付き合う前のデートでの注意点とは?

あなたは、今好きな人がいるでしょうか?

もし、いるのならデートをしていますよね?

実は、この付き合う前のデートには注意するべき点がいくつかあります。この注意点を守っていないと、次に繋げることができにくいのです。

今回の記事では、次に繋げるために知っておくべき付き合う前のデートで注意することを紹介していきます。

この記事を読むことで、次に繋げるための注意点を知ることができますよ!

付き合う前のデートで心がける7つのこと

カウチに座るカップル

ここでは、付き合う前のデートで心がける7つのことについてご紹介していきます。

相手の話を聞く

会話をする女の子たち

付き合う前のデートで心がけることの1つ目は、相手の話を聞くことです。

当然ですが、相手の話をしっかり聞くこと。

これを心がけないと次のデートに繋がることはありません。

相手の話を聞くとは、こちらから質問を投げかけることです。たまに、自分の話ばかりに夢中になり相手の話を聞かない人がいます。特に、相手が聞き上手の場合、どんどん質問を投げかけてくるため自分ばかりが話す状態になってしまいます。

ですが、これでは相手の話を聞くことができませんよね?自分の話をしたら、次は相手に質問を振ってみる。この会話のキャッチボールが恋愛ではとても大事です。

お互いの話を聞き合うから、信頼関係が出来上がります。そして、信頼関係が出来上がるからこそ「また会いたい」と思われるようになり次に繋がるのです。

派手な服装は控える

派手な服装のおじさんの置物

付き合う前のデートで心がけることの2つ目は、派手な服装は控えることです。これは、男女共通して心がけることです。

たとえば、デートだからと張り切って普段は着ないような派手な色の服で出掛ける。こういうことをすると、相手は「自分と趣味が合わないかも?」と思ってしまいあなたを遠ざけてしまいます。

付き合う前のデートは、「この人と価値観が合うかな?」とお互いに探り合っている時期です。そんな時期に、自己主張の強い服ばかり選んでしまうと相手から恋愛対象外とされてしまう可能性があるのです。

無難な服だけを着ろとは言いません。ただ、自分の趣味趣向ばかりを押し出した服装はおすすめできません。

ボディタッチは抑える

湖畔に座るカップル

付き合う前のデートで心がけることの3つ目は、ボディタッチは抑えることです。これは、特に男性に言えることです。

「早く関係を進めたい!」と思うあまり、むやみにボディタッチをするのは危険です。女性は、むやみに体に触ってくる男性に対して嫌悪感を抱くことがありますから付き合う前は紳士的に振る舞うべきです。

確かに、会話ばかりでボディタッチをしなければ友達止まりになってしまうこともあります。ですが、焦りすぎは禁物です。

最初は、いろいろなことを話しながら会話でじっくり関係を深めていくのです。その方が、「急がば回れ」と同じで結果的に早く付き合うことができるのです。

また、女性はやたらと触ってくる男性に対して警戒心を持ちます。「この人、遊び慣れている人なの?」「私の体目的なの?」と思われてしまってはダメなのです。

好きな女性に触りたい気持ちはわかりますが、自分の欲求よりも女性の気持ちを考えてあげてください。

また、女性の場合は多少ボディタッチをしてもOKです。「筋肉凄いね」なんて褒めながら触れば喜ぶ男性も多いです。ただ、やたらと触ることはNGです。

なぜなら、男性に変な勘違いをさせ「この女性ちょっと押しただけで体の関係になれるかも?」と思われるからです。こう思われるということは、軽い女性だと思われてしまいます。

遊び相手の女性になりたくないのなら、ボディタッチは最小限に抑えてくださいね。

デート場所に気をつかう

灰皿とたばこ

付き合う前のデートで心がけることの4つ目は、デート場所では気をつかうことです。これは、マナーの範囲の話です。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。