カップルが公園でしたい7つのイチャイチャ法とは?

風景をバックに顔を近づけ合いながら自撮り写真を撮れば、2人の距離は一層縮まり、イチャイチャできる雰囲気になるはずです。

レジャーシートの上でゴロゴロ

レジャーシートの上でゴロゴロするカップル

自然豊かな公園では、自然を感じられるような時間を過ごさなくてはもったいないです。2人で自然を感じて心地よい時間を共有すれば、改めてお互いの存在の大きさも感じられるはずです。

自然というのは私たちの心を癒し、ストレスを解消する力を持っています。思う存分自然を五感で感じることで、私たちは癒され、心が自然と落ち着いてくるのです。

心を落ち着ける時間を共有することで、一緒にいる相手への居心地の良さや安心感も強く抱かせます。2人の絆や信頼関係、そして愛情が強まるきっかけになるでしょう。

公園で自然を感じるために特におすすめなのは、レジャーシートの上でゴロゴロすることです。

横になることで草の香りや風の音や肌に触れる感触、空の高さや色など、自然をより感じられるはずです。また、一緒に横になるという行動は、心の距離も近づけてくれるのです。

ぜひ公園に行くときはレジャーシートを持って、一緒にゴロゴロする時間を作ってみてください。きっと心の距離が縮まり、イチャイチャしたい気持ちが強まるはずです。

おもちゃで遊ぶ

しゃぼん玉で遊ぶカップル

せっかく公園に来たのなら、童心に返って思い切り遊びましょう。2人で童心に返って思い切り遊ぶことは、2人の絆を深める良い時間になるからです。

大人にも童心に返ることは必要です。子どもの頃のように熱心になって遊ぶ時間をとることで、心が満たされストレスが解消されるからです。遊ぶことで2人でいる時間が癒しの時間になるはずです。

遊ぶ方法としては、水風船やしゃぼん玉などのおもちゃで遊ぶとより良いでしょう。おもちゃがあった方が遊びの質が上がり、より遊ぶことが楽しいと感じられるからです。

また、他者と何かを共有するということは親密度を上げると言われています。おもちゃというものを共有して、遊ぶ時間を共有すれば、さらに親密度は上がるでしょう。

楽しい時間を一緒に過ごせば、一緒にいて楽しいという気持ちも大きくなり、より相手への好意も大きくなるはずです。自然と距離が近づき、イチャイチャすることもできるでしょう。

夜なら肝試しや花火

花火を楽しむカップル

夜の公園はちょっぴり怖いですが、その怖さを利用して肝試しをするのもおすすめです。また、夜のムードを活かして、花火をするのも良いでしょう。

私たちの脳は恐怖や緊張によるドキドキを、一緒にいる人への恋愛感情と勘違いしてしまうことがあります。また、怖いときは誰でも一緒にいる人と助け合おうとし、心身ともに距離が縮まります。

そのため、肝試しには恋愛効果があるのです。いつも以上にドキドキして、密着することで、絆も愛情も深まることでしょう。

花火は肝試しとは違い、恐怖ではなく楽しさや癒しで、2人の仲が深まるムードを作ってくれます。

どんな花火なのかワクワクしたり、はしゃいだりしているうちに、2人の距離は縮まっていくはずです。綺麗な花火に心癒され、薄明かりに照らされるお互いの姿にドキドキするでしょう。

暗い時間帯に、ある程度開けた場所でなければ楽しめない花火も、夜の公園なら楽しめるはずです。

肝試しも花火も機会を作らなければなかなかできないことです。公園でするイチャイチャ方法として、積極的に計画に取り入れるといいでしょう。

公園はカップルがイチャイチャするのに最適

公園でイチャイチャするカップル

デートは意気込んで、オシャレをしたり事前に準備をしたり、時間やお金をかけたりして、特別感を求めたくなるものです。思い出に残るような素敵なデートをしたいと思うのも当然でしょう。

そのため、どこにでもあって気軽に足を運べる公園が、選択肢として出てこない人も多いかもしれません。

しかし、公園はお互いに肩肘張ることなく、ゆっくりと2人の時間を過ごせる場所です。心が満たされ、癒されることで、素敵な時間を過ごせることができるでしょう。

そして、何よりもカップルでイチャイチャする場所として、おすすめです。公園が作り出す素敵なムードが、きっと2人の距離を縮めてくれるはずです。

たまにはゆっくりとした時間と綺麗な景観に囲まれた公園でのデートを、楽しんでみてはいかがでしょうか?

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。