カップル4ヶ月目の過ごし方のポイント7つとは?

付き合いも4ヶ月目を迎えると、かなり仲良し度も上がってくるものですよね。

彼氏・彼女という関係にだいぶなじみを感じてきて、恋愛経験が乏しい人でも関係に慣れてくる時期なのではないでしょうか。

ですが、やはり慣れてくるということは、倦怠期を迎える可能性もあるということは忘れてはいけません。

カップルにとって、マンネリする時期をどう乗り越えるかが鍵となってくるのです。

では、これからも彼とうまくやっていくために、4ヶ月目を過ごすポイントとはどんなものがあるのでしょうか。以下ではカップル4ヶ月目の過ごし方について解説しています。

カップル4ヶ月目の過ごし方のポイント7つとは?

マンネリしてきて当たり前

マンネリ化するカップル

彼と関係がマンネリしてきたかも…と感じると、なんだか悲しい気持ちになってしまう人は多いでしょう。

今までのような熱いラブラブな関係がどんどん落ち着いていくのが、愛情が冷めてきていると思う部分もあるはずです。

ですが、実際のところ、いつまでも最初のようなラブラブすぎる関係でいられるわけではないのも分かっていることでしょう。

ラブラブから落ち着く関係になるのは、カップルにとって普通のことなのです。これからいかに居心地の良い関係を築いていけるかどうかが、長く彼とやっていくうえで重要になってきます。

マンネリしてきた関係性を受け入れることも大切なことです。ラブラブな時期を終え、いわば新たに彼との関係を築く時期が来ているということなのです。

自然体でも節度は守る

自然体な女性

4ヶ月目を迎える頃に気をつけておきたいのは、自然体でも節度は守らなければいけないということです。

付き合いに慣れてきたということは、彼の前でより自然体でいられるようになってきたということですね。

ありのままの自分でいられるということはとても素晴らしいことですが、人としてのマナーを守るのはそもそも絶対です。

例えば関係性に慣れ過ぎると、待ち合わせに遅れたりなど、時間にルーズになってくる人もたくさんいるものです。

慣れてきたからと言って、節度を守らず、なあなあになりすぎることだけは注意するようにしましょう。

親しき中にも礼儀ありと言うものです。自然体で接することができても、マナーや気遣いが抜けてしまっては、元も子もありませんね。

特に4ヶ月目くらいは関係もマンネリする時期なので、節度を欠いた態度や姿勢は喧嘩にもつながりやすいです。

これからも彼と良い関係でいたいなら、最低限の気配りやマナーは欠かさないようにしておきたいところですね。

連絡は必要なときだけ

必要な連絡だけするカップル

付き合っているからと言って、あまり頻繁なコミュニケーションにこだわりすぎないことも大切です。

日常生活を脅かすような頻繁過ぎるコミュニケーションは、やはりお互いにとって負担やストレスでしかなくなります。

遠距離恋愛ならまだしも、いつでも会える場所にいるなら、そこまでまめに連絡を取る必要もないでしょう。

お互いの忙しい時期なども考えながら、次のデートの約束など、業務連絡だけを行う形にしていくのもありです。

カップルになればまめに連絡を取るのが普通と考えがちですが、意外と必要な連絡しか取り合わないカップルも多くいるものですよ。

お互いにプライベートや仕事との両立を図る意味も込めて、連絡する頻度を調節してみましょう。

自分の時間を作り始める

一人の時間を大切にする女性

付き合い始めて間もない頃は、しばらく空いてる時間のほとんどを彼との時間に費やしてしまいがちです。

それだけ彼との恋愛を楽しんでいたことの証ですが、そんな状態もいつまでも続くわけでもありません。付き合いも4ヶ月目を迎える頃には、恋愛感情も落ち着いてきている頃です。

そこまで彼中心の生活にする必要もなければ、自分の時間をもっと大切にする必要も出てくるでしょう。

仕事で疲れて毎週会うのが億劫になってきたら、あえて彼とは会わず、一人の時間を持つようにしてみましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。