離婚の話し合い7つの進め方とは?

いざ、離婚をしようとなったときに、まずは夫婦で話し合いから始めなければいけません。日本の離婚は9割が協議離婚、つまり話し合いによる離婚なのです。

ですが、実際に離婚を経験したことのある方は少なく、ほとんどの方が初めての離婚です。当然離婚の話し合いなどしたこともないので、どうやって進めていいのか分からなくなります。

離婚の際には、様々な問題点や、決めておくことなどが出てきます。お金のこと、子供のこと、しっかりと話し合っておかないと後々にトラブルになりかねないことばかりです。

離婚自体は離婚届に夫婦と証人2人の署名があれば、法律的には離婚が成立します。これだけ聞くと実に簡単なようにも思えます。

しかし、そもそも離婚することについてのお互いの合意や、親権、養育費などの様々な離婚条件を決めないといけません。それは、言葉でいうほど簡単ではありません。

ほとんどの場合で夫婦の意見がズレているからです。どちらかが歩み寄らないと話し合いは平行線をたどってしまいます。

できるだけ早く離婚を成立させるために、離婚の際の話し合いの進め方を紹介していきます

離婚の話し合い7つの進め方とは?

あらかじめ話す内容をメモして用意しておく

あらかじめ話す内容をメモする女性

何の準備もなく、いきなり離婚の話を進めようと思っても、何から始めたらいいのか分からず、アタフタしてしまいます。

いざ、離婚の話になると夫婦間で言い合いになったりして、冷静な判断ができなくなるおそれがあります。そこで、絶対に話さなければいけないことなど、あらかじめメモしておくのです。

たとえば、慰謝料のこと、親権、養育費、財産分与、ローンや借金などのことです。実際には決めなければいけないことが多くあります。

しかし、メモがあれば自分の頭で整理して落ち着いて話を進めることができます。こういった大事な話の時こそ、冷静な判断が必要です。

話し合いになって頭がパニックにならないように、分かりやすく順序立ててメモにしておきましょう。

話し合いに第三者を入れない

2人で離婚協議を進める夫婦

離婚の話し合いをする際に必ず夫婦だけで行うようにしましょう。話し合いをする際に、両親を交えてする夫婦がいますが、絶対にやめてください。

夫婦だけで話すのが不安な気持ちは分かりますが、両親を入れては平等な話し合いはできません。いつの時代も親は自分の子が1番可愛いのです。

ですから、相手を批判たり、自分の子に味方したり、孫に会えなくなるのを阻止しようとします。もう一方の両親も同じような行動をとり、話し合いどころではありません。

このように、両親が話し合いに入ることで余計にこじれます。夫婦のことですから、夫婦が決めるのが1番です。2人で話し合いに両親は入れないと決めておきましょう。

夫がもし自分の両親を呼びたいと言ってきても、断固拒否するようにしてください。

夫の悪事を証明する証拠をとっておく

夫の悪事を指摘する女性

離婚の原因が夫にあった場合は証拠をとっておくようにしましょう。証拠というと裁判で必要になるイメージがありますが、協議離婚の場合でも切り札になります。

話し合いに際に、あなたが証拠を握っておけば夫は弱気になります。証拠があるのだから、認めるしかない、もし裁判になっても不利になると思わせることができます。

このように、証拠はあなたの切り札として夫への心理的圧迫に役立つのです。仮に裁判までいったとしても、証拠がなければ間違いなく勝てません。

不貞行為であれば、メールの内容なども証拠になります。もし決定的な証拠がないのであれば、話し合いの際にレコーダー等で録音しておくのもいいでしょう。

話し合いの中で上手にあなたのペースに持っていってください。

ドア・イン・ザ・フェイスをつかう

彼にお願いする女性

ドア・イン・ザ・フェイスとは心理学では有名ですが、本当の要求を通すためにあらかじめ無理な要求をしておくというものです。

離婚した後も子供のいる女性にとっては養育費などは非常にシビアな問題です。できれば、1円でも多くもらいたいと思う方もいるでしょう。

たとえば、相場が5万円だとして3人いるから最低15万円が欲しいと思っていたとします。でも夫には、あえて「1人7万円で21万円は欲しいな」と伝えます。

そこで夫がそれは高すぎて無理と言ってきたら、「じゃあ私も折れるから15万でいいよ」と言います。すると、それくらいなら大丈夫となりやすいのです。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。