、真面目な女性が手を出すパターンも決して少なくありません。寂しかった分、ハマってしまって罪悪感と揺れ動いてしまいます。

「やっぱり彼が好き」「やはり浮気は止めよう」と思っても、浮気した事実をずっと隠し通さねばなりません。たとえ、彼氏に謝罪をしようとしても受け入れてもらえるかは分かりません。

今回は、「浮気をやめたい女性が知っておくべきこと」についてまとめました。彼に打ち明けるにも、謝罪の仕方が大切です。是非参考にして誠心誠意気持ちを整理して下さいね!

浮気をやめたい女性が知っておきたいことは?

浮気の結末は良いものではない

浮気の良くない結末

まず、浮気をまだしていない状態なら、絶対にやめた方が無難です。もしも他に好きな男性ができたなら、彼に別れを告げてからにした方が絶対に良いでしょう。

浮気をしてしまったら、彼にバレたとしてもバレなかったとしても、決して良い結末でない場合が多いです。バレた場合は修羅場になりますし、何より彼氏を傷つけトラウマを与えてしまいます。

彼氏にハッキリとバレなかったにしても、「何かおかしい」と気づかれて微妙な関係になってしまう場合もあります。

彼氏が気づいていなくても、あなたが「バレているのでは?」と彼の些細な言動におびえ、それを不審に思われる場合もあります。よくあるのが、彼は知らず周囲は皆知っているというパターンです。

バレなくて良かったと安心した頃、友人の間では「可哀想なな彼氏」「とんでもない女」となっているかもしれません。まだ浮気をしていないのなら、自分の評判を下げないようにして下さいね。

罪悪感に傷つく

罪悪感に苛まれる女性

浮気をしている時には舞い上がっている場合が多いです。少しマンネリだった彼氏との付き合いよりも刺激がありますし、恋の駆け引きもドキドキします。何より相手の優しさが嬉しかったりします。

彼氏に罪悪感を感じるよりも、久々の恋愛っぽい雰囲気に夢中になってしまうかもしれません。いつもとは違う相手とのセックスに燃える場合もあるでしょう。しかし、罪悪感は必ずやってきます。

そういう時に限って、何故か彼氏が優しかったり、彼氏の良さが目についてしまうというのはよくある話です。もしかすると、自分が後ろめたいことがあるから彼に引け目を感じるのかもしれません。

彼氏が構ってくれないと思ったら、自分との旅行のために残業をしていたという裏話が後から分かる場合もあります。

もう浮気をしてしまった過去は消せないものの、彼氏に何て言おうかと罪悪感に苦しむ女性は多いです。

何よりも彼が悲しむ

彼女の浮気を知り悲しむ男性

浮気をしてしまうと、二人の関係は悪化してしまうことが予想されます。そして何よりも「大好きな彼氏が悲しむ」ということを忘れてはいけません。

下手をすれば、彼氏にトラウマを与える可能性もあります。もし、浮気を謝ったとして、そのまま付き合いが継続になっても彼氏はずっと苦しみます。また浮気をしているのではと不安になります。

信用したい気持ち。信用できない気持ち。両方の気持ちの板挟みで精神を病む人も少なくありません。たとえあなたと別れを選んだとしても、女性不信に陥る場合も高いです。

浮気をするということは、大好きな彼氏を悲しませ、恋愛感を変えてしまうだけの影響力があることを忘れないで下さい。まだ浮気をしていないのなら、絶対にやめた方が無難です。

浮気を彼に告白するときの注意点とは?

関係継続の決定権は彼にあることを理解する

彼との今後の付き合い

もう既に浮気をしてしまっった場合、彼氏に謝罪をするのならどのように話すべきでしょうか?誠心誠意謝るのはもちろんですが、あなたは謝罪をするだけの立場とわきまえて話すことが大切です。

浮気を打ち明け、謝罪し、それを彼も受け入れてまた元通りの交際へ…というカップルはあまりいません。別れを選ぶ彼氏もいますし、一旦は許しても無理だとなる場合がほとんどです。

関係継続の決定権は彼氏にあることを忘れないで下さい。「謝っているじゃない」「あなたが好きって言っているのに」なんて間違っても言ってはいけません。謝ることだけを目的に心がけましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。