カップルの呼び方と意味合いとは?

あなたは彼とどんなふうにお互いの名前を呼び合っていますか?

名前を呼び捨てにして呼び合うカップルはとても多いですし、一般的でしょう。親密な雰囲気が出てより「カップル」感が増すでしょう。

『ちゃん』付けや『君』付けで、可愛いらしい感じで呼び合うカップルも多いです。たまに周りのカップルを見て、今の呼び方でいいのかな?と思うこともあるかもしれません。

独特な呼び方をし合うカップルもたくさんいるものです。では、カップルの呼び方にはそれぞれどんな意味合いがあるのでしょうか?

今の呼び方で彼を呼ぶ、彼に呼ばれるのには、無意識でも意味があるものです。それぞれの呼び方の意味を確かめてみましょう。

カップルの呼び方と意味合いとは?

名前で呼び捨ては信頼関係ができている証拠

信頼関係のあるカップル

冒頭でも触れたように、名前での呼び捨てはこれぞカップルという感じですよね。

友達同士でも親しい友達は呼び捨てで呼び合う人も多いでしょうし、呼び捨てでの呼び方は親密度の高さを示します。そして、親密度が高いということは、お互いに信頼していることです。

信頼関係ができていることの証というわけですね。カップルも最初のうちはまだそこまで信頼関係ができあがっていないので、呼び捨てはしないことが多いです。

ですが、徐々に付き合いを重ねていくうちにつれて、呼び方が呼び捨てに変わっていくことはよくあることです。これは、お互いに一番近い存在あることを感じている証なのです。

付き合いが続くにつれて、お互いに対する特別感は高まっていきます。呼び方が変化し、呼び捨てになるカップルは、信頼関係が形成されていっている証拠になります。

苗字・名前に君付けはまだ恥ずかしさがある

恥ずかしさのあるカップル

付き合い立てで初々しいカップルは、苗字・名前に君付けで呼ぶことはよくあります。呼び捨てで呼ぶには、まだ恥ずかしいと考える女性が多いからですね。

カップルになった途端、突然呼び捨てで呼ぶのもどこか違和感を感じる人も少なくないでしょう。

付き合いが成立したとはいえ、ついこの前までは恋人同士ではなかったのですから、徐々に距離を詰めていきたいと思うはずです。

いずれは呼び捨てで、呼びたいとは思っていても、最初は苗字や名前に君付けする人はとても多いのです。

また、恋愛経験の少ない人や、男性と付き合うことが初めての人は、特に最初から呼び捨てすることには抵抗を覚えるでしょう。

最初は君付けで徐々に歩み寄りたいと思う心理は、恋愛経験の乏しい女性にはありがちです。

苗字・名前にさん付け

年上男性と年下女性のカップル

苗字・名前にさん付けというパターンもあります。大人の男女を思わせる『さん付け』の呼び方は、特に年上男性との付き合いでよく見受けられるものです。

年上男性には、いくら恋人とはいえ、君付けや呼び捨てで呼ぶのはどこかためらわれるところはありますよね。

いくら距離が縮まっても呼び捨ては、億劫な部分も大きいはずです。相手との年が離れていれば離れているほどそう感じるでしょう。

そんなとき、『さん付け』で相手の男性を呼ぶカップルはとても多いのです。どこか大人の雰囲気や、仲むつまじい夫婦の様子を感じさせますね。

年上男性と付き合っているなら、大人の雰囲気を出してみてたまには相手を『さん付け』で読んでみるのもありですね。

みんなから呼ばれているあだ名は深い意味はない

友達からの呼び名

皆それぞれ、周りの皆から呼ばれている定番のあだ名がいくつかあるものです。

付き合っているカップル同士でも、皆が呼ぶあだ名をそのまま呼んでいる場合もあります。ですが、皆から呼ばれているあだ名に深い意味はありません。

自分の周りの皆が呼ぶからこそ、つられて呼んでいるだけの場合がほとんどでしょう。

もし、呼び名にも意味をしっかりと持たせたいのであれば、呼び捨てなどで呼び合える仲になれると良いですね。

特にあだ名から呼び方を呼び捨てに変えたり、自分たちだけのあだ名に変えるのは特別感を持たす意味でもとても良いでしょう。

最初は恥ずかしくて彼のことを呼び捨てにはできないかもしれません。恥ずかしさから、みんなが呼ぶあだ名でつい呼んでしまっている場合もあるでしょう。

2人だけのあだ名は親密な表れ

親密なカップル

二人のだけのあだ名で呼んでいるカップルも多いですよね。呼び捨てでは、仲の良い友達や家族でも呼び合うことは多いですし、一番特別感があるのは二人だけのあだ名でしょう。

特に仲の良いカップル、親密なカップルは二人だけのあだ名を作って呼んでいる場合が多いです。友達のように仲の良いカップルに憧れる女性も多いですよね。

いつも友達と話すみたいに明るくいられる彼氏が相手なら、楽しいことも多くいつまでもラブラブでいられるでしょう。

親密度が高く、友達のように仲が良いカップルになりたいなら、二人だけのあだ名を作ってみましょう。

他の誰も呼ばない呼び名、と思うだけでもお互いに特別であるという感じがでて良いですよね。

苗字呼び捨ては付き合いが長いか恥ずかしくて下の名前で呼べない

恥ずかしがり屋の彼氏

苗字呼び捨てで呼ぶカップルもそこそこいるものです。ですが、もし彼からいつまでも苗字呼び捨てで呼ばれるばかりだったら、ちょっと物足りないですよね。

「いつ名前で呼んでくれるんだろう」と、寂しくなってしまう気持ちもあるでしょう。付き合いが長ければ、なおさら名前で呼んで欲しいと思う気持ちは強いはずです。

ですが、付き合いが長くても彼が恥ずかしがっていて、いつまでも下の名前で呼べていない場合もあるのです。

女性にとっては下の名前で呼ぶことくらいなんてことないことでも、男性にとっては結構恥ずかしいものなのです。

そんなときは彼の心情を理解し、下の名前で呼んでくれる機会が来るのを待ちましょう。焦らなくても、今でも大事な場面では下の名前で頑張って呼んでくれることはあるはずです。

呼び方がコロコロ変わるのは好きで好きで仕方ない

ラブラブなカップル

呼び方がコロコロ変わるカップルも多いはずです。基本は呼び捨てでも、突然面白いあだ名をつけたり、わざと苗字呼んでみたり、呼び方にバリエーションがあると楽しいですよね。

呼び方にたくさん種類を持たそうろしているのは、好きで好きで仕方がない証なのです。すぐにいろいろなあだ名をつけてくるのは、相手に興味津々な証拠です。

あだ名をたくさんつけられる人は、そもそも人から親しみを持たれているものだと言います。つまり、相手が親しみを込めて、いろいろなあだ名をつけて、いい意味でいじっているのです。

好きで好きで仕方がないからこそ、たくさんの可愛いあだ名をつけて相手を愛でているというわけですね。

あなたの彼が、可愛いあだ名をたくさんあなたにつけてくることが多いとしましょう。そんな人は、彼に心から愛され、可愛がられている証拠ですね。

もし彼からたくさんのあだ名で呼ばれているなら、自分を好きで好きで仕方がないのだと思って喜びましょう。

カップルの呼び方は親密度につながる

仲良しなカップル

いかがでしたでしょうか?カップルのあだ名にはたくさんのパターンがありますね。

仲の良いカップルほど、呼び捨てで呼ぶのはもちろんのこと、面白いあだ名で呼んでいることは多いものです。

呼び名は相手との親密度を強く表しているところがあります。彼をどんなふうに呼んでいるか、彼からどんなふうに呼ばれているか考えてみましょう。

彼とどれくらいラブラブでいるのかよく分かるはずです。ちなみに、彼ともう少し距離を縮めたいと思うなら、呼び方から変えてみるのもありですね。

君付けから呼び捨てにするだけで、仲が一気に深まった感じはしますし、彼もちょっとドキドキするでしょう。呼び捨ては二人の親密度を一気に上げる効果があります。

呼び捨てはなんだか気恥ずかしいと思うなら、二人だけの特別なあだ名を考えるのが良いでしょう。

二人だけの呼び名は、相手を独占している気持ちも満たされるので、カップルのラブラブ度をさらに上げてくれるでしょう。

https://e-kantei.net/?adv_id=wp_symply

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。