浮気の正しい終わらせ方とは?

人は過ちを犯し、後悔する生き物です。浮気というのは恋人を傷つける行為であり、許されるものではありませんが、してしまったのなら仕方がありません。後悔しているなら先を考えましょう。

まずは何より浮気を終わらせることです。本命の彼と関係を修復し幸せになりたいなら、なんとなくではなく、きっぱりと終わらせなければいけません。

正しく浮気を終わらせることができなければ、本命の彼との関係は絶対に上手くいかないのです。そこで今回は正しい浮気の終わらせ方について解説していきます。

浮気の正しい終わらせ方とは?

別れなくてはいけない理由を書き出す

別れる理由を書き出す女性

正しく浮気を終わらせたいのであれば、まずは何より自分を納得させなければいけません。浮気を終わらせることに自身が納得するためには、別れなくてはいけない理由が必要なのです。

一番おすすめなのは、書き出すことです。別れなくてはいけない理由を紙に書き出してみましょう。

人の心というのは複雑で、自分でもはっきりと自覚できない部分が多いです。頭でいくら考えてもなかなか答えが出せない場合もあるでしょう。

しかしどんなことでもいいので文字化して書き出していけば、自ずと整理されていき答えを出しやすくなります。別れなくてはいけないと思った自分の気持ちがきっと見えてくるはずです。

また紙に書き出すことで明確な理由が形として残ることになります。別れるという決断に迷いが出てきても、見返すことで、別れを決断した自分の心の支えとなり、意思が固まるはずです。

別れなくてはいけない理由がはっきりしていないうちは、浮気相手との別れを決断することは難しいです。

理由をはっきりさせ意志を固めるために、まず別れなくてはいけない理由を書き出してみましょう。

浮気相手には別れ話を切り出さない

きっぱり別れる女性

女性の浮気は心の浮気と言われているように、浮気相手に恋愛感情を抱いている場合が多いです。そのため浮気であっても気持ちがあるうちは、なかなか別れを切り出せない人も多いです。

しかし、いつまでも浮気を終わらせられず、関係を引きずっていれば、彼も浮気相手も失うことになりかねません。

浮気を終わらせ、彼との関係を大切にしていきたいなら、別れ話を切り出せるようになるまで待っていては遅いのです。

また別れ話を切り出しても、簡単に浮気相手が受け入れてくれるとは限りません。もし別れを渋られたら、情が移って浮気を終わらせられなくなる可能性も十分あります。

そのため正しく浮気を終わらせたいのなら、別れ話は切り出さない方が賢明でしょう。強行突破でスパッと関係を切った方が、お互いにお互いのことを引きずらずに済むはずです。

別れ話を切り出さずに関係を断ち切るのは、自分のためだけでなく浮気相手のためにもなるのです。そのためお互いにとっても望ましく、正しい浮気の終わらせ方と言えるでしょう。

忙しいと言って連絡を少なくする

減った連絡のやり取り

浮気相手であっても連絡の頻度を減らせば、お互いに愛情が冷めやすくなります。連絡をとる頻度を極端に減らすことで、自然に別れる方向へ進めるのも一つの手と言えるでしょう。

関係を終わらせるには、相手にも納得してもらう必要があります。一方的に別れを強要すればもめてしまい、本命の彼との関係に支障が出る可能性があるので、避けなければいけません。

浮気相手の中にも別れるという選択肢があれば、いざ別れの決断をしたときも、もめずに受け入れてもらえやすいです。そのため連絡を少なくすることで距離をとって別れを考えさせるのです。

ただ理由なく連絡頻度を減らすと、トラブルになる可能性も0ではありません。忙しいと言って連絡を少なくするといいでしょう。

理由を提示して連絡頻度を減らせば、浮気相手ともめることなくお互いの気持ちが冷めていき、別れやすくなります。お互いにとって納得のいく別れになるはずです。

体調不良など突っ込めない言い訳をする

体調不良を理由にする女性

浮気を終わらせるためには連絡を絶つことが絶対条件ですが、相手が簡単に納得してくれない場合もあるでしょう。その場合は体調不良など突っ込めない言い訳をするしかありません。

またただ連絡を減らされただけでは諦めきれず、しつこく連絡をしてきたり会いにきたりする男性もいます。そんな状態を本命の彼に見られたら、関係を修復することは難しいです。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。