カップルのお泊りはツイン・ダブルのどっち?

カップルのお泊りはツイン・ダブルのどっち?

お泊りというのは、カップルにとって一大イベントであり、2人の距離をグッと縮める大きなチャンスです。

最善の環境を整えて迎えるためにも、部屋のタイプの選択もよく検討する必要があります。ベッドがツインかダブルかによって、当日の部屋での2人の雰囲気は大きく左右されるのです。

ツインにはツインの、ダブルにはダブルの良さがあります。人によってあるいはカップルによって、それぞれメリットデメリットも異なります。

カップルのお泊りにおいてツイン派とダブル派の双方の意見を紹介します。ぜひ自分たちにとって、ツインとダブル、どちらが適しているかを考える参考にしてみてください。

ツイン派

付き合いが浅くダブルは気まずい

距離が近いダブルベッド

寝顔や寝相を始め、寝ている姿というのは自分ではわかりません。完全に無防備な状態なので、やはり人に見られるのは少し恥ずかしいですよね。

特に付き合いたての場合、恋人によく見られたいという気持ちや、嫌われたくないという気持ちが強いです。寝ているところを見られたら、印象が悪くなるのでは?という不安も強いでしょう。

カップルであっても、いきなり自分の全てをさらけ出せるものではありません。相手の前で安心して眠れるようになるのにも、時間がかかるものなのです。

そのため、付き合いたてでダブルで寝てしまうと、気まずい思いをすることになります。緊張して眠れなくなってしまったら、次の日を楽しむことができなくなってしまいます。

お泊りする時点で、寝ている姿を見られる覚悟は必要ですが、いきなりダブルでは圧倒的に距離が近いため、ハードルが高いです。

せっかくのお泊りを存分に楽しむためにも、付き合いが浅い段階でのお泊りでは、ツインの方が良いでしょう。

寝相が悪い

寝相を心配してツインベッドにするカップル

自分が寝相が悪いと自覚している場合も、ダブルではなくツインの方がおすすめです。寝相が悪いと彼に迷惑をかけてしまったり、マイナスな印象を与えてしまったりする可能性があるからです。

また、寝相が悪いことを過剰に気にしてしまい、なかなか眠ることができなくなってしまいます。睡眠不足では、次の日を思う存分楽しむことができなくなってしまうでしょう。

寝相は人それぞれで、寝ている間に活発に動いてしまうのを意識的に制御するのは難しいです。心身の疲れ具合によっては、突発的に寝相が悪くなってしまうこともあります。

一緒に寝ている彼に迷惑をかけてしまえば、彼も熟睡することができず、お互い次の日に疲れが残ってしまいます。寝相の悪さがイメージダウンになり、気まずくなる可能性も0ではありません。

自分の寝相が心配だったり、寝相が悪いから別々で寝たいという気持ちがあったりするなら、ツインの方が良いです。精神的にも楽になり、お泊りを心から楽しみ、ゆっくり休めるでしょう。

イチャイチャしたければ彼のベッドに行けばいい

彼のベッドでイチャイチャする女性

カップルがダブルで寝ることのメリットはなんでしょう?おそらく多くのカップルにとって、一番大きなメリットとなるのは、イチャイチャできるということでしょう。

しかし、睡眠時間というのは私たちにとって貴重な時間です。いつまでもイチャイチャしていては、眠ることができず、心身共に疲れが取れずに次の日を迎えることになります。

お泊りであっても、睡眠時間は重要です。もちろんお泊りではイチャイチャする時間もとるべきですが、眠れないのはお互いにとってストレスになってしまいます。

イチャイチャするのと寝るのとでは、しっかり区切りをつけなければいけません。そして、ストレスフリーでしっかり睡眠を摂るためには、やはり別々に寝た方が良いでしょう。

イチャイチャしたければ、そのときは彼のベッドに行けばいいのです。しっかり寝て、次の日に疲れを残さずに、楽しい時間を過ごせるというのも、ツインにするメリットの1つなのです。

ダブル派

彼とイチャイチャしたい

イチャイチャするカップル

カップルのお泊りの醍醐味と言えば、やはり2人きりで時間を気にせずイチャイチャできることですよね。思う存分イチャイチャできれば、きっと2人の距離はグッと縮まるでしょう。

しかし、実際お泊りとなると緊張してしまい、イチャイチャするタイミングが掴めない人も多いです。イチャイチャするぞと意気込み過ぎると、逆に上手くいかないものなのです。

イチャイチャというのは自然な流れでできるのが一番です。変に意識しすぎず、自然と触れ合うことで、気まずくなることなく思う存分イチャイチャできるでしょう。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。