デートで緊張していることを伝えるべき?

「緊張しちゃう…」と自分自身で追い込み過ぎないように、やれることがあります。

心を落ち着ける

腰に手を当てる女性

まずは深呼吸をして心を落ち着けましょう。緊張しているときは、自分でも知らず知らずのうちに背中が丸くなり、呼吸が浅くなっているものです。

待ち合わせ場所に行く直前や、デート中でもお手洗いなどで一人になったときに、深く息を吸ってみましょう。

姿勢を正して、丸まっている背中を伸ばし、肩を回して肩甲骨のあたりをほぐすのもおすすめです。単純なことのように思えますが、焦ったり冷静さを欠いたりするのを防ぐことができます。

姿勢が良くなると、視線の位置が上がります。自然に、彼と目を合わせる回数が増えるので、彼の表情を見る余裕が出てきますよ。

前向きに考える

アウトドアを楽しむ女性

緊張しているということは、あなたが彼から良く見られたい、もっと好きになってもらいたいという気持ちの表れでもあります。あなたが、彼のことを大好きな証拠ですよね。

大好きだからこそ、いつまでも会うことに緊張感が持てる、これはとても素敵なことです。彼のことを「どうでも良い相手」と思っていたら、こんなに緊張はしないはずです。

あなたの緊張は、相手にとっては嬉しいものでしょう。自分のことを大切に思ってくれている人を、同じように大切に扱いたいと思うかもしれませんね。

ドキドキしているのは○○の証拠

ドキドキしてそわそわする女性

長い付き合いなのにもかかわらず、ドキドキできるのはかえって素敵なことです。たいていの場合は、付き合う時間と比例して相手に慣れてゆくため、新鮮さは失われがちです。

慣れていった結果、お互いが空気のような存在になるのは良いこともありますが悪いこともあります。遠慮がなくなり、相手への配慮に欠けた行動が見えることがあるからです。

いつまでも彼を大切に想いドキドキしていられるのは、二人の関係が付き合いたてのような新鮮な関係を維持している証拠です。逆に、そのような関係を大切にするのも良いでしょう。

緊張していることを彼に隠す必要はありません。その緊張感を楽しく、二人だけの特別なものにできたら、さらに二人の愛情が深まるでしょう。

緊張と付き合うためには

ビーチの砂浜に書かれた「リラックス」の文字

恋愛以外の場面で緊張する場面を想像してみてください。上司などから期待されているとき、特別なプロジェクトを任されたとき、人前でプレゼンテーションをおこなうとき…。

様々な場面がありますよね。期待が大きければ大きいほど緊張感も強くなります。仕事であれば、事前の準備や繰り返しの練習、慣れなどによって緊張を軽減させることができます。

また、緊張することを、力にうまく変換させることができるようになったりもします。仕事と恋愛は同じではありませんが、デートでも回数を重ねるごとに慣れてゆくことが可能です。

しかし、そうでない場合もあります。相手への愛情が増せば増すほど、嫌われたくなくて緊張してしまう…ということもあります。

仕事で置き換えるなら、「絶対にミスできない」というプレッシャーが大きいということですね。でも、相手はあなたのミスをミスと思っていないかもしれません。

自分を好きでいてくれる証拠だと思っているものの、もうちょっと肩の力を抜いてくれたら…。とあなたがリラックスすることを望んでいるかもしれません。

緊張感のあるフレッシュな関係は素敵ですが、力が入り過ぎている状態がいつまでも続くのは、あなた自身が疲弊しかねません。

大好きな彼と長く関係を築くためには、大好きな彼の愛情を信じてみることも時には大切です。緊張をうまくプラスに変換して、彼とリラックスできる方法を話してみるのも良いでしょう。

https://e-kantei.net/?adv_id=wp_symply

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。