カップルが半年で別れやすい理由と対処法とは?

お互いに好き同士で付き合い、ずっと一緒にいたいと思っていても、ドキドキする新鮮な感情は次第に薄れていくのが普通です。特に、付き合って半年の頃は一番危険なのをご存知でしょうか?

ドキドキと新鮮なトキメキがなかくなってしまっても、「安心する」「リラックスできる」というカップルもいます。しかし、「つまらない」と感じてしまうカップルも多いのが現実です。

半年というと、ちょうど素の自分がお互いに出てくる頃ですよね。相手の欠点も見えますし、自分も無理をして良い子ぶることができなくなってくる期間なのが原因です。

今回は、カップルが半年で別れやすい理由についてまとめました。対処法も紹介しますので、どうして別れやすいのかを分析し、長く続けていく秘策を考えてみましょう!

カップルが半年で別れやすい理由と対処法とは?

付き合った当初と変わらない過ごし方をしている

よく会って話すカップル

付き合い始めた時は、好きな人と恋人同士になれたことで気分的にも舞い上がっていますよね。毎日会いたいと思いますし、実際に毎日会っても飽きないという場合が多いです。

家に帰ったらすぐに連絡したくなりますし、また早く会いたいなと思うことも多いでしょう。用事があって会えない日などはLINEや電話をする場合も少なくありません。

しかし、この「付き合い始めと同じ過ごし方をしている」という人こそ、実は半年後に別れるカップルとなりやすい傾向にあります。付き合い始めは楽しくても、半年経つと疲れてくるからです。

もちろん、嫌いになったわけでも愛情が冷めたわけでもありませんが、やはり窮屈になることが多いです。義務感や責任感から会う習慣になっている場合も多いです。

そういう状態が続くと、友達と遊んだり、別の異性と話すきっかけが合った時に「マンネリだな」と自覚しやすいです。付き合う時期に見合った付き合い方が必要となるでしょう。

ドキドキ感が薄れる

ドキドキ感が薄れつつあるカップル

付き合って半年が経つと、付き合い始めのようにドキドキするということが少なくなる傾向にあります。好きな気持ちは当然残っているものの、前のような新鮮さがなくなるのが半年という月日です。

好きだけれども、ドキドキしない。他の人が良く見えるなど、マンネリと言われる症状がでてきます。それが原因で「愛情が冷めたかも」と思う人も少なくありません。

ドキドキしなくなるのは、「側にいるのが当たり前」と感じるようになるからです。新鮮さは無くなったとしても、安心感が得られるようになりますし、素の自分でいられることが多いでしょう。

しかし、その感覚を「家族や友人としてしか見れない。恋愛感情とは違う」と解釈して別れを選択する人も少なくありません。ドキドキ感が薄れたことを、どう分析するかがカギになります。

彼の嫌な部分に耐えられなくなる

彼の嫌な部分に気がつく女性

付き合い始めの頃は、相手の嫌なところが少し見えたとしても気になりませんよね。無理な要求や不満を言われたとしても、なるべく合わせようとするはずです。

しかし、半年が経過すると「もう前からずっと言っているよね?」「何で分かってくれないの?」とイライラせずにはいられません。相手の嫌な所が目につきだすのもこの時期からと言えるでしょう。

付き合い始めたラブラブの頃は、相手の嫌な所が見えません。たとえ見えたとしても、好きな気持ちが大きく気になりません。しかし、半年経つと状況は変わります。

相手を冷静に見ることが出来るようになるので、悪い所に気がつくようになってきます。好きな気持ちはあるものの、今まで見えなかった悪い面だけがどんどん見えてくることも多いです。

次々に嫌な面が見えてきますし、自分も合わせるのが面倒くさくなってきます。半年も自分を抑え続けると苦痛ですよね。それよりはもう別れようかなと考える人も少なくありません。

対処法とは?

コミュニケーションの仕方を変える

LINEの頻度を減らす女性

付き合って半年での別れを回避するには、早めのうちに「コミュニケーションの仕方を変える」ことがおすすめです。付き合い始めの頃のようにコミュニケーションの頻度が多いとお互いに疲れます。

LINEや電話の頻度を減らしたり、会う回数を減らすのも良いでしょう。いきなり減らさなくても、少しずつでOKです。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。